FC2ブログ

 ・馬の文献:軟口蓋背方変位(Pigott et al. 2010) ・馬の文献:軟口蓋背方変位(Ortved et al. 2010) ・馬の文献:軟口蓋背方変位(Alkabes et al. 2010) ・馬の文献:軟口蓋背方変位(Barakzai et al. 2009b) ・馬の文献:軟口蓋背方変位(Barakzai et al. 2009a) ・馬の文献:軟口蓋背方変位(Reardon et al. 2008) ・馬の文献:軟口蓋背方変位(Cheetham et al. 2008) ・馬の文献:軟口蓋背方変位(Smith et al. 2005) ・馬の文献:軟口蓋背方変位(Woodie et al. 2005) ・馬の文献:軟口蓋背方変位(Barakzai et al. 2004) ・馬の文献:軟口蓋背方変位(Ducharme et al. 2003) ・馬の文献:軟口蓋背方変位(Parente et al. 2002) ・馬の文献:軟口蓋背方変位(Franklin et al. 2002) ・馬の文献:軟口蓋背方変位(Tulleners et al. 1997) ・馬の文献:軟口蓋背方変位(Anderson et al. 1995) ・馬の文献:軟口蓋背方変位(Harrison et al. 1988) ・馬の文献:篩骨血腫(Textor et al. 2012) ・馬の文献:篩骨血腫(Smith et al. 2009) ・馬の文献:篩骨血腫(Conti et al. 2003) ・馬の文献:篩骨血腫(Frees et al. 2001) ・馬の文献:篩骨血腫(Marriott et al. 1999) ・馬の文献:篩骨血腫(Rothaug et al. 1999) ・馬の文献:篩骨血腫(Schumacher et al. 1998) ・馬の文献:篩骨血腫(Colbourne et al. 1997) ・馬の文献:篩骨血腫(Laing et al. 1992) ・馬の文献:篩骨血腫(Greet. 1992) ・馬の文献:篩骨血腫(Specht et al. 1990) ・馬の文献:篩骨血腫(Cook et al. 1974) ・馬の文献:副鼻腔炎(Bach et al. 2014) ・馬の文献:副鼻腔炎(Dixon et al. 2012b) ・馬の文献:副鼻腔炎(Dixon et al. 2012a) ・馬の文献:副鼻腔炎(Hart et al. 2011) ・馬の文献:副鼻腔炎(Perkins et al. 2009b) ・馬の文献:副鼻腔炎(Perkins et al. 2009a) ・馬の文献:副鼻腔炎(Annear et al. 2008) ・馬の文献:副鼻腔炎(Barakzai et al. 2006) ・馬の文献:副鼻腔炎(Woodford et al. 2006) ・馬の文献:副鼻腔炎(Quinn et al. 2005) ・馬の文献:副鼻腔炎(Tremaine et al. 2001b) ・馬の文献:副鼻腔炎(Tremaine et al. 2001a) ・馬の文献:副鼻腔炎(Freeman et al. 1990) ・馬の文献:副鼻腔炎(Schumacher et al. 1987) ・馬の文献:尺骨骨折(Kuemmerle et al. 2013) ・馬の文献:尺骨骨折(Jackson et al. 2011) ・馬の文献:尺骨骨折(Jalim et al. 2009) ・馬の文献:尺骨骨折(Janicek et al. 2006) ・馬の文献:尺骨骨折(Swor et al. 2006) ・馬の文献:尺骨骨折(Swor et al. 2003) ・馬の文献:尺骨骨折(Hanson et al. 1997) ・馬の文献:尺骨骨折(Murray et al. 1996) ▼もっと見る

RSS

カテゴリ:文献のエントリー一覧

  • 馬の文献:軟口蓋背方変位(Pigott et al. 2010)

    文献 - 2020/06/20

    「軟口蓋背方変位の罹患馬における運動中の嚥下頻度」Pigott JH, Ducharme NG, Mitchell LM, Soderholm LV, Cheetham J. Incidence of swallowing during exercise in horses with dorsal displacement of the soft palate. Equine Vet J. 2010; 42(8): 732-737.この研究論文では、馬の軟口蓋背方変位(Dorsal displacement of soft palate)の病因論(Etiology)を解明するため、2001~2007年にかけて、運動中の内視鏡検査(Endos...

