FC2ブログ
RSS

2020年05月のエントリー一覧

  • 馬の文献:篩骨血腫(Smith et al. 2009)

    文献 - 2020/05/31

    「馬の進行性篩骨血腫の診断と治療」Smith LJ, Perkins J. Standing surgical removal of a progressive ethmoidal haematoma invading the sphenopalatine sinuses in a horse. Equine Veterinary Education. 2009; 21: 577-581.この研究論文では、翼口蓋副鼻腔(Sphenopalatine sinuses:上写真中のSPS)へと浸潤した進行性篩骨血腫(Progressive ethmoidal hematoma)に対する、起立位での外科的切除(Standing surgical remova...

  • 馬の文献:篩骨血腫(Conti et al. 2003)

    文献 - 2020/05/30

    「馬の進行性篩骨血腫の診断と治療」Conti MB, Marchesi MC, Rueca F, Puccetti M. Diagnosis and treatment of progressive ethmoidal haematoma (PEH) in horses. Vet Res Commun. 2003; 27 Suppl 1: 739-743.この研究論文では、進行性篩骨血腫(Progressive ethmoidal hematoma)に対する有用な治療法を検討するため、内視鏡検査(Endoscopy)およびレントゲン検査(Radiography)によって篩骨血腫の推定診断(Presumptive diag...

  • 馬の文献:篩骨血腫(Frees et al. 2001)

    文献 - 2020/05/29

    「進行性篩骨血腫に対するホルマリン投与の後に重篤な合併症を生じた馬の一症例」Frees KE, Gaughan EM, Lillich JD, Cox J, Gorondy D, Nietfeld JC, Kennedy GA, Cash W. Severe complication after administration of formalin for treatment of progressive ethmoidal hematoma in a horse. J Am Vet Med Assoc. 2001; 219(7): 950-952.この研究論文では、進行性篩骨血腫(Progressive ethmoidal haematoma)に対するホルマリ...

  • 馬の文献:篩骨血腫(Marriott et al. 1999)

    文献 - 2020/05/28

    「三頭の馬の進行性篩骨血腫に対するホルマリン病巣内注射による治療」Marriott MR, Dart AJ, Hodgson DR. Treatment of progressive ethmoidal haematoma using intralesional injections of formalin in three horses. Aust Vet J. 1999; 77(6): 371-373.この研究論文では、進行性篩骨血腫(Progressive ethmoidal hematoma)に対する有用な治療法を検討するため、内視鏡検査(Endoscopy)およびレントゲン検査(Radiography)に...

  • 馬の文献:篩骨血腫(Rothaug et al. 1999)

    文献 - 2020/05/27

    「馬の進行性篩骨血腫に対するネオジウム・ヤグ・レーザー補助での切除術:1986~1996年の20頭」Rothaug PG, Tulleners EP. Neodymium:yttrium-aluminum-garnet laser-assisted excision of progressive ethmoid hematomas in horses: 20 cases (1986-1996). J Am Vet Med Assoc. 1999; 214(7): 1037-1041.この研究論文では、進行性篩骨血腫(Progressive ethmoidal haematoma)に対する外科的療法を検討するため、1986~1996年に...

  • 馬の文献:篩骨血腫(Schumacher et al. 1998)

    文献 - 2020/05/26

    「馬の進行性篩骨血腫に対する起立位手術での内視鏡を介した化学焼烙術」Schumacher J, Yarbrough T, Pascoe J, Woods P, Meagher D, Honnas C. Transendoscopic chemical ablation of progressive ethmoidal hematomas in standing horses. Vet Surg. 1998; 27(3): 175-181.この研究論文では、馬の進行性篩骨血腫(Progressive ethmoidal hematoma)に有用な治療法を検討するため、1993~1997年にかけて、内視鏡検査(Endoscopy)...

  • 馬の文献:篩骨血腫(Colbourne et al. 1997)

    文献 - 2020/05/25

    「子馬の進行性篩骨血腫に対するCT検査を介した外科的治療」Colbourne CM, Rosenstein DS, Steficek BA, Yovich JV, Stick JA. Surgical treatment of progressive ethmoidal hematoma aided by computed tomography in a foal. J Am Vet Med Assoc. 1997; 211(3): 335-338.この研究論文では、進行性篩骨血腫(Progressive ethmoidal haematoma)を発症して、CT検査(Computed tomography)を介した外科的治療(Surgical treatment...

  • 新型コロナの抗体検査について

    日常 - 2020/05/24

    新型コロナウイルス感染の抗体検査はどこまで有用なのでしょうか。新型コロナの感染を防ぐための社会的距離政策が続くなか、パンデミックによる被害と、世界恐慌による被害を、いかにバランス良く制御していくかが課題となっています。そこで、血中の抗体を測定して無症状の感染者の動向を調査することで、最適なタイミングで経済活動を再開できるという期待があります。また、抗体検査によって、新型コロナに対する免疫抵抗を獲得...

