FC2ブログ

 ・馬の文献:喉嚢真菌症(Lingard et al. 1974) ・馬の文献:喉頭蓋捕捉(Lacourt et al. 2011) ・馬の文献:喉頭蓋捕捉(Perkins et al. 2007) ・馬の文献:喉頭蓋捕捉(Russell et al. 2007) ・馬の文献:喉頭蓋捕捉(Greet. 1995) ・馬の文献:喉頭蓋捕捉(Lumsden et al. 1994) ・馬の文献:喉頭蓋捕捉(Ross et al. 1993) ・馬の文献:喉頭蓋捕捉(Tulleners. 1991) ・馬の文献:喉頭蓋捕捉(Tate et al. 1990) ・馬の文献:喉頭蓋捕捉(Tulleners. 1990) ・馬の文献:喉頭蓋捕捉(Honnas et al. 1988) ・馬の文献:喉頭片麻痺(Raffetto et al. 2015) ・馬の文献:喉頭片麻痺(Rossignol et al. 2015) ・馬の文献:喉頭片麻痺(Barnett et al. 2013) ・馬の文献:喉頭片麻痺(Bischofberger et al. 2013) ・馬の文献:喉頭片麻痺(Fjordbakk et al. 2012) ・馬の文献:喉頭片麻痺(Perkins et al. 2011) ・馬の文献:喉頭片麻痺(Parente et al. 2011) ・馬の文献:喉頭片麻痺(Ahern et al. 2010) ・馬の文献:喉頭片麻痺(Ducharme et al. 2010) ・馬の文献:喉頭片麻痺(Barakzai et al. 2009) ・馬の文献:喉頭片麻痺(Cramp et al. 2009) ・馬の文献:喉頭片麻痺(Witte et al. 2009) ・馬の文献:喉頭片麻痺(Kelly et al. 2008) ・馬の文献:喉頭片麻痺(Fjordbakk et al. 2008) ・馬の文献:喉頭片麻痺(Parente et al. 2008) ・馬の文献:喉頭片麻痺(Henderson et al. 2007) ・馬の文献:喉頭片麻痺(Taylor et al. 2006) ・馬の文献:喉頭片麻痺(Radcliffe et al. 2006) ・馬の文献:喉頭片麻痺(Robinson et al. 2006) ・馬の文献:喉頭片麻痺(Scherzer et al. 2005) ・馬の文献:喉頭片麻痺(Barnes et al. 2004) ・馬の文献:喉頭片麻痺(Brown et al. 2004) ・馬の文献:喉頭片麻痺(Kraus et al. 2003) ・馬の文献:喉頭片麻痺(Brown et al. 2003) ・馬の文献:喉頭片麻痺(Dixon et al. 2003b) ・馬の文献:喉頭片麻痺(Dixon et al. 2003a) ・馬の文献:喉頭片麻痺(Jansson et al. 2000) ・馬の文献:喉頭片麻痺(Schumacher et al. 2000) ・馬の文献:喉頭片麻痺(Strand et al. 2000) ・馬の文献:喉頭片麻痺(Hawkins et al. 1997) ・馬の文献:喉頭片麻痺(Tetens et al. 1996) ・馬の文献:喉頭片麻痺(Lumsden et al. 1994) ・馬の文献:喉頭片麻痺(Russell et al. 1994) ・馬の文献:喉頭片麻痺(Hay et al. 1993) ・馬の文献:喉頭片麻痺(Fulton et al. 1991) ・馬の文献:喉頭片麻痺(Bohanon et al. 1990) ・馬の文献:喉頭片麻痺(Williams et al. 1990) ・馬の文献:軟口蓋背方変位(Allen et al. 2013) ・馬の文献:軟口蓋背方変位(Rossignol et al. 2012) ▼もっと見る

RSS

カテゴリ:文献のエントリー一覧

  • 馬の文献:喉嚢真菌症(Lingard et al. 1974)

    文献 - 2020/09/21

    「喉嚢真菌症による急性鼻出血を発症した馬の二症例」Lingard DR, Gosser HS, Monfort TN. Acute epistaxis associated with guttural pouch mycosis in two horses. J Am Vet Med Assoc. 1974; 164(10): 1038-1040.この研究論文では、喉嚢真菌症(Guttural pouch mycosis)による急性鼻出血(Acute epistaxis)を発症した馬の二症例が報告されています。一頭目の患馬は、六歳齢のサラブレッドの牝馬で、七日間にわたる重度の回帰...

  • 馬の文献:喉頭蓋捕捉(Lacourt et al. 2011)

    文献 - 2020/09/06

    「遮蔽式の鉤状柳葉刀を使用した起立位手術での経口腔軸性分割による馬の喉頭蓋捕捉の治療」Lacourt M, Marcoux M. Treatment of epiglottic entrapment by transnasal axial division in standing sedated horses using a shielded hook bistoury. Vet Surg. 2011; 40(3): 299-304.この研究論文では、馬の喉頭蓋捕捉(Epiglottic entrapment)に対する有用な外科的療法を検討するため、1996~2007年にかけて、内視鏡検査(Endosco...

  • 馬の文献:喉頭蓋捕捉(Perkins et al. 2007)

    文献 - 2020/09/05

    「15頭の馬における起立位手術での内視鏡誘導による喉頭蓋捕捉の経口腔軸性分割」Perkins JD, Hughes TK, Brain B. Endoscope-guided, transoral axial division of an entrapping epiglottic fold in fifteen standing horses. Vet Surg. 2007; 36(8): 800-803.この研究論文では、馬の喉頭蓋捕捉(Epiglottic entrapment)に対する有用な外科的療法を検討するため、2005~2006年にかけて、内視鏡検査(Endoscopy)によって喉頭蓋...

  • 馬の文献:喉頭蓋捕捉(Russell et al. 2007)

    文献 - 2020/09/03

    「27頭の馬の喉頭蓋捕捉に対する野外治療」Russell T, Wainscott M. Treatment in the field of 27 horses with epiglottic entrapment. Vet Rec. 2007; 161(6): 187-189.この研究論文では、馬の喉頭蓋捕捉(Epiglottic entrapment)に対する有用な外科的療法を検討するため、内視鏡検査(Endoscopy)によって喉頭蓋捕捉の確定診断(Definitive diagnosis)が下され、全身麻酔下(Under general anesthesia)での経口腔アプローチ...

  • 馬の文献:喉頭蓋捕捉(Greet. 1995)

    文献 - 2020/09/01

    「経鼻腔鉤状刀を用いた喉頭蓋捕捉の治療経験」Greet TR. Experiences in treatment of epiglottal entrapment using a hook knife per nasum. Equine Vet J. 1995; 27(2): 122-126.この研究論文では、馬の喉頭蓋捕捉(Epiglottic entrapment)に対する有用な外科的療法を検討するため、内視鏡検査(Endoscopy)によって喉頭蓋捕捉の確定診断(Definitive diagnosis)が下され、起立位手術(Standing surgery)での内視鏡誘導(End...

  • 馬の文献:喉頭蓋捕捉(Lumsden et al. 1994)

    文献 - 2020/08/31

    「馬の喉頭蓋捕捉の外科的療法:1981~1992年の51症例」Lumsden JM, Stick JA, Caron JP, Nickels FA. Surgical treatment for epiglottic entrapment in horses: 51 cases (1981-1992). J Am Vet Med Assoc. 1994; 205(5): 729-735.この研究論文では、馬の喉頭蓋捕捉(Epiglottic entrapment)に対する有用な外科的療法を検討するため、1981~1992年にかけて、内視鏡検査(Endoscopy)によって喉頭蓋捕捉の確定診断(Definitive d...

  • 馬の文献:喉頭蓋捕捉(Ross et al. 1993)

    文献 - 2020/08/30

    「馬の喉頭蓋捕捉の治療のための内視鏡誘導による経口腔軸性分割」Ross MW, Gentile DG, Evans LE. Transoral axial division, under endoscopic guidance, for correction of epiglottic entrapment in horses. J Am Vet Med Assoc. 1993; 203(3): 416-420.この研究論文では、馬の喉頭蓋捕捉(Epiglottic entrapment)に対する有用な外科的療法を検討するため、内視鏡検査(Endoscopy)によって喉頭蓋捕捉の確定診断(Definitive ...

  • 馬の文献:喉頭蓋捕捉(Tulleners. 1991)

    文献 - 2020/08/24

    「ネオジウムヤグレーザーによって治療された競走馬の喉頭蓋捕捉における内視鏡検査およびレントゲン検査での喉頭蓋低形成所見と競走能力との相関」Tulleners EP. Correlation of performance with endoscopic and radiographic assessment of epiglottic hypoplasia in racehorses with epiglottic entrapment corrected by use of contact neodymium:yttrium aluminum garnet laser. J Am Vet Med Assoc. 1991; 198(4): 621-626....

  • 馬の文献:喉頭蓋捕捉(Tate et al. 1990)

    文献 - 2020/08/23

    「内視鏡を介したネオジウムヤグレーザー手術による馬の喉頭蓋捕捉および軟口蓋背方変位の治療」Tate LP, Sweeney CL, Bowman KF, Newman HC, Duckett WM. Transendoscopic Nd:YAG laser surgery for treatment of epiglottal entrapment and dorsal displacement of the soft palate in the horse. Vet Surg. 1990; 19(5): 356-363.この研究論文では、馬の喉頭蓋捕捉(Epiglottic entrapment)および軟口蓋背方変位(Dorsal displ...

  • 馬の文献:喉頭蓋捕捉(Tulleners. 1990)

    文献 - 2020/08/22

    「馬の喉頭蓋捕捉の治療のための起立位手術による内視鏡を介してのネオジウムヤグレーザー的整復」Tulleners EP. Transendoscopic contact neodymium:yttrium aluminum garnet laser correction of epiglottic entrapment in standing horses. J Am Vet Med Assoc. 1990; 196(12): 1971-1980.この研究論文では、馬の喉頭蓋捕捉(Epiglottic entrapment)に対する有用な外科的療法を検討するため、1986~1988年にかけて、上部気道内...

  • 馬の文献:喉頭蓋捕捉(Honnas et al. 1988)

    文献 - 2020/08/21

    「喉頭蓋捕捉:起立位の馬における経鼻腔アプローチによる披裂喉頭蓋襞の軸性分割」Honnas CM, Wheat JD. Epiglottic entrapment. A transnasal surgical approach to divide the aryepiglottic fold axially in the standing horse. Vet Surg. 1988; 17(5): 246-251.この研究論文では、馬の喉頭蓋捕捉(Epiglottic entrapment)に対する有用な外科的療法を検討するため、1980~1987年にかけて、上部気道内視鏡検査(Upper airway ...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Raffetto et al. 2015)

    文献 - 2020/08/16

    「78頭のサラブレッド競走馬における反回神経病の治療のためのポリウレタン人工喉頭形成術とレーザー声嚢声帯切除術の術後における競走能力」Raffetto JA, Wearn JG, Fischer AT Jr. Racing performance following prosthetic laryngoplasty using a polyurethane prosthesis combined with a laser-assisted ventriculocordectomy for treatment of recurrent laryngeal neuropathy in 78 Thoroughbred racehorses. Equine Vet J....

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Rossignol et al. 2015)

    文献 - 2020/08/15

    「起立馬の喉頭形成術」Rossignol F, Vitte A, Boening J, Maher M, Lechartier A, Brandenberger O, Martin-Flores M, Lang H, Walker W, Ducharme NG. Laryngoplasty in standing horses. Vet Surg. 2015; 44(3): 341-347.この研究論文では、馬の喉頭片麻痺(Laryngeal hemiplegia)に対する有用な外科的療法を検討するため、2008~2014年にかけて、内視鏡検査(Endoscopy)にて反回神経病(Recurrent laryngeal neuropathy)の...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Barnett et al. 2013)

    文献 - 2020/08/13

    「喉頭形成術後の33頭の馬における運動時の披裂軟骨外転および安定性の長期的維持」Barnett TP, O'Leary JM, Parkin TD, Dixon PM, Barakzai SZ. Long-term maintenance of arytenoid cartilage abduction and stability during exercise after laryngoplasty in 33 horses. Vet Surg. 2013; 42(3): 291-295.この研究論文では、馬の喉頭片麻痺(Laryngeal hemiplegia)の外科的療法に応用される喉頭形成術(Laryngoplasty)におけ...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Bischofberger et al. 2013)

    文献 - 2020/08/12

    「喉頭形成術の術後に声門裂最大領域を得るためのインプラントの最適な緊張、位置、および数」Bischofberger AS, Wereszka MM, Hadidane I, Perkins NR, Jeffcott LB, Dart AJ. Optimal tension, position, and number of prostheses required for maximum rima glottidis area after laryngoplasty. Vet Surg. 2013; 42(3): 280-285.この研究論文では、馬の喉頭片麻痺(Laryngeal hemiplegia)に有用な外科的療法を検討するため、...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Fjordbakk et al. 2012)

    文献 - 2020/08/11

    「頚部屈曲時の動的喉頭圧潰に対する新治療:改良型支持手綱」Fjordbakk CT, Holcombe S, Fintl C, Chalmers H, Strand E. A novel treatment for dynamic laryngeal collapse associated with poll flexion: the modified checkrein. Equine Vet J. 2012; 44(2): 207-213.この研究論文では、馬の動的喉頭圧潰(Dynamic laryngeal collapse)に有用な保存性療法(Conservative treatment)を検討するため、頚部屈曲(Poll flexion...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Perkins et al. 2011)

    文献 - 2020/08/08

    「声嚢声帯切除術を喉頭形成術より前に行うことによる馬の披裂軟骨外転への影響の生体外的評価」Perkins JD, Meighan H, Windley Z, Troester S, Piercy R, Schumacher J. In vitro effect of ventriculocordectomy before laryngoplasty on abduction of the equine arytenoid cartilage. Vet Surg. 2011; 40(3): 305-310.この研究論文では、馬の喉頭片麻痺(Laryngeal hemiplegia)に対する外科的療法に有用な術式を評価するため...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Parente et al. 2011)

    文献 - 2020/08/07

    「輪状披裂関節強直を促進させる喉頭形成術の変法アプローチ」Parente EJ, Birks EK, Habecker P. A modified laryngoplasty approach promoting ankylosis of the cricoarytenoid joint. Vet Surg. 2011; 40(2): 204-210.この研究論文では、馬の喉頭片麻痺(Laryngeal hemiplegia)の治療のための喉頭形成術(Laryngoplasty)に有用な術式を検討するため、八頭の健常馬を用いて、三頭には通常の喉頭形成術、残りの五頭には輪状披...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Ahern et al. 2010)

    文献 - 2020/08/06

    「馬の喉頭形成術の力学的評価」Ahern BJ, Parente EJ. Mechanical evaluation of the equine laryngoplasty. Vet Surg. 2010; 39(6): 661-666.この研究論文では、馬の喉頭片麻痺(Laryngeal hemiplegia)の治療のための喉頭形成術(Laryngoplasty)に有用な術式を検討するため、46頭の健常馬から採取した披裂軟骨(Arytenoid cartilage)および輪状軟骨(Cricoid cartilage)を用いて、それぞれの軟骨に三種類の装具(Ethilon®, E...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Ducharme et al. 2010)

    文献 - 2020/08/04

    「神経補綴による馬の背側輪状披裂筋歩調の考察」Ducharme NG, Cheetham J, Sanders I, Hermanson JW, Hackett RP, Soderholm LV, Mitchell LM. Considerations for pacing of the cricoarytenoid dorsalis muscle by neuroprosthesis in horses. Equine Vet J. 2010; 42(6): 534-540.この研究論文では、馬の喉頭片麻痺(Laryngeal hemiplegia)に有用な外科的療法を検討するため、安静時の内視鏡検査(Endoscopy at rest)によっ...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Barakzai et al. 2009)

    文献 - 2020/07/31

    「ハンター競走馬における喉頭形成術と声嚢声帯切除術のあとの競走能力」Barakzai SZ, Boden LA, Dixon PM. Race performance after laryngoplasty and ventriculocordectomy in National Hunt racehorses. Vet Surg. 2009; 38(8): 941-945.この研究論文では、馬の喉頭片麻痺(Laryngeal hemiplegia)に有用な外科的療法を検討するため、1990~2007年にかけて、安静時またはトレッドミル運動時の内視鏡検査(Endoscopy)によって喉...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Cramp et al. 2009)

    文献 - 2020/07/30

    「喉頭外転に及ぼす力の方向と度合いの影響:神経筋接合根部移植の手技への関連」Cramp P, Derksen FJ, Stick JA, de Feijter-Rupp H, Elvin NG, Hauptman J, Robinson NE. Effect of magnitude and direction of force on laryngeal abduction: implications for the nerve-muscle pedicle graft technique. Equine Vet J. 2009; 41(4): 328-333.この研究論文では、馬の喉頭片麻痺(Laryngeal hemiplegia)の治療のための、背側輪...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Witte et al. 2009)

    文献 - 2020/07/29

    「人工喉頭形成術と同側声嚢声帯切除術の併用または披裂軟骨部分切除術での治療後の競走能力:1997~2007年に掛けて2400m以下のレースに出走した135頭のサラブレッド競走馬」Witte TH, Mohammed HO, Radcliffe CH, Hackett RP, Ducharme NG. Racing performance after combined prosthetic laryngoplasty and ipsilateral ventriculocordectomy or partial arytenoidectomy: 135 Thoroughbred racehorses competing at less than 2...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Kelly et al. 2008)

    文献 - 2020/07/28

    「馬の披裂軟骨筋突起に対する直径の大きいポリエステル装具による六種類の縫合法の生体力学的比較」Kelly JR, Carmalt J, Hendrick S, Wilson DG, Shoemaker R. Biomechanical comparison of six suture configurations using a large diameter polyester prosthesis in the muscular process of the equine arytenoid cartilage. Vet Surg. 2008; 37(6): 580-587.この研究論文では、馬の喉頭片麻痺(Laryngeal hemiplegia)の治...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Fjordbakk et al. 2008)

    文献 - 2020/07/26

    「ハーネスレース競走馬における頚部屈曲時の両側性動的喉頭圧潰に対する外科的および保存性療法」Fjordbakk CT, Strand E, Hanche-Olsen S. Surgical and conservative management of bilateral dynamic laryngeal collapse associated with poll flexion in harness race horses. Vet Surg. 2008; 37(6): 501-507.この研究論文では、1998~2006年において、頚部屈曲時(Poll flexion)の両側性動的喉頭圧潰(Bilateral dynamic l...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Parente et al. 2008)

    文献 - 2020/07/25

    「76頭のサラブレッド競走馬における一次性粘膜閉鎖による披裂軟骨部分切除術の長期的評価(1992~2006年)」Parente EJ, Tulleners EP, Southwood LL. Long-term study of partial arytenoidectomy with primary mucosal closure in 76 Thoroughbred racehorses (1992-2006). Equine Vet J. 2008; 40(3): 214-218.この研究論文では、馬の上部気道疾患(Upper airway disorders)に有用な外科的療法を検討するため、1992~2006年に...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Henderson et al. 2007)

    文献 - 2020/07/24

    「内視鏡を介してのレーザー補助的声嚢声帯切除術による馬の左側喉頭片麻痺の治療:1999~2005年の22症例」Henderson CE, Sullins KE, Brown JA. Transendoscopic, laser-assisted ventriculocordectomy for treatment of left laryngeal hemiplegia in horses: 22 cases (1999-2005). J Am Vet Med Assoc. 2007; 231(12): 1868-1872.この研究論文では、馬の喉頭片麻痺(Laryngeal hemiplegia)に有用な外科的療法を検討するため、...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Taylor et al. 2006)

    文献 - 2020/07/22

    「反回喉頭神経障害に対する単独治療としての声嚢声帯切除術:92頭の馬の長期結果」Taylor SE, Barakzai SZ, Dixon P. Ventriculocordectomy as the sole treatment for recurrent laryngeal neuropathy: long-term results from ninety-two horses. Vet Surg. 2006; 35(7): 653-657.この研究論文では、馬の反回喉頭神経障害(Recurrent laryngeal neuropathy)に有用な外科的療法を検討するため、1985~2005年にかけて、安静時の...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Radcliffe et al. 2006)

    文献 - 2020/07/21

    「運動時の馬の喉頭片麻痺に対する喉頭形成術と披裂軟骨部分切除術変法による治療の比較」Radcliffe CH, Woodie JB, Hackett RP, Ainsworth DM, Erb HN, Mitchell LM, Soderholm LV, Ducharme NG. A comparison of laryngoplasty and modified partial arytenoidectomy as treatments for laryngeal hemiplegia in exercising horses. Vet Surg. 2006; 35(7): 643-652.この研究論文では、馬の喉頭片麻痺(Laryngeal hemiplegia)に...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Robinson et al. 2006)

    文献 - 2020/07/20

    「馬の喉頭片麻痺に対するレーザー補助による片側性声嚢声帯切除術の効果」Robinson P, Derksen FJ, Stick JA, Sullins KE, DeTolve PG, Robinson NE. Effects of unilateral laser-assisted ventriculocordectomy in horses with laryngeal hemiplegia. Equine Vet J. 2006; 38(6): 491-496.この研究論文では、馬の喉頭片麻痺(Laryngeal hemiplegia)に有用な外科的療法を検討するため、六頭のスタンダードブレッドを用いて、実...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Scherzer et al. 2005)

    文献 - 2020/07/18

    「犬の前十字靭帯整復システムを用いての馬の喉頭形成術」Scherzer S, Hainisch EK. Evaluation of a canine cranial cruciate ligament repair system for use in equine laryngoplasty. Vet Surg. 2005; 34(6): 548-553.この研究論文では、馬の喉頭片麻痺(Laryngeal hemiplegia)に有用な外科的療法を検討するため、五頭の健常馬から採取した喉頭組織に対して、犬の前十字靭帯整復システム(Canine cranial cruciate ligament r...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Barnes et al. 2004)

    文献 - 2020/07/17

    「27頭のサラブレッド競走馬における粘膜閉鎖なしの披裂軟骨部分切除術後の競走能力」Barnes AJ, Slone DE, Lynch TM. Performance after partial arytenoidectomy without mucosal closure in 27 Thoroughbred racehorses. Vet Surg. 2004; 33(4): 398-403.この研究論文では、馬の喉頭片麻痺(Laryngeal hemiplegia)に有用な外科的療法を検討するため、1992~2002年にかけて、安静時の内視鏡検査(Endoscopy)によって喉頭片麻痺...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Brown et al. 2004)

    文献 - 2020/07/15

    「喉頭片麻痺の罹患馬における呼吸器雑音減退への喉頭形成術の効果」Brown JA, Derksen FJ, Stick JA, Hartmann WM, Robinson NE. Effect of laryngoplasty on respiratory noise reduction in horses with laryngeal hemiplegia. Equine Vet J. 2004; 36(5): 420-425.この研究論文では、馬の喉頭片麻痺(Laryngeal hemiplegia)に有用な外科的療法を検討するため、六頭のスタンダードブレッドを用いて、実験前と、左側喉頭神経切...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Kraus et al. 2003)

    文献 - 2020/07/14

    「104頭の重種馬に対する喉頭形成術と声嚢切除術および声嚢声帯切除術(1992~2000年)」Kraus BM, Parente EJ, Tulleners EP. Laryngoplasty with ventriculectomy or ventriculocordectomy in 104 draft horses (1992-2000). Vet Surg. 2003; 32(6): 530-538.この研究論文では、馬の喉頭片麻痺(Laryngeal hemiplegia)に有用な外科的療法を検討するため、1992~2000年にかけて、喉頭形成術(Laryngoplasty)に声嚢切除術(Ventr...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Brown et al. 2003)

    文献 - 2020/07/13

    「声嚢声帯切除術は馬の喉頭片麻痺における呼吸器雑音を減少させる」Brown JA, Derksen FJ, Stick JA, Hartmann WM, Robinson NE. Ventriculocordectomy reduces respiratory noise in horses with laryngeal hemiplegia. Equine Vet J. 2003; 35(6): 570-574.この研究論文では、馬の喉頭片麻痺(Laryngeal hemiplegia)に有用な外科的療法を検討するため、六頭の健常馬を用いて、実験前と、左側喉頭神経切除術(Left recurrent la...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Dixon et al. 2003b)

    文献 - 2020/07/11

    「200頭の混血高齢馬郡における喉頭形成術および声嚢声帯切除術の長期的調査。パート2:手術の価値に対する馬主の評価」Dixon RM, McGorum BC, Railton DI, Hawe C, Tremaine WH, Dacre K, McCann J. Long-term survey of laryngoplasty and ventriculocordectomy in an older, mixed-breed population of 200 horses. Part 2: Owners' assessment of the value of surgery. Equine Vet J. 2003; 35(4): 397-401.この研究論文では...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Dixon et al. 2003a)

    文献 - 2020/07/09

    「200頭の混血高齢馬郡における喉頭形成術および声嚢声帯切除術の長期的調査。パート1:披裂軟骨の外科的外転の維持および手術後の合併症」Dixon RM, McGorum BC, Railton DI, Hawe C, Tremaine WH, Dacre K, McCann J. Long-term survey of laryngoplasty and ventriculocordectomy in an older, mixed-breed population of 200 horses. Part 1: Maintenance of surgical arytenoid abduction and complications of surgery. Equ...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Jansson et al. 2000)

    文献 - 2020/07/08

    「馬の喉頭片麻痺の治療のための喉頭形成術、喉頭形成術と声帯固定術の併用、声帯固定術の体外比較」Jansson N, Ducharme NG, Hackett RP, Mohammed HO. An in vitro comparison of cordopexy, cordopexy and laryngoplasty, and laryngoplasty for treatment of equine laryngeal hemiplegia. Vet Surg. 2000; 29(4): 326-334.この研究論文では、馬の喉頭片麻痺(Laryngeal hemiplegia)に有用な外科的療法を検討するため、二十頭...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Schumacher et al. 2000)

    文献 - 2020/07/07

    「馬の反回神経障害の治療のための新型喉頭形成術の体外試験」Schumacher J, Wilson AM, Pardoe C, Easter JL. In vitro evaluation of a novel prosthesis for laryngoplasty of horses with recurrent laryngeal neuropathy. Equine Vet J. 2000; 32(1): 43-46.この研究論文では、馬の反回神経障害(Recurrent laryngeal neuropathy)に有用な外科的療法を検討するため、十五頭の健常馬から採取した喉頭組織を用いて、片側にはポ...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Strand et al. 2000)

    文献 - 2020/07/06

    「喉頭神経障害の治療のために人工喉頭形成術が行われたサラブレッドにおける生涯競走能力:1981~1989年の52症例」Strand E, Martin GS, Haynes PF, McClure JR, Vice JD. Career racing performance in Thoroughbreds treated with prosthetic laryngoplasty for laryngeal neuropathy: 52 cases (1981-1989). J Am Vet Med Assoc. 2000; 217(11): 1689-1696.この研究論文では、馬の喉頭神経障害(Laryngeal neuropathy)に有用...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Hawkins et al. 1997)

    文献 - 2020/07/05

    「喉頭形成術のみ及び声嚢切除術の併用による230頭の競走馬における喉頭片麻痺の治療」Hawkins JF, Tulleners EP, Ross MW, Evans LH, Raker CW. Laryngoplasty with or without ventriculectomy for treatment of left laryngeal hemiplegia in 230 racehorses. Vet Surg. 1997; 26(6): 484-491.この研究論文では、馬の喉頭片麻痺(Laryngeal hemiplegia)に有用な外科的療法を検討するため、1986~1993年にかけて、安静時の内視...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Tetens et al. 1996)

    文献 - 2020/07/04

    「馬の喉頭片麻痺の治療のための両側性声嚢声帯切除術の併用ありなしでの人工喉頭形成術の治療効果」Tetens J, Derksen FJ, Stick JA, Lloyd JW, Robinson NE. Efficacy of prosthetic laryngoplasty with and without bilateral ventriculocordectomy as treatments for laryngeal hemiplegia in horses. Am J Vet Res. 1996; 57(11): 1668-1673.この研究論文では、馬の喉頭片麻痺(Laryngeal hemiplegia)に有用な外科的療法を検...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Lumsden et al. 1994)

    文献 - 2020/07/03

    「披裂軟骨部分摘出術による馬の喉頭片麻痺の治療」Lumsden JM, Derksen FJ, Stick JA, Robinson NE, Nickels FA. Evaluation of partial arytenoidectomy as a treatment for equine laryngeal hemiplegia. Equine Vet J. 1994; 26(2): 125-129.この研究論文では、馬の喉頭片麻痺(Laryngeal hemiplegia)に有用な外科的療法を検討するため、六頭の健常なスタンダードブレッドを用いて、左側喉頭神経切除(Left recurrent larynge...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Russell et al. 1994)

    文献 - 2020/07/02

    「馬の喉頭片麻痺に対する人工喉頭形成術および両側性声嚢切除術の後の能力解析:1986~1991年の70症例」Russell AP, Slone DE. Performance analysis after prosthetic laryngoplasty and bilateral ventriculectomy for laryngeal hemiplegia in horses: 70 cases (1986-1991). J Am Vet Med Assoc. 1994; 204(8): 1235-1241.この研究論文では、馬の喉頭片麻痺(Laryngeal hemiplegia)に対する外科的療法の治療効果を検討するた...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Hay et al. 1993)

    文献 - 2020/07/01

    「喉頭外アプローチによる馬の披裂軟骨部分摘出術」Hay WP, Tulleners EP, Ducharme NG. Partial arytenoidectomy in the horse using an extralaryngeal approach. Vet Surg. 1993; 22(1): 50-56.この研究論文では、馬の喉頭片麻痺(Laryngeal hemiplegia)に有用な外科的療法を検討するため、七頭の健常な実験馬を用いて、左側喉頭神経切除(Left recurrent laryngeal neurectomy)によって喉頭片麻痺を誘導した後、喉頭外アプロ...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Fulton et al. 1991)

    文献 - 2020/06/27

    「神経筋接合根部移植によるスタンダードブレッドの左側喉頭片麻痺の治療」Fulton IC, Derksen FJ, Stick JA, Robinson NE, Walshaw R. Treatment of left laryngeal hemiplegia in standardbreds, using a nerve muscle pedicle graft. Am J Vet Res. 1991; 52(9): 1461-1467.この研究論文では、馬の喉頭片麻痺(Laryngeal hemiplegia)に有用な外科的療法を検討するため、七頭の健常なスタンダードブレッドを用いて、左側喉頭神...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Bohanon et al. 1990)

    文献 - 2020/06/26

    「重種馬の喉頭片麻痺:27症例の調査」Bohanon TC, Beard WL, Robertson JT. Laryngeal hemiplegia in draft horses. A review of 27 cases. Vet Surg. 1990; 19(6): 456-459.この研究論文では、重種馬(Draft horses)の喉頭片麻痺(Laryngeal hemiplegia)の病態解明と、有用な外科的療法を検討するため、1973~1987年にかけて、臨床症状(Clinical signs)および内視鏡検査(Endoscopy)によって、喉頭片麻痺の確定診断(Defini...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Williams et al. 1990)

    文献 - 2020/06/24

    「左側喉頭神経切除、人工喉頭形成術、披裂軟骨亜全摘出術が最大労作時の上部気道圧に及ぼす影響」Williams JW, Pascoe JR, Meagher DM, Hornof WJ. Effects of left recurrent laryngeal neurectomy, prosthetic laryngoplasty, and subtotal arytenoidectomy on upper airway pressure during maximal exertion. Vet Surg. 1990; 19(2): 136-141.この研究論文では、馬の喉頭片麻痺(Laryngeal hemiplegia)に有用な外科的療法を...

  • 馬の文献:軟口蓋背方変位(Allen et al. 2013)

    文献 - 2020/06/22

    「サラブレッド競走馬の口蓋不安定性の特徴および軟口蓋背方変位の発症への関与」Allen K, Franklin S. Characteristics of palatal instability in Thoroughbred racehorses and their association with the development of dorsal displacement of the soft palate. Equine Vet J. 2013; 45(4): 454-459.この研究論文では、馬の軟口蓋背方変位(Dorsal displacement of soft palate)の病因論を解明するため、72頭におけるサラブ...

  • 馬の文献:軟口蓋背方変位(Rossignol et al. 2012)

    文献 - 2020/06/21

    「馬の軟口蓋背方変位の治療のための金属インプラントを用いた喉頭Tie-forward手術変法」Rossignol F, Ouachee E, Boening KJ. A Modified Laryngeal Tie-Forward Procedure Using Metallic Implants for Treatment of Dorsal Displacement of the Soft Palate in Horses. Vet Surg. 2012; 41(6): 685-658.この研究論文では、馬の軟口蓋背方変位(Dorsal displacement of soft palate)に対する有用な外科的療法を検討するため、安...

≪前のページ≪   1ページ/10ページ   ≫次のページ≫

プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: 40代
住所: 神奈川県
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

ブログメニュー

推薦書籍

FC2カウンター

リンク

関連サイト

検索エンジン

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
198位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
25位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

関連サイト

QRコード

QR