FC2ブログ
RSS

2020年06月のエントリー一覧

  • 新型コロナの専門家会議

    日常 - 2020/06/28

    新型コロナウイルス感染症の対策において、専門家の在り方が問われているような気がします。新型コロナの専門家会議が廃止されることになったのですが、この背景には、新型コロナに関する専門家の判断に対して、世間の批判が集まっていた事象があるようです。たとえば、某大学の感染症の専門家が、日本における新型コロナの感染拡大を春先の段階で予測した際に、感染者数が80万人以上で、死者数が40万人以上に及ぶという見通しが示...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Fulton et al. 1991)

    文献 - 2020/06/27

    「神経筋接合根部移植によるスタンダードブレッドの左側喉頭片麻痺の治療」Fulton IC, Derksen FJ, Stick JA, Robinson NE, Walshaw R. Treatment of left laryngeal hemiplegia in standardbreds, using a nerve muscle pedicle graft. Am J Vet Res. 1991; 52(9): 1461-1467.この研究論文では、馬の喉頭片麻痺(Laryngeal hemiplegia)に有用な外科的療法を検討するため、七頭の健常なスタンダードブレッドを用いて、左側喉頭神...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Bohanon et al. 1990)

    文献 - 2020/06/26

    「重種馬の喉頭片麻痺:27症例の調査」Bohanon TC, Beard WL, Robertson JT. Laryngeal hemiplegia in draft horses. A review of 27 cases. Vet Surg. 1990; 19(6): 456-459.この研究論文では、重種馬(Draft horses)の喉頭片麻痺(Laryngeal hemiplegia)の病態解明と、有用な外科的療法を検討するため、1973~1987年にかけて、臨床症状(Clinical signs)および内視鏡検査(Endoscopy)によって、喉頭片麻痺の確定診断(Defini...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Williams et al. 1990)

    文献 - 2020/06/24

    「左側喉頭神経切除、人工喉頭形成術、披裂軟骨亜全摘出術が最大労作時の上部気道圧に及ぼす影響」Williams JW, Pascoe JR, Meagher DM, Hornof WJ. Effects of left recurrent laryngeal neurectomy, prosthetic laryngoplasty, and subtotal arytenoidectomy on upper airway pressure during maximal exertion. Vet Surg. 1990; 19(2): 136-141.この研究論文では、馬の喉頭片麻痺(Laryngeal hemiplegia)に有用な外科的療法を...

  • 新型コロナに立ち向かうある獣医師

    日常 - 2020/06/23

    新型コロナウイルス感染症に立ち向かう獣医師がいらっしゃいます。日本の新型コロナ対策においては、多くの感染症やウイルス学の専門家が関与されていますが、その中に、医学とは違った見地から奮闘されている獣医師がいらっしゃいます。それが、京都大学の宮沢孝幸・准教授で、新型コロナ対策の某専門家会議での発表によると、獣医学における動物のウイルス学の研究では、対象動物を使った感染実験が出来ることから、感染実験の出...

  • 馬の文献:軟口蓋背方変位(Allen et al. 2013)

    文献 - 2020/06/22

    「サラブレッド競走馬の口蓋不安定性の特徴および軟口蓋背方変位の発症への関与」Allen K, Franklin S. Characteristics of palatal instability in Thoroughbred racehorses and their association with the development of dorsal displacement of the soft palate. Equine Vet J. 2013; 45(4): 454-459.この研究論文では、馬の軟口蓋背方変位(Dorsal displacement of soft palate)の病因論を解明するため、72頭におけるサラブ...

  • 馬の文献:軟口蓋背方変位(Rossignol et al. 2012)

    文献 - 2020/06/21

    「馬の軟口蓋背方変位の治療のための金属インプラントを用いた喉頭Tie-forward手術変法」Rossignol F, Ouachee E, Boening KJ. A Modified Laryngeal Tie-Forward Procedure Using Metallic Implants for Treatment of Dorsal Displacement of the Soft Palate in Horses. Vet Surg. 2012; 41(6): 685-658.この研究論文では、馬の軟口蓋背方変位(Dorsal displacement of soft palate)に対する有用な外科的療法を検討するため、安...

