fc2ブログ
RSS

2015年11月のエントリー一覧

  • 馬の文献:舟状骨症候群(Biggi et al. 2012)

    文献 - 2015/11/30

    「舟状骨の遠位端細片化と形:跛行馬と無跛行馬のレントゲン検査」Biggi M, Dyson S. Distal border fragments and shape of the navicular bone: Radiological evaluation in lame horses and horses free from lameness. Equine Vet J. 2012; 44(3): 325-331.この研究論文では、馬の舟状骨症候群(Navicular syndrome)の検査に有用なレントゲン検査(Radiography)の判読方針を検討するため、掌側指神経麻酔(Palmar digital ne...

  • 馬の文献:舟状骨症候群(Maher et al. 2011)

    文献 - 2015/11/30

    「陽性造影MRI検査による舟嚢と周囲軟部組織の評価」Maher MC, Werpy NM, Goodrich LR, McIlwraith CW. Positive contrast magnetic resonance bursography for assessment of the navicular bursa and surrounding soft tissues. Vet Radiol Ultrasound. 2011; 52(4): 385-393.この研究論文では、馬の舟状骨症候群(Navicular syndrome)の検査に有用な画像診断法(Diagnostic imaging)を検討するため、二十本の健常馬の屍体前肢...

  • 馬の文献:舟状骨症候群(Rabba et al. 2011)

    文献 - 2015/11/29

    「蹄部疼痛を呈したもののレントゲン検査で骨組織異常の探知されなかった馬における超音波検査所見」Rabba S, Bolen G, Verwilghen D, Salciccia A, Busoni V. Ultrasonographic findings in horses with foot pain but without radiographically detectable osseous abnormalities. Vet Radiol Ultrasound. 2011; 52(1): 95-102.この研究論文では、馬の舟状骨症候群(Navicular syndrome)の検査に有用な画像診断法(Diagnostic i...

  • 馬の文献:舟状骨症候群(Gutierrez-Nibeyro et al. 2010)

    文献 - 2015/11/29

    「馬の蹄部疼痛に対する内科的療法の治療成績:56症例」Gutierrez-Nibeyro SD, White Ii NA, Werpy NM. Outcome of medical treatment for horses with foot pain: 56 cases. Equine Vet J. 2010; 42(8): 680-685.この研究論文では、馬の蹄部疼痛(Foot pain)に対する有効な内科的療法(Medical treatment)を検討するため、2005~2007年にかけて、掌側指神経麻酔(Palmar digital nerve block)での跛行改善(Lameness improveme...

  • 馬の文献:舟状骨症候群(Boyce et al. 2010)

    文献 - 2015/11/29

    「馬の蹄関節から舟嚢へのトリアムシノロン拡散の評価」Boyce M, Malone ED, Anderson LB, Park S, Godden SM, Jenner F, Trumble TN. Evaluation of diffusion of triamcinolone acetonide from the distal interphalangeal joint into the navicular bursa in horses. Am J Vet Res. 2010; 71(2): 169-175.この研究論文では、馬の舟状骨症候群(Navicular syndrome)に対する有効な内科的療法を検討するため、十一頭の健常な実験...

  • 馬の文献:舟状骨症候群(Weaver et al. 2009)

    文献 - 2015/11/27

    「深屈腱と舟状骨のあいだの圧迫分布と蹄踵挙上による影響」Weaver MP, Shaw DJ, Munaiwa G, Fitzpatrick DP, Bellenger CR. Pressure distribution between the deep digital flexor tendon and the navicular bone, and the effect of raising the heels in vitro. Vet Comp Orthop Traumatol. 2009; 22(4): 278-282.この研究論文では、馬の舟状骨症候群(Navicular syndrome)に有効な装蹄療法(Therapeutic shoeing)を検討す...

  • 馬の文献:舟状骨症候群(Byron et al. 2009)

    文献 - 2015/11/27

    「掌側蹄踵疼痛を呈した馬におけるレントゲンおよび核医学検査結果への放射状体外衝撃波療法の影響」Byron C, Stewart A, Benson B, Tennent-Brown B, Foreman J. Effects of radial extracorporeal shock wave therapy on radiographic and scintigraphic outcomes in horses with palmar heel pain. Vet Comp Orthop Traumatol. 2009; 22(2): 113-118.この研究論文では、馬の舟状骨症候群(Navicular syndrome)に対する放射状体...