  • 馬の文献:篩骨血腫(Laing et al. 1992)

    文献 - 2020/05/23

    「馬の進行性篩骨血腫」Laing JA, Hutchins DR. Progressive ethmoidal haematoma in horses. Aust Vet J. 1992; 69(3): 57-58.この研究論文では、進行性篩骨血腫(Progressive ethmoidal haematoma)を呈した14頭の患馬における、症状、診断法、および、治療成績が報告されています。この研究では、進行性篩骨血腫の罹患馬のうち、鼻汁排出(Nasal discharge)を呈した馬が13頭に上り(残りの一頭は呼吸器喘鳴のみを呈した)、こ...

  • 馬の文献:篩骨血腫(Greet. 1992)

    文献 - 2020/05/22

    「進行性篩骨血腫を発症した23頭における治療成績」Greet TR. Outcome of treatment in 23 horses with progressive ethmoidal haematoma. Equine Vet J. 1992; 24(6): 468-471.この研究論文では、篩骨血腫(Ethmoid hematoma)を呈した23頭の患馬における、症状、診断法、および、治療成績が報告されています。この研究では、23頭の症例のすべてが鼻出血(Epistaxis)の病歴で来院し、全頭に対して内視鏡検査(Endoscopy)が行わ...

  • 馬の文献:篩骨血腫(Specht et al. 1990)

    文献 - 2020/05/21

    「九頭の馬の篩骨血腫」Specht TE, Colahan PT, Nixon AJ, Brown MP, Turner TA, Peyton LC, Schneider RK. Ethmoidal hematoma in nine horses. J Am Vet Med Assoc. 1990; 197(5): 613-616.この研究論文では、篩骨血腫(Ethmoid hematoma)を呈した九頭の患馬における、症状、診断法、および、治療成績が報告されています。この研究では、九頭の篩骨血腫の患馬のうち、鼻汁排出(Nasal discharge)を呈したのは七頭、いびき性呼...

  • 馬の文献:篩骨血腫(Cook et al. 1974)

    文献 - 2020/05/20

    「馬の篩骨領域の進行性血腫」Cook WR, Littlewort MC. Progressive haematoma of the ethmoid region in the horse. Equine Vet J. 1974; 6(3): 101-108.この研究論文では、篩骨血腫(Ethmoid hematoma)(“篩骨領域の進行性血腫”:Progressive hematoma of the ethmoid region)を呈した十六頭の患馬における、症状、診断法、および、治療成績が報告されています。この研究では、篩骨血腫の患馬の症状として、“僅かな”鼻出血(Sl...

  • 新型コロナ対策として獣医師ができること

    日常 - 2020/05/19

    新型コロナウイルス感染に対して獣医師はどんなふうに貢献していけるのでしょうか。新型コロナは、コウモリからヒトに伝搬した病原体であるとも言われていますが、動物の病気がヒトに移ったという事例はこれが初めてではありません。実は、ヒトの感染症のうち、ヒト以外の動物から伝搬したものは、なんと75%を占めており、これには、HIVやエボラ出血熱、新型インフルエンザ(H1N1亜型ウイルス)なども含まれます。つまり、ヒトと動...

  • 馬の文献:副鼻腔炎(Bach et al. 2014)

    文献 - 2020/05/18

    「副鼻腔の手術後に細菌性髄膜炎を発症した馬の五症例」Bach FS, Bodo G, Kuemmerle JM, Bienert-Zeit A, Hainisch EK, Simhofer H. Bacterial meningitis after sinus surgery in five adult horses. Vet Surg. 2014; 43(6): 697-703.この症例論文では、2005~2010年にかけて、副鼻腔の手術(Sinus surgery)の後に、細菌性髄膜炎(Bacterial meningitis)を発症した馬の五症例が報告されています。症例は、原発性副鼻腔(一頭)...

  • 馬の文献:副鼻腔炎(Dixon et al. 2012b)

    文献 - 2020/05/17

    「馬の副鼻腔疾患:1997~2009年における200症例の長期的調査:治療法と長期的治療成績」Dixon PM, Parkin TD, Collins N, Hawkes C, Townsend N, Tremaine WH, Fisher G, Ealey R, Barakzai SZ. Equine paranasal sinus disease: a long-term study of 200 cases (1997-2009): treatments and long-term results of treatments. Equine Vet J. 2012; 44(3): 272-276.この研究論文では、馬の副鼻腔疾患(Paranasal sinus disease)...

  • 馬の文献:副鼻腔炎(Dixon et al. 2012a)

    文献 - 2020/05/16

    「馬の副鼻腔疾患:1997~2009年における200症例の長期的調査:補助的診断所見と複数副鼻腔区画の関与」Dixon PM, Parkin TD, Collins N, Hawkes C, Townsend N, Tremaine WH, Fisher G, Ealey R, Barakzai SZ. Equine paranasal sinus disease: a long-term study of 200 cases (1997-2009): ancillary diagnostic findings and involvement of the various sinus compartments. Equine Vet J. 2012; 44(3): 267-271.この研究論文...

  • 馬の文献:副鼻腔炎(Hart et al. 2011)

    文献 - 2020/05/15

    「馬の副鼻腔疾患に対する術後新治療法の評価:1996~2007年」Hart SK, Sullins KE. Evaluation of a novel post operative treatment for sinonasal disease in the horse (1996-2007). Equine Vet J. 2011; 43(1): 24-29.この研究論文では、馬の副鼻腔疾患(Paranasal disease)に有用な外科的療法を検討するため、1996~2007年にかけて、副鼻腔嚢胞(Sinus cyst)、進行性篩骨血腫(Progressive ethmoid hematoma)、歯科疾患に...

  • 乗馬クラブでの新型コロナ対策

    日常 - 2020/05/14

    全米馬臨床医協会(American Association of Equine Practitioners: AAEP)では、乗馬クラブにおける新型コロナウイルス感染症の予防対策の指針を示しています(下記リンク参照)。このなかでは、まず乗馬クラブへの立ち入りを必要な人員に限定すること(馬主、厩務員、調教師、装蹄師、獣医師)、乗馬クラブ内では人と人との距離を6フィート(約1.8メートル)以上は取ること、そして、勿論ですが、新型コロナの感染者や濃厚接触...

  • 馬の文献:副鼻腔炎(Perkins et al. 2009b)

    文献 - 2020/05/13

    「副鼻腔鏡手術による吻側上顎副鼻腔炎および腹側鼻道炎の治療が行われた60頭の馬の症例」Perkins JD, Windley Z, Dixon PM, Smith M, Barakzai SZ. Sinoscopic treatment of rostral maxillary and ventral conchal sinusitis in 60 horses. Vet Surg. 2009; 38(5): 613-619.この研究論文では、馬の副鼻腔疾患(Paranasal disease)に有用な外科的療法を検討するため、副鼻腔鏡手術(Sinuscopy)による吻側上顎副鼻腔炎(Rostral ...

  • 馬の文献:副鼻腔炎(Perkins et al. 2009a)

    文献 - 2020/05/12

    「馬の吻側上顎副鼻腔および腹側鼻道の検査のための副鼻腔鏡手技の比較」Perkins JD, Bennett C, Windley Z, Schumacher J. Comparison of sinoscopic techniques for examining the rostral maxillary and ventral conchal sinuses of horses. Vet Surg. 2009; 38(5): 607-612.この研究論文では、馬の副鼻腔疾患(Paranasal disease)の診断に有用な副鼻腔鏡手術(Sinuscopy)の手技を検討するため、四十頭の屍体頭部(Cadaver he...

  • 馬を往診するときの新型コロナ対策

    日常 - 2020/05/11

    馬を往診するときには、どのような新型コロナウイルスの感染予防をするべきなのでしょうか。全米馬臨床医協会(American Association of Equine Practitioners: AAEP)は、獣医師が馬を往診するために乗馬クラブや牧場を訪れるときに、どのような感染対策を実施するべきかの指針を示しています。まず、往診前に実施できる事としては、畜主から電話で問診を取って、患馬が救急医療を必要とする病態なのかどうかを判断したり、その施...

  • 馬の文献:副鼻腔炎(Annear et al. 2008)

    文献 - 2020/05/10

    「副鼻腔嚢胞から眼球突出を続発した馬の一症例」Annear MJ, Gemensky-Metzler AJ, Elce YA, Stone SG. Exophthalmus secondary to a sinonasal cyst in a horse. J Am Vet Med Assoc. 2008; 233(2): 285-288.この研究論文では、副鼻腔嚢胞(Sinonasal cyst)から二次性に眼球突出(Exophthalmus)を続発した馬の一症例が報告されています。患馬は、十三歳齢のミニチュアホースの牝馬で、進行性の片側性眼球突出症(Progressive un...

  • 馬の文献:副鼻腔炎(Barakzai et al. 2006)

    文献 - 2020/05/09

    「核医学検査による馬の副鼻腔疾患の診断」Barakzai S, Tremaine H, Dixon P. Use of scintigraphy for diagnosis of equine paranasal sinus disorders. Vet Surg. 2006; 35(1): 94-101.この研究論文では、馬の副鼻腔疾患(Paranasal disease)に有用な診断法を検討するため、48頭の副鼻腔疾患の罹患馬、および、30頭の跛行(Lameness)の症例(対照馬)における、核医学検査(Nuclear scintigraphy)の頭部画像の比較が行われま...

  • 獣医療における新型コロナ対策

    日常 - 2020/05/08

    獣医療においてどのような新型コロナ対策を取るべきなのでしょうか。Interim Infection Prevention and Control Guidance for Veterinary Clinics Treating Companion Animals During the COVID-19 Response. Guideline of Coronavirus Disease 2019 (COVID-19) for Pets & Other Animals by Centers for Disease Control and Prevention. (Content source: National Center for Immunization and Respiratory Diseases [NCIRD], D...

  • 馬の文献:副鼻腔炎(Woodford et al. 2006)

    文献 - 2020/05/07

    「副鼻腔嚢胞を呈した52頭の患馬の長期的回顧的調査」Woodford NS, Lane JG. Long-term retrospective study of 52 horses with sinunasal cysts. Equine Vet J. 2006; 38(3): 198-202.この研究論文では、馬の副鼻腔嚢胞(Sinunasal cysts)の病態把握、および、有用な外科的療法を検討するため、1982~2005年にかけて、内視鏡検査(Endoscopy)およびレントゲン検査(Radiography)によって副鼻腔嚢胞の診断が下され、骨フラップ...

  • 馬の文献:副鼻腔炎(Quinn et al. 2005)

    文献 - 2020/05/06

    「起立位での馬の前頭副鼻腔フラップ手術変法:60症例に対する外科的所見と治療成績」Quinn GC, Kidd JA, Lane JG. Modified frontonasal sinus flap surgery in standing horses: surgical findings and outcomes of 60 cases. Equine Vet J. 2005; 37(2): 138-142.この研究論文では、馬の副鼻腔疾患(Paranasal sinus disorders)に有用な外科的療法を検討するため、内視鏡検査(Endoscopy)およびレントゲン検査(Radiography)...

  • 馬の文献:副鼻腔炎(Tremaine et al. 2001b)

    文献 - 2020/05/05

    「副鼻腔疾患を呈した277頭の馬の長期調査。パート2:治療法と治療成績」Tremaine WH, Dixon PM. A long-term study of 277 cases of equine sinonasal disease. Part 2: treatments and results of treatments. Equine Vet J. 2001; 33(3): 283-289.この研究論文では、馬の副鼻腔疾患(Paranasal disease)に対する診療法の検討のため、1984~1996年にかけて、副鼻腔疾患を呈した277頭の患馬における、治療法および治療成績(Tre...

  • 馬の文献:副鼻腔炎(Tremaine et al. 2001a)

    文献 - 2020/05/04

    「副鼻腔疾患を呈した277頭の馬の長期調査。パート1:症例馬の詳細、病歴、臨床症状、補助的診断所見」Tremaine WH, Dixon PM. A long-term study of 277 cases of equine sinonasal disease. Part 1: details of horses, historical, clinical and ancillary diagnostic findings. Equine Vet J. 2001; 33(3): 274-282.この研究論文では、馬の副鼻腔疾患(Paranasal disease)の病態把握のため、1984~1996年にかけて、副鼻腔疾...

  • 馬の文献:副鼻腔炎(Freeman et al. 1990)

    文献 - 2020/05/03

    「馬の副鼻腔手術のためのサイズの大きな前頭副鼻腔の骨フラップ術」Freeman DE, Orsini PG, Ross MW, Madison JB. A large frontonasal bone flap for sinus surgery in the horse. Vet Surg. 1990; 19(2): 122-130.この研究論文では、馬の副鼻腔疾患(Paranasal disease)に対する有用な外科的療法を検討するため、レントゲン検査(Radiography)および内視鏡検査(Endoscopy)によって、副鼻腔炎(Paranasal sinusitis)、副鼻...

  • 新型コロナの終息は再来年?

    日常 - 2020/05/02

    新型コロナウイルス感染症の終息は、2022年まで掛かるという学説が示されました。Kissler SM, Tedijanto C, Goldstein , Grad YH, Lipsitch M. Projecting the transmission dynamics of SARS-CoV-2 through the postpandemic period. Science. 2020 Apr 14.サイエンス誌に掲載されたこの論文では、再来年の2022年までは、持続的もしくは断続的な社会的距離政策(いわゆるSocial distance policy)が必要になる可能性があると述べ...

≪前のページ≪   1ページ/2ページ   ≫次のページ≫

プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: 40代
住所: 神奈川県
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

ブログメニュー

推薦書籍

FC2カウンター

リンク

関連サイト

検索エンジン

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
154位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
18位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

関連サイト

QRコード

QR