  • 馬の文献:軟口蓋背方変位(Pigott et al. 2010)

    文献 - 2020/06/20

    「軟口蓋背方変位の罹患馬における運動中の嚥下頻度」Pigott JH, Ducharme NG, Mitchell LM, Soderholm LV, Cheetham J. Incidence of swallowing during exercise in horses with dorsal displacement of the soft palate. Equine Vet J. 2010; 42(8): 732-737.この研究論文では、馬の軟口蓋背方変位(Dorsal displacement of soft palate)の病因論(Etiology)を解明するため、2001~2007年にかけて、運動中の内視鏡検査(Endos...

  • 馬の文献:軟口蓋背方変位(Ortved et al. 2010)

    文献 - 2020/06/19

    「15頭の競走馬における持続性軟口蓋背方変位の治療成功と喉頭位置の評価」Ortved KF, Cheetham J, Mitchell LM, Ducharme NG. Successful treatment of persistent dorsal displacement of the soft palate and evaluation of laryngohyoid position in 15 racehorses. Equine Vet J. 2010; 42(1): 23-29.この研究論文では、馬の軟口蓋背方変位(Dorsal displacement of soft palate)に対する有用な外科的療法を検討するため、20...

  • 馬の文献:軟口蓋背方変位(Alkabes et al. 2010)

    文献 - 2020/06/18

    「内視鏡を介してのダイオードレーザー焼烙口蓋形成術における、臨床検査、組織学検査、MRI検査、生体力学検査による治療効果の評価」Alkabes KC, Hawkins JF, Miller MA, Nauman E, Widmer W, Dunco D, Kras J, Couetil L, Lescun T, Gautam R. Evaluation of the effects of transendoscopic diode laser palatoplasty on clinical, histologic, magnetic resonance imaging, and biomechanical findings in horses. Am J Vet Re...

  • 馬の文献:軟口蓋背方変位(Barakzai et al. 2009b)

    文献 - 2020/06/17

    「英国のサラブレッドの競走能力に及ぼす舌くくりの影響」Barakzai SZ, Finnegan C, Boden LA. Effect of 'tongue tie' use on racing performance of thoroughbreds in the United Kingdom. Equine Vet J. 2009; 41(8): 812-816.この研究論文では、馬の軟口蓋背方変位(Dorsal displacement of soft palate)に対する有用な保存性療法(Conservative treatment)を検討するため、2001~2003年の期間中に無作為に選択された60日分...

  • 馬の文献:軟口蓋背方変位(Barakzai et al. 2009a)

    文献 - 2020/06/16

    「馬の間欠性軟口蓋背方変位に対する焼烙術の治療効果と保存性療法との比較:トレッドミル運動中の診断が下された78頭の症例」Barakzai SZ, Boden LA, Hillyer MH, Marlin DJ, Dixon PM. Efficacy of thermal cautery for intermittent dorsal displacement of the soft palate as compared to conservatively treated horses: results from 78 treadmill diagnosed horses. Equine Vet J. 2009; 41(1): 65-69.この研究論文では、...

  • 馬の文献:軟口蓋背方変位(Reardon et al. 2008)

    文献 - 2020/06/15

    「レース勝利賞金、勝率、および能力指数を用いての、馬の間欠性軟口蓋背方変位に対する焼烙術の治療効果の評価:110頭のサラブレッド競走馬における対照症例研究」Reardon RJ, Fraser BS, Heller J, Lischer C, Parkin T, Bladon BM. The use of race winnings, ratings and a performance index to assess the effect of thermocautery of the soft palate for treatment of horses with suspected intermittent dorsal displace...

  • 馬の文献:軟口蓋背方変位(Cheetham et al. 2008)

    文献 - 2020/06/14

    「喉頭Tie-forward手術のあとの競走能力:症例対照研究」Cheetham J, Pigott JH, Thorson LM, Mohammed HO, Ducharme NG. Racing performance following the laryngeal tie-forward procedure: a case-controlled study. Equine Vet J. 2008; 40(5): 501-507.この研究論文では、馬の軟口蓋背方変位(Dorsal displacement of soft palate)に対する有用な外科的療法を検討するため、2002~2007年にかけて、安静時または運動中の内視...