  • 馬の文献:舟状骨症候群(Bell et al. 2009)

    文献 - 2015/11/27

    「MRI検査された馬の蹄部疼痛に対する舟嚢注射の治療成績:2005~2007年の23症例」Bell CD, Howard RD, Taylor DS, Voss ED, Werpy NM. Outcomes of podotrochlear (navicular) bursa injections for signs of foot pain in horses evaluated via magnetic resonance imaging: 23 cases (2005-2007). J Am Vet Med Assoc. 2009; 234(7): 920-925.この研究論文では、馬の舟状骨症候群(Navicular syndrome)に有効な内科的療法を検...

  • 馬の文献:舟状骨症候群(Maher et al. 2008)

    文献 - 2015/11/26

    「プルスルー手法による掌側指神経切断術:1998~2004年の41症例」Maher O, Davis DM, Drake C, Myhre GD, Labbe KM, Han JH, Lejeune SS. Pull-through technique for palmar digital neurectomy: forty-one horses (1998-2004). Vet Surg. 2008; 37(1): 87-93.この研究論文では、馬の舟状骨症候群(Navicular syndrome)における疼痛管理(Pain management)のため行われる、外科的療法の有用な術式を検討するため、1997~2001年...

  • 馬の文献:舟状骨症候群(Sherlock et al. 2008)

    文献 - 2015/11/26

    「起立位MRI検査によって診断された舟状骨掌側部の深部糜爛」Sherlock C, Mair T, Blunden T. Deep erosions of the palmar aspect of the navicular bone diagnosed by standing magnetic resonance imaging. Equine Vet J. 2008; 40(7): 684-692.この研究論文では、起立位MRI(Standing magnetic resonance imaging)検査によって、舟状骨掌側部(Palmar aspect of the navicular bone)の深部糜爛(Deep erosions)の診断が下さ...

  • 馬の文献:舟状骨症候群(Pauwels et al. 2008)

    文献 - 2015/11/26

    「馬の舟嚢と蹄関節のあいだのコルチコステロイド拡散の評価」Pauwels FE, Schumacher J, Castro FA, Holder TE, Carroll RC, Sega GA, Rogers CW. Evaluation of the diffusion of corticosteroids between the distal interphalangeal joint and navicular bursa in horses. Am J Vet Res. 2008; 69(5): 611-616.この研究論文では、馬の舟状骨症候群(Navicular syndrome)に対する有効な内科的療法を検討するため、32頭の健常な...

  • 馬の文献:舟状骨症候群(Smith et al. 2007)

    文献 - 2015/11/25

    「二十頭の跛行馬における舟嚢内深屈腱病変の内視鏡検査および治療」Smith MR, Wright IM, Smith RK. Endoscopic assessment and treatment of lesions of the deep digital flexor tendon in the navicular bursae of 20 lame horses. Equine Vet J. 2007; 39(1): 18-24.この研究論文では、馬の舟状骨症候群(Navicular syndrome)に対する有効な外科的療法を検討するため、舟嚢内視鏡検査(Bursoscopy)を介しての、舟嚢内の深屈...

  • 馬の文献:舟状骨症候群(Symonds et al. 2006)

    文献 - 2015/11/25

    「舟状骨症候群の罹患馬におけるフォースプレートを用いてのエトドラックの鎮痛効果の評価」Symonds KD, MacAllister CG, Erkert RS, Payton ME. Use of force plate analysis to assess the analgesic effects of etodolac in horses with navicular syndrome. Am J Vet Res. 2006; 67(4): 557-561.この研究論文では、馬の舟状骨症候群(Navicular syndrome)に対する有用な内科的療法を評価するため、掌側指神経麻酔(Palmar dig...

  • 馬の文献:舟状骨症候群(Brown et al. 2005)

    文献 - 2015/11/25

    「馬のナビキュラー病の治療のための体外衝撃波療法における即時鎮痛効果の検討」Brown KE, Nickels FA, Caron JP, Mullineaux DR, Clayton HM. Investigation of the immediate analgesic effects of extracorporeal shock wave therapy for treatment of navicular disease in horses. Vet Surg. 2005; 34(6): 554-558.この研究論文では、馬のナビキュラー病(Navicular disease)に対する体外衝撃波療法(Extracorporeal shock ...

  • 馬の文献:舟状骨症候群(Dyson et al. 2005)

    文献 - 2015/11/24

    「蹄部疼痛に起因する跛行:199症例のMRI検査結果と治療成績」Dyson SJ, Murray R, Schramme MC. Lameness associated with foot pain: results of magnetic resonance imaging in 199 horses (January 2001--December 2003) and response to treatment. Equine Vet J. 2005; 37(2): 113-121.この研究論文では、馬の舟状骨症候群(Navicular syndrome)の診断における、MRI検査(Magnetic resonance imaging)の有用性を評価するた...

  • 馬の文献:舟状骨症候群(Schoonover et al. 2005)

    文献 - 2015/11/24

    「馬の舟状骨症候群に対する一般的な三種類の治療法の定量的比較」Schoonover MJ, Jann HW, Blaik MA. Quantitative comparison of three commonly used treatments for navicular syndrome in horses. Am J Vet Res. 2005; 66(7): 1247-1251.この研究論文では、馬の舟状骨症候群(Navicular syndrome)に対する有効な治療法を検討するため、掌側指神経麻酔(Palmar digital nerve block)による跛行改善(Lameness improvement)...

  • 馬の文献:舟状骨症候群(Erkert et al. 2005)

    文献 - 2015/11/24

    「舟状骨症候群の罹患馬に対するフェニルブタゾンおよびフルニキシン・メグルミンの投与におけるフォースプレート解析による鎮痛効果の比較」Erkert RS, MacAllister CG, Payton ME, Clarke CR. Use of force plate analysis to compare the analgesic effects of intravenous administration of phenylbutazone and flunixin meglumine in horses with navicular syndrome. Am J Vet Res. 2005; 66(2): 284-288.この研究論文では...

  • 馬の文献:舟状骨症候群(Piccot-Crezollet et al. 2005)

    文献 - 2015/11/23

    「馬の肢滑車滑液嚢への二種類の注射手技の比較」Piccot-Crezollet C, Cauvin ER, Lepage OM. Comparison of two techniques for injection of the podotrochlear bursa in horses. J Am Vet Med Assoc. 2005; 226(9): 1524-1528.この研究論文では、馬の舟状骨症候群(Navicular syndrome)の診療における、診断麻酔(Diagnostic anesthesia)および治療のために有用な、舟嚢(Navicular bursa)(=肢滑車滑液嚢:Podotrochlear b...

  • 馬の文献:舟状骨症候群(Spriet et al. 2004)

    文献 - 2015/11/23

    「超音波制御による舟嚢注射」Spriet M, David F, Rossier Y. Ultrasonographic control of navicular bursa injection. Equine Vet J. 2004; 36(7): 637-639.この研究論文では、馬の舟状骨症候群(Navicular syndrome)の診療における、診断麻酔(Diagnostic anesthesia)および治療のために有用な舟嚢注射(Navicular bursa injection)の手法を検討するため、十頭の健常な実験馬の両前肢蹄を用いて、超音波制御(Ultrasonograph...

  • 馬の文献:舟状骨症候群(Matthews et al. 2003)

    文献 - 2015/11/23

    「24頭の馬に対するギロチン手法による掌側指神経切断術」Matthews S, Dart AJ, Dowling BA. Palmar digital neurectomy in 24 horses using the guillotine technique. Aust Vet J. 2003; 81(7): 402-405.この研究論文では、馬の舟状骨症候群(Navicular syndrome)における疼痛管理(Pain management)のため行われる、外科的療法の有用な術式を検討するため、1997~2001年にかけて、掌側指神経麻酔(Palmar digital nerve block...