  • 馬の文献:軟口蓋背方変位(Ortved et al. 2010)

    文献 - 2020/06/19

    「15頭の競走馬における持続性軟口蓋背方変位の治療成功と喉頭位置の評価」Ortved KF, Cheetham J, Mitchell LM, Ducharme NG. Successful treatment of persistent dorsal displacement of the soft palate and evaluation of laryngohyoid position in 15 racehorses. Equine Vet J. 2010; 42(1): 23-29.この研究論文では、馬の軟口蓋背方変位(Dorsal displacement of soft palate)に対する有用な外科的療法を検討するため、20...

  • 馬の文献:軟口蓋背方変位(Alkabes et al. 2010)

    文献 - 2020/06/18

    「内視鏡を介してのダイオードレーザー焼烙口蓋形成術における、臨床検査、組織学検査、MRI検査、生体力学検査による治療効果の評価」Alkabes KC, Hawkins JF, Miller MA, Nauman E, Widmer W, Dunco D, Kras J, Couetil L, Lescun T, Gautam R. Evaluation of the effects of transendoscopic diode laser palatoplasty on clinical, histologic, magnetic resonance imaging, and biomechanical findings in horses. Am J Vet Re...

  • 馬の文献:軟口蓋背方変位(Barakzai et al. 2009b)

    文献 - 2020/06/17

    「英国のサラブレッドの競走能力に及ぼす舌くくりの影響」Barakzai SZ, Finnegan C, Boden LA. Effect of 'tongue tie' use on racing performance of thoroughbreds in the United Kingdom. Equine Vet J. 2009; 41(8): 812-816.この研究論文では、馬の軟口蓋背方変位(Dorsal displacement of soft palate)に対する有用な保存性療法(Conservative treatment)を検討するため、2001~2003年の期間中に無作為に選択された60日分...

  • 馬の文献:軟口蓋背方変位(Barakzai et al. 2009a)

    文献 - 2020/06/16

    「馬の間欠性軟口蓋背方変位に対する焼烙術の治療効果と保存性療法との比較:トレッドミル運動中の診断が下された78頭の症例」Barakzai SZ, Boden LA, Hillyer MH, Marlin DJ, Dixon PM. Efficacy of thermal cautery for intermittent dorsal displacement of the soft palate as compared to conservatively treated horses: results from 78 treadmill diagnosed horses. Equine Vet J. 2009; 41(1): 65-69.この研究論文では、...

  • 馬の文献:軟口蓋背方変位(Reardon et al. 2008)

    文献 - 2020/06/15

    「レース勝利賞金、勝率、および能力指数を用いての、馬の間欠性軟口蓋背方変位に対する焼烙術の治療効果の評価:110頭のサラブレッド競走馬における対照症例研究」Reardon RJ, Fraser BS, Heller J, Lischer C, Parkin T, Bladon BM. The use of race winnings, ratings and a performance index to assess the effect of thermocautery of the soft palate for treatment of horses with suspected intermittent dorsal displace...

  • 馬の文献:軟口蓋背方変位(Cheetham et al. 2008)

    文献 - 2020/06/14

    「喉頭Tie-forward手術のあとの競走能力:症例対照研究」Cheetham J, Pigott JH, Thorson LM, Mohammed HO, Ducharme NG. Racing performance following the laryngeal tie-forward procedure: a case-controlled study. Equine Vet J. 2008; 40(5): 501-507.この研究論文では、馬の軟口蓋背方変位(Dorsal displacement of soft palate)に対する有用な外科的療法を検討するため、2002~2007年にかけて、安静時または運動中の内視...

  • 馬の文献:軟口蓋背方変位(Smith et al. 2005)

    文献 - 2020/06/12

    「102頭のサラブレッド競走馬の軟口蓋背方変位に対する治療のための、胸骨舌骨筋切除術、口蓋帆切除術、および、口腔尾側軟口蓋の光熱焼烙口蓋形成術」Smith JJ, Embertson RM. Sternothyroideus myotomy, staphylectomy, and oral caudal soft palate photothermoplasty for treatment of dorsal displacement of the soft palate in 102 thoroughbred racehorses. Vet Surg. 2005; 34(1): 5-10.この研究論文では、馬の軟口蓋背方...

  • 馬の文献:軟口蓋背方変位(Woodie et al. 2005)

    文献 - 2020/06/11

    「馬の軟口蓋背方変位に対する外科的喉頭前進術(喉頭Tie-forward手術)による治療:2001~2004年の前向き研究」Woodie JB, Ducharme NG, Kanter P, Hackett RP, Erb HN. Surgical advancement of the larynx (laryngeal tie-forward) as a treatment for dorsal displacement of the soft palate in horses: a prospective study 2001-2004. Equine Vet J. 2005; 37(5): 418-423.この研究論文では、馬の軟口蓋背方変位(Dorsal di...

  • 馬の文献:軟口蓋背方変位(Barakzai et al. 2004)

    文献 - 2020/06/10

    「53頭のサラブレッド競走馬の軟口蓋背方変位に対する複合手術による治療効果の評価:1990~1996年」Barakzai SZ, Johnson VS, Baird DH, Bladon B, Lane JG. Assessment of the efficacy of composite surgery for the treatment of dorsal displacement of the soft palate in a group of 53 racing Thoroughbreds (1990-1996). Equine Vet J. 2004; 36(2): 175-179.この研究論文では、馬の軟口蓋背方変位(Dorsal displacement ...

  • 馬の文献:軟口蓋背方変位(Ducharme et al. 2003)

    文献 - 2020/06/09

    「馬の軟口蓋背方変位の発病に関する甲状舌骨筋の役割の治験」Ducharme NG, Hackett RP, Woodie JB, Dykes N, Erb HN, Mitchell LM, Soderholm LV. Investigations into the role of the thyrohyoid muscles in the pathogenesis of dorsal displacement of the soft palate in horses. Equine Vet J. 2003; 35(3): 258-263.この研究論文では、馬の軟口蓋背方変位(Dorsal displacement of soft palate)の病因論(Etiology)を明...

  • 馬の文献:軟口蓋背方変位(Parente et al. 2002)

    文献 - 2020/06/07

    「トレッドミル高速運動検査で軟口蓋背方変位が見られた92頭の馬症例:1993~1998年」Parente EJ, Martin BB, Tulleners EP, Ross MW. Dorsal displacement of the soft palate in 92 horses during high-speed treadmill examination (1993-1998). Vet Surg. 2002; 31(6): 507-512.この研究論文では、馬の軟口蓋背方変位(Dorsal displacement of soft palate)における有用な診断法を検討するため、1993~1998年にかけて、トレッ...

  • 馬の文献:軟口蓋背方変位(Franklin et al. 2002)

    文献 - 2020/06/06

    「馬の軟口蓋背方変位に対する舌くくりの効果」Franklin SH, Naylor JR, Lane JG. The effect of a tongue-tie in horses with dorsal displacement of the soft palate. Equine Vet J Suppl. 2002; (34): 430-433.この研究論文では、馬の軟口蓋背方変位(Dorsal displacement of soft palate)に対する有用な保存性療法(Conservative treatment)を検討するため、内視鏡検査(Endoscopy)によって軟口蓋背方変位の診断が下された...

  • 馬の文献:軟口蓋背方変位(Tulleners et al. 1997)

    文献 - 2020/06/05

    「喉頭蓋増強による競走馬の軟口蓋背方変位の治療:1985~1994年の59症例」Tulleners E, Stick JA, Leitch M, Trumble TN, Wilkerson JP. Epiglottic augmentation for treatment of dorsal displacement of the soft palate in racehorses: 59 cases (1985-1994). J Am Vet Med Assoc. 1997; 211(8): 1022-1028.この研究論文では、馬の軟口蓋背方変位(Dorsal displacement of soft palate)に対する有用な外科的療法を検討するた...

  • 馬の文献:軟口蓋背方変位(Anderson et al. 1995)

    文献 - 2020/06/04

    「胸骨甲状舌骨筋切除術または口蓋帆切除術による競走馬の間欠性軟口蓋背方変位の治療:1986~1991年の209症例」Anderson JD, Tulleners EP, Johnston JK, Reeves MJ. Sternothyrohyoideus myectomy or staphylectomy for treatment of intermittent dorsal displacement of the soft palate in racehorses: 209 cases (1986-1991). J Am Vet Med Assoc. 1995; 206(12): 1909-1912.この研究論文では、馬の軟口蓋背方変位(Dorsal d...

  • 馬の文献:軟口蓋背方変位(Harrison et al. 1988)

    文献 - 2020/06/03

    「馬の胸骨甲状舌骨筋切除術:1984~1985年の17頭」Harrison IW, Raker CW. Sternothyrohyoideus myectomy in horses: 17 cases (1984-1985). J Am Vet Med Assoc. 1988; 193(10): 1299-1302.この研究論文では、馬の軟口蓋背方変位(Dorsal displacement of soft palate)に対する有用な外科的療法を検討するため、1984~1985年にかけて、内視鏡検査(Endoscopy)によって軟口蓋背方変位の診断が下され、胸骨甲状舌骨筋切除術(Ste...

  • 馬の文献:篩骨血腫(Textor et al. 2012)

    文献 - 2020/06/02

    「進行性篩骨血腫を呈した馬におけるCT検査結果:1993~2005年の16症例」Textor JA, Puchalski SM, Affolter VK, MacDonald MH, Galuppo LD, Wisner ER. Results of computed tomography in horses with ethmoid hematoma: 16 cases (1993-2005). J Am Vet Med Assoc. 2012; 240(11): 1338-1344.この研究論文では、進行性篩骨血腫(Progressive ethmoidal hematoma)に有用な診断法を検討するため、1993~2005年にかけて、進行性篩...

  • 馬の文献:篩骨血腫(Smith et al. 2009)

    文献 - 2020/05/31

    「馬の進行性篩骨血腫の診断と治療」Smith LJ, Perkins J. Standing surgical removal of a progressive ethmoidal haematoma invading the sphenopalatine sinuses in a horse. Equine Veterinary Education. 2009; 21: 577-581.この研究論文では、翼口蓋副鼻腔(Sphenopalatine sinuses:上写真中のSPS)へと浸潤した進行性篩骨血腫(Progressive ethmoidal hematoma)に対する、起立位での外科的切除(Standing surgical remova...

  • 馬の文献:篩骨血腫(Conti et al. 2003)

    文献 - 2020/05/30

    「馬の進行性篩骨血腫の診断と治療」Conti MB, Marchesi MC, Rueca F, Puccetti M. Diagnosis and treatment of progressive ethmoidal haematoma (PEH) in horses. Vet Res Commun. 2003; 27 Suppl 1: 739-743.この研究論文では、進行性篩骨血腫(Progressive ethmoidal hematoma)に対する有用な治療法を検討するため、内視鏡検査(Endoscopy)およびレントゲン検査(Radiography)によって篩骨血腫の推定診断(Presumptive diag...

  • 馬の文献:篩骨血腫(Frees et al. 2001)

    文献 - 2020/05/29

    「進行性篩骨血腫に対するホルマリン投与の後に重篤な合併症を生じた馬の一症例」Frees KE, Gaughan EM, Lillich JD, Cox J, Gorondy D, Nietfeld JC, Kennedy GA, Cash W. Severe complication after administration of formalin for treatment of progressive ethmoidal hematoma in a horse. J Am Vet Med Assoc. 2001; 219(7): 950-952.この研究論文では、進行性篩骨血腫(Progressive ethmoidal haematoma)に対するホルマリ...

  • 馬の文献:篩骨血腫(Marriott et al. 1999)

    文献 - 2020/05/28

    「三頭の馬の進行性篩骨血腫に対するホルマリン病巣内注射による治療」Marriott MR, Dart AJ, Hodgson DR. Treatment of progressive ethmoidal haematoma using intralesional injections of formalin in three horses. Aust Vet J. 1999; 77(6): 371-373.この研究論文では、進行性篩骨血腫(Progressive ethmoidal hematoma)に対する有用な治療法を検討するため、内視鏡検査(Endoscopy)およびレントゲン検査(Radiography)に...

  • 馬の文献:篩骨血腫(Rothaug et al. 1999)

    文献 - 2020/05/27

    「馬の進行性篩骨血腫に対するネオジウム・ヤグ・レーザー補助での切除術:1986~1996年の20頭」Rothaug PG, Tulleners EP. Neodymium:yttrium-aluminum-garnet laser-assisted excision of progressive ethmoid hematomas in horses: 20 cases (1986-1996). J Am Vet Med Assoc. 1999; 214(7): 1037-1041.この研究論文では、進行性篩骨血腫(Progressive ethmoidal haematoma)に対する外科的療法を検討するため、1986~1996年に...

  • 馬の文献:篩骨血腫(Schumacher et al. 1998)

    文献 - 2020/05/26

    「馬の進行性篩骨血腫に対する起立位手術での内視鏡を介した化学焼烙術」Schumacher J, Yarbrough T, Pascoe J, Woods P, Meagher D, Honnas C. Transendoscopic chemical ablation of progressive ethmoidal hematomas in standing horses. Vet Surg. 1998; 27(3): 175-181.この研究論文では、馬の進行性篩骨血腫(Progressive ethmoidal hematoma)に有用な治療法を検討するため、1993~1997年にかけて、内視鏡検査(Endoscopy)...

  • 馬の文献:篩骨血腫(Colbourne et al. 1997)

    文献 - 2020/05/25

    「子馬の進行性篩骨血腫に対するCT検査を介した外科的治療」Colbourne CM, Rosenstein DS, Steficek BA, Yovich JV, Stick JA. Surgical treatment of progressive ethmoidal hematoma aided by computed tomography in a foal. J Am Vet Med Assoc. 1997; 211(3): 335-338.この研究論文では、進行性篩骨血腫(Progressive ethmoidal haematoma)を発症して、CT検査(Computed tomography)を介した外科的治療(Surgical treatment...

  • 馬の文献:篩骨血腫(Laing et al. 1992)

    文献 - 2020/05/23

    「馬の進行性篩骨血腫」Laing JA, Hutchins DR. Progressive ethmoidal haematoma in horses. Aust Vet J. 1992; 69(3): 57-58.この研究論文では、進行性篩骨血腫(Progressive ethmoidal haematoma)を呈した14頭の患馬における、症状、診断法、および、治療成績が報告されています。この研究では、進行性篩骨血腫の罹患馬のうち、鼻汁排出(Nasal discharge)を呈した馬が13頭に上り(残りの一頭は呼吸器喘鳴のみを呈した)、こ...

  • 馬の文献:篩骨血腫(Greet. 1992)

    文献 - 2020/05/22

    「進行性篩骨血腫を発症した23頭における治療成績」Greet TR. Outcome of treatment in 23 horses with progressive ethmoidal haematoma. Equine Vet J. 1992; 24(6): 468-471.この研究論文では、篩骨血腫(Ethmoid hematoma)を呈した23頭の患馬における、症状、診断法、および、治療成績が報告されています。この研究では、23頭の症例のすべてが鼻出血(Epistaxis)の病歴で来院し、全頭に対して内視鏡検査(Endoscopy)が行わ...

  • 馬の文献:篩骨血腫(Specht et al. 1990)

    文献 - 2020/05/21

    「九頭の馬の篩骨血腫」Specht TE, Colahan PT, Nixon AJ, Brown MP, Turner TA, Peyton LC, Schneider RK. Ethmoidal hematoma in nine horses. J Am Vet Med Assoc. 1990; 197(5): 613-616.この研究論文では、篩骨血腫(Ethmoid hematoma)を呈した九頭の患馬における、症状、診断法、および、治療成績が報告されています。この研究では、九頭の篩骨血腫の患馬のうち、鼻汁排出(Nasal discharge)を呈したのは七頭、いびき性呼...

  • 馬の文献:篩骨血腫(Cook et al. 1974)

    文献 - 2020/05/20

    「馬の篩骨領域の進行性血腫」Cook WR, Littlewort MC. Progressive haematoma of the ethmoid region in the horse. Equine Vet J. 1974; 6(3): 101-108.この研究論文では、篩骨血腫(Ethmoid hematoma)(“篩骨領域の進行性血腫”:Progressive hematoma of the ethmoid region)を呈した十六頭の患馬における、症状、診断法、および、治療成績が報告されています。この研究では、篩骨血腫の患馬の症状として、“僅かな”鼻出血(Sl...

  • 馬の文献:副鼻腔炎(Bach et al. 2014)

    文献 - 2020/05/18

    「副鼻腔の手術後に細菌性髄膜炎を発症した馬の五症例」Bach FS, Bodo G, Kuemmerle JM, Bienert-Zeit A, Hainisch EK, Simhofer H. Bacterial meningitis after sinus surgery in five adult horses. Vet Surg. 2014; 43(6): 697-703.この症例論文では、2005~2010年にかけて、副鼻腔の手術(Sinus surgery)の後に、細菌性髄膜炎(Bacterial meningitis)を発症した馬の五症例が報告されています。症例は、原発性副鼻腔(一頭)...

  • 馬の文献:副鼻腔炎(Dixon et al. 2012b)

    文献 - 2020/05/17

    「馬の副鼻腔疾患:1997~2009年における200症例の長期的調査:治療法と長期的治療成績」Dixon PM, Parkin TD, Collins N, Hawkes C, Townsend N, Tremaine WH, Fisher G, Ealey R, Barakzai SZ. Equine paranasal sinus disease: a long-term study of 200 cases (1997-2009): treatments and long-term results of treatments. Equine Vet J. 2012; 44(3): 272-276.この研究論文では、馬の副鼻腔疾患(Paranasal sinus disease)...

  • 馬の文献:副鼻腔炎(Dixon et al. 2012a)

    文献 - 2020/05/16

    「馬の副鼻腔疾患:1997~2009年における200症例の長期的調査:補助的診断所見と複数副鼻腔区画の関与」Dixon PM, Parkin TD, Collins N, Hawkes C, Townsend N, Tremaine WH, Fisher G, Ealey R, Barakzai SZ. Equine paranasal sinus disease: a long-term study of 200 cases (1997-2009): ancillary diagnostic findings and involvement of the various sinus compartments. Equine Vet J. 2012; 44(3): 267-271.この研究論文...

  • 馬の文献:副鼻腔炎(Hart et al. 2011)

    文献 - 2020/05/15

    「馬の副鼻腔疾患に対する術後新治療法の評価:1996~2007年」Hart SK, Sullins KE. Evaluation of a novel post operative treatment for sinonasal disease in the horse (1996-2007). Equine Vet J. 2011; 43(1): 24-29.この研究論文では、馬の副鼻腔疾患(Paranasal disease)に有用な外科的療法を検討するため、1996~2007年にかけて、副鼻腔嚢胞(Sinus cyst)、進行性篩骨血腫(Progressive ethmoid hematoma)、歯科疾患に...

  • 馬の文献:副鼻腔炎(Perkins et al. 2009b)

    文献 - 2020/05/13

    「副鼻腔鏡手術による吻側上顎副鼻腔炎および腹側鼻道炎の治療が行われた60頭の馬の症例」Perkins JD, Windley Z, Dixon PM, Smith M, Barakzai SZ. Sinoscopic treatment of rostral maxillary and ventral conchal sinusitis in 60 horses. Vet Surg. 2009; 38(5): 613-619.この研究論文では、馬の副鼻腔疾患(Paranasal disease)に有用な外科的療法を検討するため、副鼻腔鏡手術(Sinuscopy)による吻側上顎副鼻腔炎(Rostral ...

  • 馬の文献:副鼻腔炎(Perkins et al. 2009a)

    文献 - 2020/05/12

    「馬の吻側上顎副鼻腔および腹側鼻道の検査のための副鼻腔鏡手技の比較」Perkins JD, Bennett C, Windley Z, Schumacher J. Comparison of sinoscopic techniques for examining the rostral maxillary and ventral conchal sinuses of horses. Vet Surg. 2009; 38(5): 607-612.この研究論文では、馬の副鼻腔疾患(Paranasal disease)の診断に有用な副鼻腔鏡手術(Sinuscopy)の手技を検討するため、四十頭の屍体頭部(Cadaver he...

  • 馬の文献:副鼻腔炎(Annear et al. 2008)

    文献 - 2020/05/10

    「副鼻腔嚢胞から眼球突出を続発した馬の一症例」Annear MJ, Gemensky-Metzler AJ, Elce YA, Stone SG. Exophthalmus secondary to a sinonasal cyst in a horse. J Am Vet Med Assoc. 2008; 233(2): 285-288.この研究論文では、副鼻腔嚢胞(Sinonasal cyst)から二次性に眼球突出(Exophthalmus)を続発した馬の一症例が報告されています。患馬は、十三歳齢のミニチュアホースの牝馬で、進行性の片側性眼球突出症(Progressive un...

  • 馬の文献:副鼻腔炎(Barakzai et al. 2006)

    文献 - 2020/05/09

    「核医学検査による馬の副鼻腔疾患の診断」Barakzai S, Tremaine H, Dixon P. Use of scintigraphy for diagnosis of equine paranasal sinus disorders. Vet Surg. 2006; 35(1): 94-101.この研究論文では、馬の副鼻腔疾患(Paranasal disease)に有用な診断法を検討するため、48頭の副鼻腔疾患の罹患馬、および、30頭の跛行(Lameness)の症例(対照馬)における、核医学検査(Nuclear scintigraphy)の頭部画像の比較が行われま...

  • 馬の文献:副鼻腔炎(Woodford et al. 2006)

    文献 - 2020/05/07

    「副鼻腔嚢胞を呈した52頭の患馬の長期的回顧的調査」Woodford NS, Lane JG. Long-term retrospective study of 52 horses with sinunasal cysts. Equine Vet J. 2006; 38(3): 198-202.この研究論文では、馬の副鼻腔嚢胞(Sinunasal cysts)の病態把握、および、有用な外科的療法を検討するため、1982~2005年にかけて、内視鏡検査(Endoscopy)およびレントゲン検査(Radiography)によって副鼻腔嚢胞の診断が下され、骨フラップ...

  • 馬の文献:副鼻腔炎(Quinn et al. 2005)

    文献 - 2020/05/06

    「起立位での馬の前頭副鼻腔フラップ手術変法:60症例に対する外科的所見と治療成績」Quinn GC, Kidd JA, Lane JG. Modified frontonasal sinus flap surgery in standing horses: surgical findings and outcomes of 60 cases. Equine Vet J. 2005; 37(2): 138-142.この研究論文では、馬の副鼻腔疾患(Paranasal sinus disorders)に有用な外科的療法を検討するため、内視鏡検査(Endoscopy)およびレントゲン検査(Radiography)...

  • 馬の文献:副鼻腔炎(Tremaine et al. 2001b)

    文献 - 2020/05/05

    「副鼻腔疾患を呈した277頭の馬の長期調査。パート2:治療法と治療成績」Tremaine WH, Dixon PM. A long-term study of 277 cases of equine sinonasal disease. Part 2: treatments and results of treatments. Equine Vet J. 2001; 33(3): 283-289.この研究論文では、馬の副鼻腔疾患(Paranasal disease)に対する診療法の検討のため、1984~1996年にかけて、副鼻腔疾患を呈した277頭の患馬における、治療法および治療成績(Tre...

  • 馬の文献:副鼻腔炎(Tremaine et al. 2001a)

    文献 - 2020/05/04

    「副鼻腔疾患を呈した277頭の馬の長期調査。パート1:症例馬の詳細、病歴、臨床症状、補助的診断所見」Tremaine WH, Dixon PM. A long-term study of 277 cases of equine sinonasal disease. Part 1: details of horses, historical, clinical and ancillary diagnostic findings. Equine Vet J. 2001; 33(3): 274-282.この研究論文では、馬の副鼻腔疾患(Paranasal disease)の病態把握のため、1984~1996年にかけて、副鼻腔疾...

  • 馬の文献:副鼻腔炎(Freeman et al. 1990)

    文献 - 2020/05/03

    「馬の副鼻腔手術のためのサイズの大きな前頭副鼻腔の骨フラップ術」Freeman DE, Orsini PG, Ross MW, Madison JB. A large frontonasal bone flap for sinus surgery in the horse. Vet Surg. 1990; 19(2): 122-130.この研究論文では、馬の副鼻腔疾患(Paranasal disease)に対する有用な外科的療法を検討するため、レントゲン検査(Radiography)および内視鏡検査(Endoscopy)によって、副鼻腔炎(Paranasal sinusitis)、副鼻...

  • 馬の文献:副鼻腔炎(Schumacher et al. 1987)

    文献 - 2020/05/01

    「腹側鼻道の濃縮滲出液を伴った副鼻腔炎」Schumacher J, Honnas C, Smith B. Paranasal sinusitis complicated by inspissated exudate in the ventral conchal sinus. Vet Surg. 1987; 16(5): 373-377.この研究論文では、腹側鼻道(Ventral conchal sinus)の濃縮滲出液(Inspissated exudate)を伴う副鼻腔炎(Paranasal sinusitis)を発症した五頭の馬の、医療記録(Medical records)の回顧的解析(Retrospective analysis)...

  • 馬の文献:尺骨骨折(Kuemmerle et al. 2013)

    文献 - 2020/04/29

    「馬の尺骨骨折に対するロッキングコンプレッションプレート整復では橈骨外側皮質骨への偶発的侵入が起きている」Kuemmerle JM, Kuhn K, Bryner M, Furst AE. Equine ulnar fracture repair with locking compression plates can be associated with inadvertent penetration of the lateral cortex of the radius. Vet Surg. 2013; 42(7): 790-794.この研究論文では、馬の尺骨骨折(Ulnar fracture)に対するロッキングコンプレッ...

  • 馬の文献:尺骨骨折(Jackson et al. 2011)

    文献 - 2020/04/28

    「ロッキングコンプレッションプレート固定による馬のタイプ2およびタイプ4肘頭骨折の治療:2002~2008年の前向き調査」Jackson M, Kummer M, Auer J, Hagen R, Fuerst A. Treatment of type 2 and 4 olecranon fractures with locking compression plate osteosynthesis in horses: a prospective study (2002-2008). Vet Comp Orthop Traumatol. 2011; 24(1): 57-61.この症例論文では、肘頭骨折(Olecranon fracture)に対する...

  • 馬の文献:尺骨骨折(Jalim et al. 2009)

    文献 - 2020/04/26

    「子馬のタイプ4モンテジア骨折の整復」Jalim SL, McKinnon AO, Russell TM. Case report: Repair of a type IV Monteggia fracture in a foal. Aust Vet J. 2009; 87(11): 463-466.この症例論文では、タイプ4モンテジア骨折(Type-4 Monteggia fracture)に対してプレート固定術が応用された、一頭の子馬の症例が報告されています。モンテジア骨折とは、近位部三分の一における尺骨骨折(Fracture of the proximal third of uln...

  • 馬の文献:尺骨骨折(Janicek et al. 2006)

    文献 - 2020/04/25

    「肘頭骨折の罹患馬における外科的整復後の競走成績」Janicek JC, Rodgerson DH, Hunt RJ, Spirito MA, Thorpe PE, Tessman RK. Racing prognosis of horses following surgically repaired olecranon fractures. Can Vet J. 2006; 47(3): 241-245.この症例論文では、肘頭骨折(Olecranon fracture)に対する外科的療法の治療効果を評価するため、肘頭完全骨折を呈して、内固定法(Internal fixation)が応用された24頭の馬の競走...

  • 馬の文献:尺骨骨折(Swor et al. 2006)

    文献 - 2020/04/24

    「20頭の馬のタイプ5肘頭骨折に対するプレート固定による治療成績」Swor TM, Watkins JR, Bahr A, Epstein KL, Honnas CM. Results of plate fixation of type 5 olecranon fractures in 20 horses. Equine Vet J. 2006; 38(1): 30-34.この症例論文では、タイプ5の肘頭骨折(Olecranon fracture)を呈した32頭の患馬における、プレート固定術(Plate fixation)を介しての外科的療法の治療成績が報告されています。この症例報告...

  • 馬の文献:尺骨骨折(Swor et al. 2003)

    文献 - 2016/12/07

    「24頭の馬のタイプ1b肘頭骨折に対するプレート固定による治療成績」Swor TM, Watkins JP, Bahr A, Honnas CM. Results of plate fixation of type 1b olecranon fractures in 24 horses. Equine Vet J. 2003; 35(7): 670-675.この症例論文では、タイプ1bの肘頭骨折(Olecranon fracture)を呈した24頭の患馬における、プレート固定術(Plate fixation)を介しての外科的療法の治療成績が報告されています。この症例報告では、24...

  • 馬の文献:尺骨骨折(Hanson et al. 1997)

    文献 - 2016/12/07

    「三種類の馬の尺骨固定法の比較」Hanson PD, Hartwig H, Markel MD. Comparison of three methods of ulnar fixation in horses. Vet Surg. 1997; 26(3): 165-171.この研究論文では、尺骨骨折(Olecranon fracture)に対する内固定法(Internal fixation)に有用な術式を評価するため、15組の屍体前肢(Cadaveric forelimb)の尺骨に施した骨切術(Osteotomy)の尾側皮質骨面(Caudal cortex)を、ダイナミック・コンプレッション...

  • 馬の文献:尺骨骨折(Murray et al. 1996)

    文献 - 2016/12/06

    「フックプレートを応用した馬の尺骨骨折の治療」Murray RC, Debowes RM, Gaughan EM, Bramlage LR. Application of a hook plate for management of equine ulnar fractures. Vet Surg. 1996; 25(3): 207-212.この症例報告では、尺骨骨折(Olecranon fracture)に対して、フックプレート(Hook plate)を用いての内固定法(Internal fixation)が応用された十頭の子馬(七日齢~六ヶ月齢、91~228kg)の治療成績が報告されていま...

プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: 40代
住所: 神奈川県
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

ブログメニュー

推薦書籍

FC2カウンター

リンク

関連サイト

検索エンジン

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
198位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
25位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

関連サイト

QRコード

QR