  • 新型コロナはヒト以外の動物にも感染する?

    日常 - 2020/06/13

    新型コロナウイルスは、ヒト以外の動物にも感染するのでしょうか?全米獣医学協会(AVMA)は、ヒトと動物とのあいだの新型コロナの伝搬について見解を出しており、「簡単には感染しない」という結論のようです。まず、事実関係をまとめると、今年の元旦から六月第一週までの約五ヶ月間で、新型コロナに陽性と判定されたペットは、世界中で20匹以下だったそうです。ヒトの感染者数が700万人以上であることを考えると、これは非常に...

  • 馬の文献:軟口蓋背方変位(Smith et al. 2005)

    文献 - 2020/06/12

    「102頭のサラブレッド競走馬の軟口蓋背方変位に対する治療のための、胸骨舌骨筋切除術、口蓋帆切除術、および、口腔尾側軟口蓋の光熱焼烙口蓋形成術」Smith JJ, Embertson RM. Sternothyroideus myotomy, staphylectomy, and oral caudal soft palate photothermoplasty for treatment of dorsal displacement of the soft palate in 102 thoroughbred racehorses. Vet Surg. 2005; 34(1): 5-10.この研究論文では、馬の軟口蓋背方...

  • 馬の文献:軟口蓋背方変位(Woodie et al. 2005)

    文献 - 2020/06/11

    「馬の軟口蓋背方変位に対する外科的喉頭前進術(喉頭Tie-forward手術)による治療:2001~2004年の前向き研究」Woodie JB, Ducharme NG, Kanter P, Hackett RP, Erb HN. Surgical advancement of the larynx (laryngeal tie-forward) as a treatment for dorsal displacement of the soft palate in horses: a prospective study 2001-2004. Equine Vet J. 2005; 37(5): 418-423.この研究論文では、馬の軟口蓋背方変位(Dorsal di...

  • 馬の文献:軟口蓋背方変位(Barakzai et al. 2004)

    文献 - 2020/06/10

    「53頭のサラブレッド競走馬の軟口蓋背方変位に対する複合手術による治療効果の評価:1990~1996年」Barakzai SZ, Johnson VS, Baird DH, Bladon B, Lane JG. Assessment of the efficacy of composite surgery for the treatment of dorsal displacement of the soft palate in a group of 53 racing Thoroughbreds (1990-1996). Equine Vet J. 2004; 36(2): 175-179.この研究論文では、馬の軟口蓋背方変位(Dorsal displacement ...

  • 馬の文献:軟口蓋背方変位(Ducharme et al. 2003)

    文献 - 2020/06/09

    「馬の軟口蓋背方変位の発病に関する甲状舌骨筋の役割の治験」Ducharme NG, Hackett RP, Woodie JB, Dykes N, Erb HN, Mitchell LM, Soderholm LV. Investigations into the role of the thyrohyoid muscles in the pathogenesis of dorsal displacement of the soft palate in horses. Equine Vet J. 2003; 35(3): 258-263.この研究論文では、馬の軟口蓋背方変位(Dorsal displacement of soft palate)の病因論(Etiology)を明...

  • 新型コロナ感染のファクターXとは?

    日常 - 2020/06/08

    新型コロナウイルス感染症による死者数が、日本では極端に少ないという謎が議論されています。六月初めの時点での、新型コロナによる死者数は、日本では1,000人弱であるのに対して、世界最多の米国では10万人を超えており、約100倍の差があります。感染者数を見ても、日本では1万7,000人弱なのに、米国では約200万人で、やはり100倍以上の差となっています。このように、日本における新型コロナの死者数や感染者数が少ない理由とし...

  • 馬の文献:軟口蓋背方変位(Parente et al. 2002)

    文献 - 2020/06/07

    「トレッドミル高速運動検査で軟口蓋背方変位が見られた92頭の馬症例:1993~1998年」Parente EJ, Martin BB, Tulleners EP, Ross MW. Dorsal displacement of the soft palate in 92 horses during high-speed treadmill examination (1993-1998). Vet Surg. 2002; 31(6): 507-512.この研究論文では、馬の軟口蓋背方変位(Dorsal displacement of soft palate)における有用な診断法を検討するため、1993~1998年にかけて、トレッ...

  • 馬の文献:軟口蓋背方変位(Franklin et al. 2002)

    文献 - 2020/06/06

    「馬の軟口蓋背方変位に対する舌くくりの効果」Franklin SH, Naylor JR, Lane JG. The effect of a tongue-tie in horses with dorsal displacement of the soft palate. Equine Vet J Suppl. 2002; (34): 430-433.この研究論文では、馬の軟口蓋背方変位(Dorsal displacement of soft palate)に対する有用な保存性療法(Conservative treatment)を検討するため、内視鏡検査(Endoscopy)によって軟口蓋背方変位の診断が下された...

  • 馬の文献:軟口蓋背方変位(Tulleners et al. 1997)

    文献 - 2020/06/05

    「喉頭蓋増強による競走馬の軟口蓋背方変位の治療:1985~1994年の59症例」Tulleners E, Stick JA, Leitch M, Trumble TN, Wilkerson JP. Epiglottic augmentation for treatment of dorsal displacement of the soft palate in racehorses: 59 cases (1985-1994). J Am Vet Med Assoc. 1997; 211(8): 1022-1028.この研究論文では、馬の軟口蓋背方変位(Dorsal displacement of soft palate)に対する有用な外科的療法を検討するた...

  • 馬の文献:軟口蓋背方変位(Anderson et al. 1995)

    文献 - 2020/06/04

    「胸骨甲状舌骨筋切除術または口蓋帆切除術による競走馬の間欠性軟口蓋背方変位の治療:1986~1991年の209症例」Anderson JD, Tulleners EP, Johnston JK, Reeves MJ. Sternothyrohyoideus myectomy or staphylectomy for treatment of intermittent dorsal displacement of the soft palate in racehorses: 209 cases (1986-1991). J Am Vet Med Assoc. 1995; 206(12): 1909-1912.この研究論文では、馬の軟口蓋背方変位(Dorsal d...

  • 馬の文献:軟口蓋背方変位(Harrison et al. 1988)

    文献 - 2020/06/03

    「馬の胸骨甲状舌骨筋切除術:1984~1985年の17頭」Harrison IW, Raker CW. Sternothyrohyoideus myectomy in horses: 17 cases (1984-1985). J Am Vet Med Assoc. 1988; 193(10): 1299-1302.この研究論文では、馬の軟口蓋背方変位(Dorsal displacement of soft palate)に対する有用な外科的療法を検討するため、1984~1985年にかけて、内視鏡検査(Endoscopy)によって軟口蓋背方変位の診断が下され、胸骨甲状舌骨筋切除術(Ste...

  • 馬の文献:篩骨血腫(Textor et al. 2012)

    文献 - 2020/06/02

    「進行性篩骨血腫を呈した馬におけるCT検査結果:1993~2005年の16症例」Textor JA, Puchalski SM, Affolter VK, MacDonald MH, Galuppo LD, Wisner ER. Results of computed tomography in horses with ethmoid hematoma: 16 cases (1993-2005). J Am Vet Med Assoc. 2012; 240(11): 1338-1344.この研究論文では、進行性篩骨血腫(Progressive ethmoidal hematoma)に有用な診断法を検討するため、1993~2005年にかけて、進行性篩...

  • 新型コロナ対策のため日本にもCDCが必要なのか?

    日常 - 2020/06/01

    新型コロナウイルス感染症の対策のために、日本にもCDCが必要なのでしょうか?CDCとは、米国の疾病予防管理センター(Centers for Disease Control and Prevention)のことで、感染症や疫病の対策を主導して、人々の健康を増進することを主目的とする組織です。日本でも、新型コロナの感染拡大に伴って、専門家グループが招集されて、専門的な知見を解析して国家政策を決めるための一助を担っています。しかし、感染症対策のシステ...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫

プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: 40代
住所: 神奈川県
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

ブログメニュー

推薦書籍

FC2カウンター

リンク

関連サイト

検索エンジン

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
139位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
17位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

関連サイト

QRコード

QR