  • 馬の文献:舟状骨症候群(Dyson et al. 2003)

    文献 - 2015/11/22

    「蹄部での深屈腱炎による跛行が見られた46頭の馬の症例:MRI検査による診断」Dyson S, Murray R, Schramme M, Branch M. Lameness in 46 horses associated with deep digital flexor tendonitis in the digit: diagnosis confirmed with magnetic resonance imaging. Equine Vet J. 2003; 35(7): 681-690.この研究論文では、馬の舟状骨症候群(Navicular syndrome)の診断における、MRI検査(Magnetic resonance imaging)の有用...

  • 馬の文献:舟状骨症候群(Schumacher et al. 2003)

    文献 - 2015/11/22

    「蹄関節に疼痛がある馬における舟嚢への局所麻酔薬の影響」Schumacher J, Schumacher J, Gillette R, DeGraves F, Schramme M, Smith R, Perkins J, Coker M. The effects of local anaesthetic solution in the navicular bursa of horses with lameness caused by distal interphalangeal joint pain. Equine Vet J. 2003; 35(5): 502-505.この研究論文では、馬の舟状骨症候群(Navicular syndrome)に対する有効な診断麻酔法(...

  • 馬の文献:舟状骨症候群(Denoix et al. 2003)

    文献 - 2015/11/22

    「ナビキュラー病の新しい治療薬としてのチルドロン酸:二重盲検と偽薬対照による臨床試験」Denoix JM, Thibaud D, Riccio B. Tiludronate as a new therapeutic agent in the treatment of navicular disease: a double-blind placebo-controlled clinical trial. Equine Vet J. 2003; 35(4): 407-413.この研究論文では、馬のナビキュラー病(Navicular disease)に対する有効な内科的療法を検討するため、掌側指神経麻酔(Palmar...

  • 馬の文献:舟状骨症候群(Dabareiner et al. 2003)

    文献 - 2015/11/21

    「他の治療法に不応性を示した舟状骨領域の疼痛に対する、コルチコステロイド、ヒアルロン酸、およびアミケイシンの舟嚢注射:1999~2002年の25症例」Dabareiner RM, Carter GK, Honnas CM. Injection of corticosteroids, hyaluronate, and amikacin into the navicular bursa in horses with signs of navicular area pain unresponsive to other treatments: 25 cases (1999-2002). J Am Vet Med Assoc. 2003; 223(10): 1469-14...

  • 馬の文献:舟状骨症候群(Scheffer et al. 2001)

    文献 - 2015/11/21

    「ナビキュラー装蹄法が様々な走路面において馬の遠位肢の運動力学に与える影響」Scheffer CJ, Back W. Effects of 'navicular' shoeing on equine distal forelimb kinematics on different track surface. Vet Q. 2001; 23(4): 191-195.この研究論文では、馬の舟状骨症候群(Navicular syndrome)に対する有効な装蹄療法(Therapeutic shoeing)の手法を検討するため、正常な十一頭のダッチブレッドの実験馬を用いて、蹄踵挙上具...

  • 馬の文献:舟状骨症候群(Schramme et al. 2000)

    文献 - 2015/11/21

    「馬の舟嚢注射のための五種類の術式における生体外試験による比較」Schramme MC, Boswell JC, Hamhougias K, Toulson K, Viitanen M. An in vitro study to compare 5 different techniques for injection of the navicular bursa in the horse. Equine Vet J. 2000; 32(3): 263-267.この研究論文では、馬の舟状骨症候群(Navicular syndrome)に対する診断麻酔(Diagnostic anesthesia)および治療のための、舟嚢注射(Injection...

  • 馬の文献:舟状骨症候群(Willemen et al. 1999)

    文献 - 2015/11/20

    「整形外科的装蹄療法が馬の深屈腱から舟状骨に掛かる力に及ぼす影響」Willemen MA, Savelberg HH, Barneveld A. The effect of orthopaedic shoeing on the force exerted by the deep digital flexor tendon on the navicular bone in horses. Equine Vet J. 1999; 31(1): 25-30.この研究論文では、馬のナビキュラー病(Navicular disease)に対する有効な装蹄療法(Therapeutic shoeing)の手法を検討するため、正常な十二頭の...

  • 馬の文献:舟状骨症候群(Wright. 1993)

    文献 - 2015/11/20

    「ナビキュラー病の118症例の調査:舟状骨繋靭帯切断術による治療」Wright IM. A study of 118 cases of navicular disease: treatment by navicular suspensory desmotomy. Equine Vet J. 1993; 25(6): 501-509.この研究論文では、馬のナビキュラー病(Navicular disease)に対する有効な外科的療法を検討するため、掌側指神経麻酔(Palmar digital nerve block)での跛行改善(Lameness improvement)、および、レントゲン検査(...

  • 馬の文献:舟状骨症候群(Turner et al. 1989)

    文献 - 2015/11/20

    「アイソクスプリンによるナビキュラー病の治療評価:二重盲検調査」Turner AS, Tucker CM. The evaluation of isoxsuprine hydrochloride for the treatment of navicular disease: a double blind study. Equine Vet J. 1989; 21(5): 338-341.この研究論文では、馬のナビキュラー病(Navicular disease)に対する有効な内科的療法を検討するため、掌側指神経麻酔(Palmar digital nerve block)での跛行改善(Lameness improveme...

  • 馬の文献:舟状骨症候群(Turner. 1986)

    文献 - 2015/11/19

    「馬のナビキュラー病の治療のために装蹄原理」Turner TA. Shoeing principles for the management of navicular disease in horses. J Am Vet Med Assoc. 1986; 189(3): 298-301.この研究論文では、馬のナビキュラー病(Navicular disease)に対する有効な装蹄療法(Therapeutic shoeing)の原理(Principles)を検討するため、1979~1982年にかけて、掌側指神経麻酔(Palmar digital nerve block)での跛行改善(Lameness improv...

  • 馬の文献:舟状骨症候群(Ostblom et al. 1984)

    文献 - 2015/11/19

    「舟状骨病:エッグバー蹄鉄による治療成績」Ostblom LC, Lund C, Melsen F. Navicular bone disease: results of treatment using egg-bar shoeing technique. Equine Vet J. 1984; 16(3): 203-206.この研究論文では、馬の舟状骨病(Navicular bone disease)に対する有効な装蹄療法(Therapeutic shoeing)の手法を検討するため、1977~1981年にかけて、掌側指神経麻酔(Palmar digital nerve block)での跛行改善(Lameness imp...

  • 馬の文献:舟状骨症候群(Ackerman et al. 1977)

    文献 - 2015/11/19

    「馬のナビキュラー病:危険因子、レントゲン所見、治療成績」Ackerman N, Johnson JH, Dorn CR. Navicular disease in the horse: risk factors, radiographic changes, and response to therapy. J Am Vet Med Assoc. 1977; 170(2): 183-187.この研究論文では、馬のナビキュラー病(Navicular disease)の病態把握、発症に関わる危険因子(Risk factors)、舟状骨(Navicular bone: Distal sesamoid bone)のレントゲン所見(Rad...

  • 馬の文献:蹄葉炎(van Eps et al. 2015)

    文献 - 2015/11/18

    「馬の蹄に対する持続性の治療的冷却のための七種類の手法の比較」van Eps AW, Orsini JA. A comparison of seven methods for continuous therapeutic cooling of the equine digit. Equine Vet J. 2014 Nov 11. doi: 10.1111/evj.12384. [Epub ahead of print]この研究論文では、馬の蹄葉炎(Laminitis)の予防のための蹄の持続性な治療的冷却(Continuous therapeutic cooling)の手法を検討するため、四頭の実験馬の一方の前肢...

  • 馬の文献:蹄葉炎(van Eps et al. 2014)

    文献 - 2015/11/18

    「オリゴフルクトース蹄葉炎モデルにおいては跛行が起こり始めた後に開始した持続的蹄寒冷療法によって蹄葉損失を予防できる」van Eps AW, Pollitt CC, Underwood C, Medina-Torres CE, Goodwin WA, Belknap JK. Continuous digital hypothermia initiated after the onset of lameness prevents lamellar failure in the oligofructose laminitis model. Equine Vet J. 2014; 46(5): 625-630.この研究論文では、馬の蹄葉炎(Lamin...

  • 馬の文献:蹄葉炎(Kullmann et al. 2014)

    文献 - 2015/11/18

    「予防的な蹄寒冷療法は大結腸炎と診断された馬における蹄葉炎の発症率を減少させる」Kullmann A, Holcombe SJ, Hurcombe SD, Roessner HA, Hauptman JG, Geor RJ, Belknap J. Prophylactic digital cryotherapy is associated with decreased incidence of laminitis in horses diagnosed with colitis. Equine Vet J. 2014; 46(5): 554-559.この症例論文では、馬の蹄葉炎(Laminitis)に対する予防的な蹄寒冷療法(Prophylactic ...

  • 馬の文献:蹄葉炎(Wylie et al. 2013)

    文献 - 2015/11/17

    「2009~2011年の英国での蹄葉炎のコーホート研究:577症例の推定発症頻度と臨床症状」Wylie CE, Collins SN, Verheyen KL, Newton JR. A cohort study of equine laminitis in Great Britain 2009-2011: estimation of disease frequency and description of clinical signs in 577 cases. Equine Vet J. 2013; 45(6): 681-687.この症例論文では、馬の蹄葉炎(Laminitis)の発症頻度(Disease frequency)と臨床症状を解明するた...

  • 馬の文献:蹄葉炎(van Eps et al. 2012)

    文献 - 2015/11/17

    「蹄部低体温はオリゴ糖誘導性蹄葉炎における蹄葉組織の炎症性信号を抑制する」van Eps AW, Leise BS, Watts M, Pollitt CC, Belknap JK. Digital hypothermia inhibits early lamellar inflammatory signalling in the oligofructose laminitis model. Equine Vet J. 2012; 44(2): 230-237.この研究論文では、馬の蹄葉炎(Laminitis)に有用な予防法を検討するため、十四頭の実験馬を用いて、オリゴ糖給餌によって蹄葉炎を発症(O...

  • 馬の文献:蹄葉炎(Ramsey et al. 2011)

    文献 - 2015/11/16

    「馬の蹄角度の違いが背側蹄葉負荷に及ぼす影響」Ramsey GD, Hunter PJ, Nash MP. The effect of hoof angle variations on dorsal lamellar load in the equine hoof. Equine Vet J. 2011; 43(5): 536-542.この研究論文では、馬の蹄葉炎(Laminitis)に対する有用な装蹄療法(Therapeutic shoeing)の手法を検討するため、有限要素メッシュ(Finite element meshes)によって作成した馬の蹄に、0~15度の掌側蹄角度(Palmar hoof ...

  • 馬の文献:蹄葉炎(Schleining et al. 2011)

    文献 - 2015/11/16

    「正常馬の前肢蹄において工業用ポリスチレンフォームパッドが荷重中心および負荷分布に及ぼす影響」Schleining JA, McClure SR, Derrick TR, Wang C. Effects of industrial polystyrene foam insulation pads on the center of pressure and load distribution in the forefeet of clinically normal horses. Am J Vet Res. 2011; 72(5): 628-633.この研究論文では、馬の蹄葉炎(Laminitis)の治療のための蹄底支持具(Hoof sole...

  • 馬の文献:蹄葉炎(Nourian et al. 2010)

    文献 - 2015/11/16

    「馬の蹄葉循環にアクセスするための蹄骨内注入法の開発」Nourian AR, Mills PC, Pollitt CC. Development of intraosseous infusion of the distal phalanx to access the foot lamellar circulation in the standing, conscious horse. Vet J. 2010; 183(3): 273-277.この研究論文では、馬の蹄葉循環(Foot lamellar circulation)に治療薬を到達させるための蹄骨内注入法(Intraosseous infusion of distal phalanx)を開発する...

  • 馬の文献:蹄葉炎(Orsini et al. 2010)

    文献 - 2015/11/15

    「三次医療病院における馬の蹄葉炎の予後判定指標」Orsini JA, Parsons CS, Capewell L, Smith G. Prognostic indicators of poor outcome in horses with laminitis at a tertiary care hospital. Can Vet J. 2010; 51(6): 623-628.この研究論文では、馬の蹄葉炎(Laminitis)における予後判定指標(Prognostic indicators)を検討するため、1986~2003年にかけて三次医療病院(Tertiary care hospital)に入院し、蹄葉炎を発症し...

  • 馬の文献:蹄葉炎(Morrison. 2010)

    文献 - 2015/11/15

    「慢性蹄葉炎:蹄管理」Morrison S. Chronic laminitis: foot management. Vet Clin North Am Equine Pract. 2010; 26(2): 425-446.この総説論文では、馬の慢性蹄葉炎(Chronic laminitis)に対する蹄管理(Foot management)および深屈腱切断術(Deep digital flexor tenotomy)が解説されています。慢性蹄葉炎における蹄骨(Distal phalanx)の再整列化(Realignment)では、深屈腱切断術によって蹄骨に掛かる緊張力(Tensile fo...

  • 馬の文献:蹄葉炎(O'Grady. 2010)

    文献 - 2015/11/15

    「慢性蹄葉炎の装蹄法」O'Grady SE. Farriery for chronic laminitis. Vet Clin North Am Equine Pract. 2010; 26(2): 407-423.この総説論文では、馬の慢性蹄葉炎(Chronic laminitis)に対する装蹄法(Farriery)が解説されています。慢性蹄葉炎は、蹄葉組織の力学的崩壊(Mechanical collapse)と蹄骨変位(Displacement of distal phalanx)として定義され、その変位形式としては、回転型(Rotation)、沈下型(Sinker)、内外...

  • 馬の文献:蹄葉炎(Steward. 2010)

    文献 - 2015/11/14

    「スチュワード木靴を用いての蹄葉炎の治療」Steward ML. The use of the wooden shoe (Steward Clog) in treating laminitis. Vet Clin North Am Equine Pract. 2010; 26(1): 207-214.この総説論文では、馬の慢性蹄葉炎(Chronic laminitis)に対するスチュワード木靴(Steward Clog)を用いた治療法が解説されています。慢性蹄葉炎の症例に対しては、スチュワード木靴の装着によって、疼痛緩和(Pain reduction)と治癒向上(Hea...

  • 馬の文献:蹄葉炎(Rucker. 2010b)

    文献 - 2015/11/14

    「慢性蹄葉炎:戦略的蹄壁切除」Rucker A. Chronic laminitis: strategic hoof wall resection. Vet Clin North Am Equine Pract. 2010; 26(1): 197-205.この総説論文では、馬の慢性蹄葉炎(Chronic laminitis)に対する戦略的蹄壁切除(Strategic hoof wall resection)が解説されています。古典的には、馬の蹄葉炎に対する装蹄療法(Therapeutic shoeing)に併行して、蹄冠溝削り(Coronary grooving)もしくは背側蹄壁切除術(D...

  • 馬の文献:蹄葉炎(Rucker. 2010a)

    文献 - 2015/11/14

    「北米における馬の静脈造影法とその臨床応用」Rucker A. Equine venography and its clinical application in North America. Vet Clin North Am Equine Pract. 2010; 26(1): 167-177.この総説論文では、馬の静脈造影法(Venography)とその臨床応用(Clinical application)が解説されています。馬の蹄部静脈造影法(Digital venogram)は、起立位での実施が可能で、通常のレントゲン検査では発見できない蹄部の病態を、早期診断...

  • 馬の文献:蹄葉炎(de la Rebiere de Pouyade et al. 2009)

    文献 - 2015/11/13

    「低分子量ヘパリンによる疝痛手術後の蹄葉炎予防の評価」de la Rebiere de Pouyade G, Grulke S, Detilleux J, Salciccia A, Verwilghen DR, Caudron I, Gangl M, Serteyn DD. Evaluation of low-molecular-weight heparin for the prevention of equine laminitis after colic surgery. J Vet Emerg Crit Care (San Antonio). 2009; 19(1): 113-119.この研究論文では、疝痛手術(Colic surgery)の後に起こりうる馬の蹄葉炎(Lam...

  • 馬の文献:蹄葉炎(van Eps et al. 2009)

    文献 - 2015/11/13

    「馬の蹄葉炎モデル:寒冷療法はオリゴ糖投与から七日目の病巣重篤度を減退させる」van Eps AW, Pollitt CC. Equine laminitis model: cryotherapy reduces the severity of lesions evaluated seven days after induction with oligofructose. Equine Vet J. 2009; 41(8): 741-746.この研究論文では、馬の蹄葉炎(Laminitis)に有用な内科的療法を検討するため、十八頭の実験馬を用いて、最初の六頭に対しては、全肢蹄への寒冷療...

  • 馬の文献:蹄葉炎(Brown et al. 2008)

    文献 - 2015/11/13

    「健常馬および蹄葉炎の罹患馬に対する成長ホルモン放出ホルモンのプラスミド療法の効果と予備研究」Brown PA, Bodles-Brakhop A, Draghia-Akli R. Plasmid growth hormone releasing hormone therapy in healthy and laminitis-afflicted horses-evaluation and pilot study. J Gene Med. 2008; 10(5): 564-574.この研究論文では、馬の蹄葉炎(Laminitis)に対する有用な内科的療法を検討するため、健常馬(Healthy horses)およ...

  • 馬の文献:蹄葉炎(Parsons et al. 2007)

    文献 - 2015/11/12

    「馬の入院時における急性蹄葉炎の発症に関わる危険因子:1997~2004年の73症例」Parsons CS, Orsini JA, Krafty R, Capewell L, Boston R. Risk factors for development of acute laminitis in horses during hospitalization: 73 cases (1997-2004). J Am Vet Med Assoc. 2007; 230(6): 885-889.この症例論文では、馬の急性蹄葉炎(Acute laminitis)の発症に関わる危険因子(Risk factors)を評価するため、1997~2004年にかけ...

≪前のページ≪   1ページ/2ページ   ≫次のページ≫

プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: アラフィフ
住所: 北関東
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

質問、御意見、記事の要望等は下記まで
E-mail: rowdyponies@gmail.com

最新記事

ブログメニュー

馬の話題カテゴリー

馬の病気の話題
・蹄葉炎, 切腱術
・ナビキュラー症候群
・蹄病一般, 装蹄
・腱靭帯疾患
・背部/腰部/仙腸部疾患
・プアパフォーマンス
・消化器疾患一般
・胃潰瘍
・虚血再灌流障害
・呼吸器の医療
・神経疾患, 神経学検査
・クッシング病
・繁殖疾患と繁殖学
・皮膚病の医療
・眼科疾患, 眼科治療
・歯科疾患, 歯科治療
・寄生虫病
・高齢馬の医療
・子馬の病気や管理法
・子馬/若齢馬の長期的影響
・突然死
・症例シリーズ

馬の医療の話題
・疝痛の検査
・経鼻チューブ
・腹水検査
・疝痛の予防
・疝痛の手術判断と予後予測
・開腹術の手技や合併症
・疝痛の外科的処置
・疝痛の獣医療での地域差
・跛行検査, 画像診断
・関節鏡
・去勢, 泌尿生殖器
・抗生物質
・局所肢灌流
・COX-2限定阻害薬
・破骨細胞抑制剤
・ショックウェーブ
・パーグ治療
・馬のハンドリング, 投薬
・バイオマーカー
・麻酔
・整形外科
・キャスト, ピンキャスト
・再生医療
・先端医療
・良い死(Euthanasia)
・馬の獣医療一般

馬の一般的話題
・馬の飼養管理一般
・飼養管理での病気/怪我の予防
・馬学一般
・ウマ社会の話題
・獣医学一般, 日常
・馬の飼料
・跛行と運動
・調馬索
・サク癖
・馬の行動学や悪癖
・ハミや馬具
・輸送
・怪我や事故の予防,対処法
・ホースマンの怪我と事故
・競馬での事故死や骨折
・馬とヒト, 伝染病, 馬動物学

馬の診療シリーズ

サイト内タグ一覧

FC2カウンター

リンク

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

推薦図書

月別アーカイブ

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

カテゴリ

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
2位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR