fc2ブログ
RSS

2015年09月のエントリー一覧

  • 馬の文献:網嚢孔捕捉(Vachon et al. 1995)

    文献 - 2015/09/30

    「網嚢孔における小腸ヘルニア:1987~1993年の53症例」Vachon AM, Fischer AT. Small intestinal herniation through the epiploic foramen: 53 cases (1987-1993). Equine Vet J. 1995; 27(5): 373-380.この症例論文では、馬の網嚢孔(Epiploic foramen)における小腸ヘルニア(Small intestinal herniation)の外科治療効果と予後に関わる因子を発見するため、1987~1993年にわたる53頭の網嚢孔捕捉(Epiploic foramen entrapme...

  • 馬の文献:網嚢孔捕捉(Engelbert et al. 1993)

    文献 - 2015/09/30

    「網嚢孔による小腸嵌頓:1983~1992年の19症例」Engelbert TA, Tate LP Jr, Bowman KF, Bristol DG. Incarceration of the small intestine in the epiploic foramen. Report of 19 cases (1983-1992). Vet Surg. 1993; 22(1): 57-61.この症例論文では、馬の網嚢孔(Epiploic foramen)による小腸嵌頓(Small intestinal incarceration)の病態、外科治療効果、およびその予後を評価するため、1983~1992年にわたる19頭の網嚢孔捕...

  • 馬の文献:網嚢孔捕捉(Turner et al. 1984)

    文献 - 2015/09/30

    「馬の網嚢孔に起因する小腸嵌頓」Turner TA, Adams SB, White NA. Small intestine incarceration through the epiploic foramen of the horse. J Am Vet Med Assoc. 1984; 184(6): 731-734.この症例論文では、馬の小腸が網嚢孔(Epiploic foramen)を通過することで生じる小腸嵌頓(Small intestinal incarceration)の病態を評価するため、15頭の網嚢孔捕捉(Epiploic foramen entrapment)の罹患馬の医療記録(Medical records...

  • 馬の文献:回腸便秘(Fleming et al. 2011)

    文献 - 2015/09/29

    「245頭の馬の回腸便秘:1995~2007年」Fleming K, Mueller PO. Ileal impaction in 245 horses: 1995-2007. Can Vet J. 2011; 52(7): 759-763.この症例論文では、馬の回腸便秘(Ileal impaction)に対する内科的および外科的療法の選択基準、およびその治療効果を評価するため、1995~2007年にかけて、回腸便秘を呈した245頭の患馬の、医療記録(Medical records)の回顧的解析(Retrospective analysis)が行われました。この症...

  • 馬の文献:回腸便秘(Little et al. 2002)

    文献 - 2015/09/29

    「外科疝痛馬における回腸便秘の発病因子:1986~2000年の78症例」Little D, Blikslager AT. Factors associated with development of ileal impaction in horses with surgical colic: 78 cases (1986-2000). Equine Vet J. 2002; 34(5): 464-468.この症例論文では、外科疝痛馬における回腸便秘(Ileal impaction)の発病に関与する因子を発見するため、1986~2000年における78頭の回腸便秘の罹患馬の医療記録(Medical records)...

  • 馬の文献:回腸便秘(Hanson et al. 1998)

    文献 - 2015/09/28

    「馬の回腸便秘の外科的整復:28症例」Hanson RR, Wright JC, Schumacher J, Baird AN, Humburg J, Pugh DG. Surgical reduction of ileal impactions in the horse: 28 cases. Vet Surg. 1998; 27(6): 555-560.この症例論文では、馬の回腸便秘(Ileal impaction)に対する、外科的療法の治療効果を評価するため、1988~1993年における28頭の回腸便秘の罹患馬の医療記録(Medical records)の回顧的解析(Retrospective analysis)...

  • 馬の文献:回腸便秘(Proudman et al. 1998)

    文献 - 2015/09/28

    「条虫感染は馬の回腸便秘および痙攣疝の有意な危険因子である」Proudman CJ, French NP, Trees AJ. Tapeworm infection is a significant risk factor for spasmodic colic and ileal impaction colic in the horse. Equine Vet J. 1998; 30(3): 194-199.この症例論文では、馬の回腸便秘(Ileal impaction)および痙攣疝(Spasmodic colic)の発症に対する、条虫感染(Tapeworm infection)の関与を評価する目的で、20頭の回腸便...

  • 馬の文献:回腸便秘(Hanson et al. 1996)

    文献 - 2015/09/28

    「馬の回腸便秘に対する内科的治療:1990~1994年の10症例」Hanson RR, Schumacher J, Humburg J, Dunkerley SC. Medical treatment of horses with ileal impactions: 10 cases (1990-1994). J Am Vet Med Assoc. 1996; 208(6): 898-900.この症例論文では、馬の回腸便秘(Ileal impaction)に対する内科療法の治療効果を評価するため、1990~1994年における10頭の回腸便秘の罹患馬の医療記録(Medical records)の解析が行われま...

  • 馬の文献:回腸便秘(Parks et al. 1989)

    文献 - 2015/09/27

    「馬の回腸便秘:75症例」Parks AH, Doran RE, White NA, Allen D, Baxter GM. Ileal impaction in the horse: 75 cases. Cornell Vet. 1989; 79(1): 83-91.この症例論文では、馬の回腸便秘(Ileal impaction)に対する外科療法の治療効果、およびその予後に関与する因子を評価するため、1980~1987年における75頭の回腸便秘の罹患馬の医療記録(Medical records)の回顧的解析(Retrospective analysis)が行われました。結果と...

  • 馬の文献:回腸便秘(Embertson et al. 1985)

    文献 - 2015/09/27

    「馬の回腸便秘」Embertson RM, Colahan PT, Brown MP, Peyton LC, Schneider RK, Granstedt ME. Ileal impaction in the horse. J Am Vet Med Assoc. 1985; 186(6): 570-572.この症例論文では、馬の回腸便秘(Ileal impaction)の症状、診断法、外科療法の治療効果、およびその予後を評価するため、1979~1982年における12頭の回腸便秘の罹患馬の医療記録(Medical records)の解析が行われました。この研究では、174頭の全疝痛来...

  • 馬の文献:十二指腸近位空腸炎(Underwood et al. 2008)

    文献 - 2015/09/26

    「馬の十二指腸近位空腸炎における内科的および外科的治療による合併症と生存率」Underwood C, Southwood LL, McKeown LP, Knight D. Complications and survival associated with surgical compared with medical management of horses with duodenitis-proximal jejunitis. Equine Vet J. 2008; 40(4): 373-378.この症例論文では、馬の十二指腸近位空腸炎(Duodenitis-proximal jejunitis)における、内科的および外科的治療によ...

  • 馬の文献:十二指腸近位空腸炎(Cohen et al. 2006)

    文献 - 2015/09/26

    「十二指腸近位空腸炎と給餌様式には関係があるのか?」Cohen ND, Toby E, Roussel AJ, Murphey EL, Wang N. Are feeding practices associated with duodenitis-proximal jejunitis? Equine Vet J. 2006; 38(6): 526-531.この症例論文では、馬の十二指腸近位空腸炎(Duodenitis-proximal jejunitis)の発症に、給餌様式(Feeding practices)の違いが関与しているのか否かを評価するため、70頭の十二指腸近位空腸炎の罹患馬の診療...

  • 馬の文献:十二指腸近位空腸炎(Arroyo et al. 2006)

    文献 - 2015/09/25

    「馬の十二指腸近位空腸炎の病原としてのClostridium difficile菌の可能性」Arroyo LG, Stämpfli HR, Weese JS. Potential role of Clostridium difficile as a cause of duodenitis-proximal jejunitis in horses. J Med Microbiol. 2006; 55(5): 605-608.この症例論文では、馬の十二指腸近位空腸炎(Duodenitis-proximal jejunitis)の発症に、Clostridium difficile菌が関与するか否かを評価するため、10頭の十二指腸近位空腸炎...

  • 馬の文献:十二指腸近位空腸炎(Cohen et al. 1994)

    文献 - 2015/09/25

    「十二指腸近位空腸炎の罹患馬における蹄葉炎の有病率と発病因子:1985~1991年の33症例」Cohen ND, Parson EM, Seahorn TL, Carter GK. Prevalence and factors associated with development of laminitis in horses with duodenitis/proximal jejunitis: 33 cases (1985-1991). J Am Vet Med Assoc. 1994; 204(2): 250-254.この症例論文では、馬の十二指腸近位空腸炎(Duodenitis-proximal jejunitis)の罹患馬における蹄葉炎(L...

  • 馬の文献:十二指腸近位空腸炎(Seahorn et al. 1992)

    文献 - 2015/09/24

    「馬の十二指腸近位空腸炎における予後判定指標:1985~1989年の75症例」Seahorn TL, Cornick JL, Cohen ND. Prognostic indicators for horses with duodenitis-proximal jejunitis. 75 horses (1985-1989). J Vet Intern Med. 1992; 6(6): 307-311.この症例論文では、馬の十二指腸近位空腸炎(Duodenitis-proximal jejunitis)における予後判定のための指標(Prognostic indicators)を発見するため、1985~1989年における75頭の...

  • 馬の文献:十二指腸近位空腸炎(Cornick et al. 1990)

    文献 - 2015/09/24

    「馬の十二指腸近位空腸炎における心不整脈:1985~1988年の六症例」Cornick JL, Seahorn TL. Cardiac arrhythmias identified in horses with duodenitis/proximal jejunitis: six cases (1985-1988). J Am Vet Med Assoc. 1990; 197(8): 1054-1059.この症例論文では、心不整脈(Cardiac arrhythmia)を呈した六頭の十二指腸近位空腸炎(Duodenitis-proximal jejunitis)の罹患馬における、臨床所見、血液検査所見、剖検所見など...

  • 馬の文献:十二指腸近位空腸炎(Johnston et al. 1987)

    文献 - 2015/09/24

    「馬の十二指腸近位空腸炎と小腸通過障害の比較:1977~1985年の68症例」Johnston JK, Morris DD. Comparison of duodenitis/proximal jejunitis and small intestinal obstruction in horses: 68 cases (1977-1985). J Am Vet Med Assoc. 1987; 191(7): 849-854.この症例論文では、類似症状を示すことの多い、馬の十二指腸近位空腸炎(Duodenitis-proximal jejunitis)と小腸通過障害(Small intestinal obstruction)における、...

  • 馬の文献:内毒素血症(Fugler et al. 2011)

    文献 - 2015/09/23

    「LPS経静脈点滴およびMMP抑制剤治療の馬における血漿MMP活性」Fugler LA, Eades SC, Moore RM, Koch CE, Keowen ML. Plasma matrix metalloproteinase activity in horses after intravenous infusion of lipopolysaccharide and treatment with matrix metalloproteinase inhibitors. Am J Vet Res. 2013; 74(3): 473-480.この研究論文では、馬の内毒素血症(Endotoxemia)の治療薬として、マトリックスメタロプロテイナーゼ(Ma...

  • 馬の文献:内毒素血症(Senior et al. 2011)

    文献 - 2015/09/23

    「馬の委託病院に来院した馬症例の血漿内毒素濃度:選別臨床指標と治療成績の相関」Senior JM, Proudman CJ, Leuwer M, Carter SD. Plasma endotoxin in horses presented to an equine referral hospital: correlation to selected clinical parameters and outcomes. Equine Vet J. 2011; 43(5): 585-591.この症例論文では、内毒素血症(Endotoxemia)が馬症例の予後に影響するか否かを検証するため、委託病院(Referral hospita...

  • 馬の文献:内毒素血症(Toth et al. 2010)

    文献 - 2015/09/23

    「馬の内毒素誘発性のブドウ糖とインスリンの動態変化に対するデキサメサゾンおよびレボチロキシンの前処置効果」Tóth F, Frank N, Geor RJ, Boston RC. Effects of pretreatment with dexamethasone or levothyroxine sodium on endotoxin-induced alterations in glucose and insulin dynamics in horses. Am J Vet Res. 2010; 71(1): 60-68.この研究論文では、馬の内毒素誘発性(Endotoxin-induced)のブドウ糖とインスリン動態...

  • 馬の文献:内毒素血症(Barton et al. 2004)

    文献 - 2015/09/22

    「ポリミキシンBは内毒素血症の馬の保護作用がある」Barton MH, Parviainen A, Norton N. Polymyxin B protects horses against induced endotoxaemia in vivo. Equine Vet J. 2004; 36(5): 397-401.この研究論文では、馬の内毒素血症(Endotoxemia)に対するポリミキシンB(Polymyxin B)の治療効果を評価するため、24頭の実験馬において、リポ多糖類(Lipopolysaccharide)の投与によって実験的な内毒素血症状態(Experimental e...

  • 馬の文献:内毒素血症(Bentley et al. 2002)

    文献 - 2015/09/22

    「子馬の敗血症モデルにおける抗生物質誘導性の内毒素とサイトカイン活性」Bentley AP, Barton MH, Lee MD, Norton NA, Moore JN. Antimicrobial-induced endotoxin and cytokine activity in an in vitro model of septicemia in foals. Am J Vet Res. 2002; 63(5): 660-668.この研究論文では、子馬の敗血症(Septicemia)における、抗生物質誘導性の内毒素(Antimicrobial-induced endotoxin)とそれに起因するサイトカイン活性...

  • 馬の文献:内毒素血症(MacKay et al. 1999)

    文献 - 2015/09/22

    「実験的に誘導した馬の内毒素血症に対するポリミキシンB抱合体の治療効果」MacKay RJ, Clark CK, Logdberg L, Lake P. Effect of a conjugate of polymyxin B-dextran 70 in horses with experimentally induced endotoxemia. Am J Vet Res. 1999; 60(1): 68-75.この研究論文では、馬の内毒素血症(Endotoxemia)に対する、ポリミキシンBとデキストラン70の抱合体(Conjugate of polymyxin B-dextran 70)の治療効果を評価するた...

  • 馬の文献:内毒素血症(Barton et al. 1997)

    文献 - 2015/09/21

    「内毒素暴露された馬に対するペントキシフィリン点滴の治療効果」Barton MH, Moore JN, Norton N. Effects of pentoxifylline infusion on response of horses to in vivo challenge exposure with endotoxin. Am J Vet Res. 1997; 58(11): 1300-1307.この研究論文では、馬の内毒素血症(Endotoxemia)に対する、ペントキシフィリン点滴(Pentoxifylline infusion)の治療効果を評価するため、24頭の実験馬において、ペントキシフ...

  • 馬の文献:内毒素血症(Durando et al. 1994)

    文献 - 2015/09/21

    「内毒素が経静脈投与された馬に対するポリミキシンBおよびサルモネラ抗血清の治療効果」Durando MM, MacKay RJ, Linda S, Skelley LA. Effects of polymyxin B and Salmonella typhimurium antiserum on horses given endotoxin intravenously. Am J Vet Res. 1994; 55(7): 921-927.この研究論文では、馬の内毒素血症(Endotoxemia)に対するポリミキシンB(Polymyxin B)およびサルモネラ抗血清(Salmonella typhimurium antiser...

  • 馬の文献:内毒素血症(Semrad et al. 1987)

    文献 - 2015/09/20

    「低濃度のフルニキシン・メグルミン:実験的な内毒素血症の馬における臨床症状およびエイコサノイド産生への影響」Semrad SD, Hardee GE, Hardee MM, Moore JN. Low dose flunixin meglumine: effects on eicosanoid production and clinical signs induced by experimental endotoxaemia in horses. Equine Vet J. 1987; 19(3): 201-206.この研究論文では、馬の内毒素血症(Endotoxemia)に対するフルニキシン・メグルミン(Flun...

  • 馬の文献:内毒素血症(Moore et al. 1986)

    文献 - 2015/09/20

    「内毒素血症の馬におけるアラキドン酸代謝調節:フルニキシン・メグルミン、フェニルブタゾン、トロンボキサン合成酵素選択抑制剤の比較」Moore JN, Hardee MM, Hardee GE. Modulation of arachidonic acid metabolism in endotoxic horses: comparison of flunixin meglumine, phenylbutazone, and a selective thromboxane synthetase inhibitor. Am J Vet Res. 1986; 47(1): 110-113.この研究論文では、馬の内毒素血症(Endoto...

  • 馬の文献:胃潰瘍(Sykes et al. 2015)

    文献 - 2015/09/19

    「馬の胃潰瘍症候群の治療のためのオメプラゾールの二種類の投与濃度の比較:盲検かつ無作為の濃度比例臨床試験」Sykes BW, Sykes KM, Hallowell GD. A comparison of three doses of omeprazole in the treatment of equine gastric ulcer syndrome: A blinded, randomised, dose-response clinical trial. Equine Vet J. 2015; 47(3): 285-290.この研究論文では、馬の胃潰瘍症候群(Gastric ulcer syndrome)に対するオメプラゾ...

  • 馬の文献:胃潰瘍(Sykes et al. 2014)

    文献 - 2015/09/19

    「馬の胃潰瘍症候群の治療のためのオメプラゾールの二種類の投与濃度の比較:盲検かつ無作為の臨床試験」Sykes BW, Sykes KM, Hallowell GD. A comparison of two doses of omeprazole in the treatment of equine gastric ulcer syndrome: a blinded, randomised, clinical trial. Equine Vet J. 2014; 46(4): 416-421.この研究論文では、馬の胃潰瘍症候群(Gastric ulcer syndrome)に対するオメプラゾールの治療効果を検討する...

  • 馬の文献:胃潰瘍(Videla et al. 2011)

    文献 - 2015/09/19

    「エソメプラゾールの経静脈投与が成馬の胃内pHに及ぼす影響」Videla R, Sommardahl CS, Elliott SB, Vasili A, Andrews FM. Effects of intravenously administered esomeprazole sodium on gastric juice pH in adult female horses. J Vet Intern Med. 2011; 25(3): 558-562.この研究論文では、馬の胃潰瘍(Gastric ulceration)に対する有用な治療法を検討するため、八頭のメス成馬(Adult female horses)にエソメプラゾール...

  • 馬の文献:胃潰瘍(Nieto et al. 2009)

    文献 - 2015/09/18

    「馬の胃潰瘍が運動への生理学的反応に及ぼす影響」Nieto JE, Snyder JR, Vatistas NJ, Jones JH. Effect of gastric ulceration on physiologic responses to exercise in horses. Am J Vet Res. 2009; 70(6): 787-795.この研究論文では、馬の胃潰瘍(Gastric ulceration)が運動への生理学的反応(Physiologic responses to exercise)(=馬の競走能力の指標)にどのような影響を及ぼすかを検証するため、二十頭の実験馬を競走...

  • 馬の文献:胃潰瘍(Husted et al. 2008)

    文献 - 2015/09/18

    「厩舎飼いまたはパドック飼い環境が馬の近位側および腹側の胃内pHに及ぼす影響」Husted L, Sanchez LC, Olsen SN, Baptiste KE, Merritt AM. Effect of paddock vs. stall housing on 24 hour gastric pH within the proximal and ventral equine stomach. Equine Vet J. 2008; 40(4): 337-341.この研究論文では、厩舎飼い(Stall housing)の飼養環境が、馬の胃潰瘍(Gastric ulceration)の発症における危険因子(Risk factor)...

  • 馬の文献:胃潰瘍(Javsicas et al. 2008)

    文献 - 2015/09/17

    「病気の新生児期子馬の胃内pHに対するオメプラゾールの効果」Javsicas LH, Sanchez LC. The effect of omeprazole paste on intragastric pH in clinically ill neonatal foals. Equine Vet J. 2008; 40(1): 41-44.この研究論文では、病気の新生児期の子馬(Ill neonatal foal)の胃潰瘍(Gastric ulceration)におけるオメプラゾールの治療効果を評価するため、1~3日齢の八頭の病気の子馬に対して、オメプラゾールの経口投与が...

  • 馬の文献:胃潰瘍(Lester et al. 2005)

    文献 - 2015/09/17

    「サラブレッド競走馬の扁平上皮部胃潰瘍に対するオメプラゾールおよびラニチジンの治療効果」Lester GD, Smith RL, Robertson ID. Effects of treatment with omeprazole or ranitidine on gastric squamous ulceration in racing Thoroughbreds. J Am Vet Med Assoc. 2005; 227(10): 1636-1639.この研究論文では、サラブレッド競走馬におけるオメプラゾールおよびラニチジンによる扁平上皮部胃潰瘍(Gastric squamous ulceration...

  • 馬の文献:胃潰瘍(McClure et al. 2005b)

    文献 - 2015/09/16

    「調教中の競走馬におけるオメプラゾールによる胃潰瘍の再発予防効果」McClure SR, White GW, Sifferman RL, Bernard W, Hughes FE, Holste JE, Fleishman C, Alva R, Cramer LG. Efficacy of omeprazole paste for prevention of recurrence of gastric ulcers in horses in race training. J Am Vet Med Assoc. 2005; 226(10): 1685-1688.この研究論文では、調教中の競走馬におけるオメプラゾールによる胃潰瘍(Gastric ulcerati...

  • 馬の文献:胃潰瘍(McClure et al. 2005a)

    文献 - 2015/09/16

    「調教中の競走馬におけるオメプラゾールによる胃潰瘍の予防効果」McClure SR, White GW, Sifferman RL, Bernard W, Doucet MY, Vrins A, Holste JE, Fleishman C, Alva R, Cramer LG. Efficacy of omeprazole paste for prevention of gastric ulcers in horses in race training. J Am Vet Med Assoc. 2005; 226(10): 1681-1684.この研究論文では、調教中の競走馬におけるオメプラゾールによる胃潰瘍(Gastric ulceration)の予...

  • 馬の文献:胃潰瘍(Sanchez et al. 2004)

    文献 - 2015/09/16

    「健康な新生児期の子馬の胃内pHに対するオメプラゾールの効果」Sanchez LC, Murray MJ, Merritt AM. Effect of omeprazole paste on intragastric pH in clinically normal neonatal foals. Am J Vet Res. 2004; 65(8): 1039-1041.この研究論文では、新生児期の子馬(Neonatal foal)の胃潰瘍(Gastric ulceration)におけるオメプラゾールの治療効果を推測するため、5~14日齢の六頭の健康な子馬に対して、オメプラゾールの経口...

  • 馬の文献:胃潰瘍(Orsini et al. 2003)

    文献 - 2015/09/15

    「抗潰瘍薬が投与されている競走馬における中程度または重度の胃潰瘍発症の可能性」Orsini JA, Haddock M, Stine L, Sullivan EK, Rabuffo TS, Smith G. Odds of moderate or severe gastric ulceration in racehorses receiving antiulcer medications. J Am Vet Med Assoc. 2003; 223(3): 336-339.この症例論文では、抗潰瘍薬(Antiulcer medications)による馬の胃潰瘍(Gastric ulceration)の予防効果を評価するため、スクラ...

  • 馬の文献:胃潰瘍(Merritt et al. 2003)

    文献 - 2015/09/15

    「成馬においてガストロガードおよびオメプラゾール経口配合剤が24時間で胃内pHに及ぼす影響」Merritt AM, Sanchez LC, Burrow JA, Church M, Ludzia S. Effect of GastroGard and three compounded oral omeprazole preparations on 24 h intragastric pH in gastrically cannulated mature horses. Equine Vet J. 2003; 35(7): 691-695.この研究論文では、市販および配合オメプラゾール製剤による、馬の胃潰瘍(Gastric ulcerati...

  • 馬の文献:胃潰瘍(Dionne et al. 2003)

    文献 - 2015/09/15

    「スタンダードブレッド競走馬の胃潰瘍:有病率、病巣形態、危険因子」Dionne RM, Vrins A, Doucet MY, Paré J. Gastric ulcers in standardbred racehorses: prevalence, lesion description, and risk factors. J Vet Intern Med. 2003; 17(2): 218-222.この症例論文では、スタンダードブレッド競走馬の胃潰瘍(Gastric ulceration)における、有病率(Prevalence)、病巣形態(Lesion description)、および胃潰瘍発症に関与す...

  • 馬の文献:胃潰瘍(Nieto et al. 2002)

    文献 - 2015/09/14

    「調教中の競走馬の胃潰瘍に対するペースト状および懸濁液状のオメプラゾール製剤の治療効果の比較」Nieto JE, Spier S, Pipers FS, Stanley S, Aleman MR, Smith DC, Snyder JR. Comparison of paste and suspension formulations of omeprazole in the healing of gastric ulcers in racehorses in active training. J Am Vet Med Assoc. 2002; 221(8): 1139-1143.この研究論文では、調教中の競走馬の胃潰瘍(Gastric ulceration...

  • 馬の文献:胃潰瘍(Murray et al. 2001)

    文献 - 2015/09/14

    「馬の胃噴門および胃幽門の内視鏡所見:1996~2000年の162症例」Murray MJ, Nout YS, Ward DL. Endoscopic findings of the gastric antrum and pylorus in horses: 162 cases (1996-2000). J Vet Intern Med. 2001; 15(4): 401-406.この症例論文では、馬の胃潰瘍(Gastric ulceration)の診断における適切な内視鏡検査(Endoscopy)の手法を検証するため、1996~2000年において胃内視鏡検査が実施された、162頭の胃潰瘍の罹患馬...

  • 馬の文献:胃潰瘍(Sandin et al. 2000)

    文献 - 2015/09/14

    「一歳齢以上のスウェーデンホースにおける胃潰瘍の剖検結果:1924~1996年の3715症例の回顧的調査」Sandin A, Skidell J, Häggström J, Nilsson G. Postmortem findings of gastric ulcers in Swedish horses older than age one year: a retrospective study of 3715 horses (1924-1996). Equine Vet J. 2000; 32(1): 36-42.この症例論文では、馬の胃潰瘍(Gastric ulceration)の有病率(Prevalence)と、その発症に関与する因...

  • 馬の文献:食道閉塞(Barakzai et al. 2015)

    文献 - 2015/09/13

    「人工喉頭形成術後に上部食道機能不全を呈した馬の五症例」Barakzai SZ, Dixon PM, Hawkes CS, Cox A, Barnett TP. Upper Esophageal Incompetence in Five Horses After Prosthetic Laryngoplasty. Vet Surg. 2015; 44(2): 150-155.この症例論文では、人工喉頭形成術(Prosthetic laryngoplasty)の術後に、上部食道の機能不全(Upper esophageal incompetence)を起こした馬の五症例が報告されています。この症例論文では、喉頭...

  • 馬の文献:食道閉塞(Chiavaccini et al. 2010)

    文献 - 2015/09/13

    「食道閉塞を発症した109頭の馬における臨床的特徴と予後指標:1992~2009年」Chiavaccini L, Hassel DM. Clinical features and prognostic variables in 109 horses with esophageal obstruction (1992-2009). J Vet Intern Med. 2010; 24(5): 1147-1152.この症例論文では、馬の食道閉塞(Esophageal obstruction)における病態把握と、予後判定に有用な指標(Prognostic variables)を検討するため、1992~2009年にかけて、食道...

  • 馬の文献:食道閉塞(Covington et al. 2004)

    文献 - 2015/09/12

    「脳幹黒色腫に起因して回帰性食道閉塞および嚥下障害を発症した馬の一症例」Covington AL, Magdesian KG, Madigan JE, Maleski K, Gray LC, Smith PA, Wisner ER. Recurrent esophageal obstruction and dysphagia due to a brainstem melanoma in a horse. J Vet Intern Med. 2004; 18(2): 245-247.この症例論文では、脳幹黒色腫(Brainstem melanoma)に起因して、回帰性食道閉塞(Recurrent esophageal obstruction)および嚥...

  • 馬の文献:食道閉塞(Erkert et al. 2002)

    文献 - 2015/09/12

    「ネオジウムヤグレーザーによる馬の食道過増殖性肉芽組織の切除」Erkert RS, MacAllister CG, Higbee R, Moll HD, Reiners S, Crowson C, Bahr R, Bartels KE. Use of a neodymium:yttrium-aluminum-garnet laser to remove exuberant granulation tissue from the esophagus of a horse. J Am Vet Med Assoc. 2002; 221(3): 403-407.この症例論文では、ネオジウムヤグレーザー(Neodymium yttrium aluminium garnet laser)を用...

  • 馬の文献:食道閉塞(Feige et al. 2000)

    文献 - 2015/09/11

    「馬の食道閉塞:34症例の回顧的調査」Feige K, Schwarzwald C, Fürst A, Kaser-Hotz B. Esophageal obstruction in horses: a retrospective study of 34 cases. Can Vet J. 2000; 41(3): 207-210.この症例論文では、馬の食道閉塞(Esophageal obstruction)の原因、合併症、そしてその予後を評価するため、1993~1998年における34頭の食道閉塞の罹患馬の医療記録(Medical records)の回顧的解析(Retrospective analysis)が行...

  • 馬の文献:食道閉塞(Sams et al. 1993)

    文献 - 2015/09/11

    「三頭の馬の食道壁内封入嚢胞に対する外科的治療」Sams AE, Weldon AD, Rakestraw P. Surgical treatment of intramural esophageal inclusion cysts in three horses. Vet Surg. 1993; 22(2): 135-139.この症例論文では、馬の食道壁内封入嚢胞(Intramural esophageal inclusion cysts)に対する外科的療法の治療効果を評価するため、三頭の食道壁内封入嚢胞の罹患馬の医療記録(Medical records)の解析が行われました。この研...

  • 馬の文献:食道閉塞(Craig et al. 1989)

    文献 - 2015/09/11

    「61頭の馬の食道疾患:外科的および非外科的療法の治療効果」Craig DR, Shivy DR, Pankowski RL, Erb HN. Esophageal disorders in 61 horses. Results of nonsurgical and surgical management. Vet Surg. 1989; 18(6): 432-438.この症例論文では、馬の食道疾患(Esophageal disorders)に対する外科的および非外科的療法の治療効果を評価するため、様々な種類の食道疾患を呈した61頭の馬の医療記録(Medical records)の回顧的...

≪前のページ≪   1ページ/2ページ   ≫次のページ≫

プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: アラフィフ
住所: 北関東
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

質問、御意見、記事の要望等は下記まで
E-mail: rowdyponies@gmail.com

最新記事

ブログメニュー

馬の話題

馬の病気の話題
・蹄葉炎, 切腱術
・ナビキュラー症候群
・蹄病一般, 装蹄
・腱靭帯疾患
・背部/腰部/仙腸部疾患
・プアパフォーマンス
・消化器疾患一般
・胃潰瘍
・虚血再灌流障害
・呼吸器の医療
・神経疾患, 神経学検査
・クッシング病
・繁殖疾患と繁殖学
・皮膚病の医療
・眼科疾患, 眼科治療
・歯科疾患, 歯科治療
・寄生虫病
・高齢馬の医療
・子馬の病気や管理法
・子馬/若齢馬の長期的影響
・突然死
・症例シリーズ

馬の医療の話題
・疝痛の検査
・経鼻チューブ
・腹水検査
・疝痛の予防
・疝痛の手術判断と予後予測
・開腹術の手技や合併症
・疝痛の外科的処置
・疝痛の獣医療での地域差
・跛行検査, 画像診断
・関節鏡
・去勢, 泌尿生殖器
・抗生物質
・COX-2限定阻害薬
・破骨細胞抑制剤
・ショックウェーブ
・パーグ治療
・馬のハンドリング, 投薬
・バイオマーカー
・麻酔
・整形外科
・キャスト, ピンキャスト
・再生医療
・先端医療
・良い死(Euthanasia)
・馬の獣医療一般

馬の一般的話題
・馬の飼養管理一般
・飼養管理での病気/怪我の予防
・馬学一般
・ウマ社会の話題
・獣医学一般, 日常
・馬の飼料
・跛行と運動
・調馬索
・サク癖
・馬の行動学や悪癖
・ハミや馬具
・輸送
・怪我や事故の予防,対処法
・ホースマンの怪我と事故
・競馬での事故死や骨折
・馬とヒト, 伝染病, 馬動物学

馬の診療シリーズ

サイト内タグ一覧

FC2カウンター

リンク

カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

推薦図書

月別アーカイブ

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

カテゴリ

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
1位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR