FC2ブログ
RSS

2020年08月のエントリー一覧

  • 馬の文献:喉頭蓋捕捉(Lumsden et al. 1994)

    文献 - 2020/08/31

    「馬の喉頭蓋捕捉の外科的療法:1981~1992年の51症例」Lumsden JM, Stick JA, Caron JP, Nickels FA. Surgical treatment for epiglottic entrapment in horses: 51 cases (1981-1992). J Am Vet Med Assoc. 1994; 205(5): 729-735.この研究論文では、馬の喉頭蓋捕捉(Epiglottic entrapment)に対する有用な外科的療法を検討するため、1981~1992年にかけて、内視鏡検査(Endoscopy)によって喉頭蓋捕捉の確定診断(Definitive d...

  • 馬の文献:喉頭蓋捕捉(Ross et al. 1993)

    文献 - 2020/08/30

    「馬の喉頭蓋捕捉の治療のための内視鏡誘導による経口腔軸性分割」Ross MW, Gentile DG, Evans LE. Transoral axial division, under endoscopic guidance, for correction of epiglottic entrapment in horses. J Am Vet Med Assoc. 1993; 203(3): 416-420.この研究論文では、馬の喉頭蓋捕捉(Epiglottic entrapment)に対する有用な外科的療法を検討するため、内視鏡検査(Endoscopy)によって喉頭蓋捕捉の確定診断(Definitive ...

  • 馬の文献:喉頭蓋捕捉(Tulleners. 1991)

    文献 - 2020/08/24

    「ネオジウムヤグレーザーによって治療された競走馬の喉頭蓋捕捉における内視鏡検査およびレントゲン検査での喉頭蓋低形成所見と競走能力との相関」Tulleners EP. Correlation of performance with endoscopic and radiographic assessment of epiglottic hypoplasia in racehorses with epiglottic entrapment corrected by use of contact neodymium:yttrium aluminum garnet laser. J Am Vet Med Assoc. 1991; 198(4): 621-626....

  • 馬の文献:喉頭蓋捕捉(Tate et al. 1990)

    文献 - 2020/08/23

    「内視鏡を介したネオジウムヤグレーザー手術による馬の喉頭蓋捕捉および軟口蓋背方変位の治療」Tate LP, Sweeney CL, Bowman KF, Newman HC, Duckett WM. Transendoscopic Nd:YAG laser surgery for treatment of epiglottal entrapment and dorsal displacement of the soft palate in the horse. Vet Surg. 1990; 19(5): 356-363.この研究論文では、馬の喉頭蓋捕捉(Epiglottic entrapment)および軟口蓋背方変位(Dorsal displ...

  • 馬の文献:喉頭蓋捕捉(Tulleners. 1990)

    文献 - 2020/08/22

    「馬の喉頭蓋捕捉の治療のための起立位手術による内視鏡を介してのネオジウムヤグレーザー的整復」Tulleners EP. Transendoscopic contact neodymium:yttrium aluminum garnet laser correction of epiglottic entrapment in standing horses. J Am Vet Med Assoc. 1990; 196(12): 1971-1980.この研究論文では、馬の喉頭蓋捕捉(Epiglottic entrapment)に対する有用な外科的療法を検討するため、1986~1988年にかけて、上部気道内...

  • 馬の文献:喉頭蓋捕捉(Honnas et al. 1988)

    文献 - 2020/08/21

    「喉頭蓋捕捉:起立位の馬における経鼻腔アプローチによる披裂喉頭蓋襞の軸性分割」Honnas CM, Wheat JD. Epiglottic entrapment. A transnasal surgical approach to divide the aryepiglottic fold axially in the standing horse. Vet Surg. 1988; 17(5): 246-251.この研究論文では、馬の喉頭蓋捕捉(Epiglottic entrapment)に対する有用な外科的療法を検討するため、1980~1987年にかけて、上部気道内視鏡検査(Upper airway ...

  • 新型コロナが犬や猫に感染?

    日常 - 2020/08/17

    新型コロナウイルスが国内の犬や猫にも感染する可能性が報告されています。国内の某ペット保険会社は、新型コロナに感染した飼い主から預かった犬二匹がPCR陽性を示したと発表しました。二匹とも健康状態には異常なく、他のペットや従業員はすべてPCR陰性だったそうです。また、東京大学医科学研究所は、新型コロナが猫のあいだで感染するという研究結果を発表しました。三匹の猫の鼻腔内に新型コロナを接種したところ、同居猫から...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Raffetto et al. 2015)

    文献 - 2020/08/16

    「78頭のサラブレッド競走馬における反回神経病の治療のためのポリウレタン人工喉頭形成術とレーザー声嚢声帯切除術の術後における競走能力」Raffetto JA, Wearn JG, Fischer AT Jr. Racing performance following prosthetic laryngoplasty using a polyurethane prosthesis combined with a laser-assisted ventriculocordectomy for treatment of recurrent laryngeal neuropathy in 78 Thoroughbred racehorses. Equine Vet J....

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Rossignol et al. 2015)

    文献 - 2020/08/15

    「起立馬の喉頭形成術」Rossignol F, Vitte A, Boening J, Maher M, Lechartier A, Brandenberger O, Martin-Flores M, Lang H, Walker W, Ducharme NG. Laryngoplasty in standing horses. Vet Surg. 2015; 44(3): 341-347.この研究論文では、馬の喉頭片麻痺(Laryngeal hemiplegia)に対する有用な外科的療法を検討するため、2008~2014年にかけて、内視鏡検査(Endoscopy)にて反回神経病(Recurrent laryngeal neuropathy)の...

  • 新型コロナはどう収束するのか?

    日常 - 2020/08/14

    新型コロナウイルス感染症はどのように収束に向かうのでしょうか?日経ビジネスのコラム(2020年8月7日)によると、過去の伝染病の収束には幾つかのパターンがありますが、完全な根絶を成し遂げたのが「天然痘」です。天然痘はポックスウイルスよって起こり、飛沫感染や接触感染をする点は新型コロナと同じですが、不顕性感染(=無症状感染)というケースが殆どないので、患者を発見・隔離するのが容易であることから、根絶が可能...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Barnett et al. 2013)

    文献 - 2020/08/13

    「喉頭形成術後の33頭の馬における運動時の披裂軟骨外転および安定性の長期的維持」Barnett TP, O'Leary JM, Parkin TD, Dixon PM, Barakzai SZ. Long-term maintenance of arytenoid cartilage abduction and stability during exercise after laryngoplasty in 33 horses. Vet Surg. 2013; 42(3): 291-295.この研究論文では、馬の喉頭片麻痺(Laryngeal hemiplegia)の外科的療法に応用される喉頭形成術(Laryngoplasty)におけ...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Bischofberger et al. 2013)

    文献 - 2020/08/12

    「喉頭形成術の術後に声門裂最大領域を得るためのインプラントの最適な緊張、位置、および数」Bischofberger AS, Wereszka MM, Hadidane I, Perkins NR, Jeffcott LB, Dart AJ. Optimal tension, position, and number of prostheses required for maximum rima glottidis area after laryngoplasty. Vet Surg. 2013; 42(3): 280-285.この研究論文では、馬の喉頭片麻痺(Laryngeal hemiplegia)に有用な外科的療法を検討するため、...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Fjordbakk et al. 2012)

    文献 - 2020/08/11

    「頚部屈曲時の動的喉頭圧潰に対する新治療:改良型支持手綱」Fjordbakk CT, Holcombe S, Fintl C, Chalmers H, Strand E. A novel treatment for dynamic laryngeal collapse associated with poll flexion: the modified checkrein. Equine Vet J. 2012; 44(2): 207-213.この研究論文では、馬の動的喉頭圧潰(Dynamic laryngeal collapse)に有用な保存性療法(Conservative treatment)を検討するため、頚部屈曲(Poll flexion...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Perkins et al. 2011)

    文献 - 2020/08/08

    「声嚢声帯切除術を喉頭形成術より前に行うことによる馬の披裂軟骨外転への影響の生体外的評価」Perkins JD, Meighan H, Windley Z, Troester S, Piercy R, Schumacher J. In vitro effect of ventriculocordectomy before laryngoplasty on abduction of the equine arytenoid cartilage. Vet Surg. 2011; 40(3): 305-310.この研究論文では、馬の喉頭片麻痺(Laryngeal hemiplegia)に対する外科的療法に有用な術式を評価するため...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Parente et al. 2011)

    文献 - 2020/08/07

    「輪状披裂関節強直を促進させる喉頭形成術の変法アプローチ」Parente EJ, Birks EK, Habecker P. A modified laryngoplasty approach promoting ankylosis of the cricoarytenoid joint. Vet Surg. 2011; 40(2): 204-210.この研究論文では、馬の喉頭片麻痺(Laryngeal hemiplegia)の治療のための喉頭形成術(Laryngoplasty)に有用な術式を検討するため、八頭の健常馬を用いて、三頭には通常の喉頭形成術、残りの五頭には輪状披...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Ahern et al. 2010)

    文献 - 2020/08/06

    「馬の喉頭形成術の力学的評価」Ahern BJ, Parente EJ. Mechanical evaluation of the equine laryngoplasty. Vet Surg. 2010; 39(6): 661-666.この研究論文では、馬の喉頭片麻痺(Laryngeal hemiplegia)の治療のための喉頭形成術(Laryngoplasty)に有用な術式を検討するため、46頭の健常馬から採取した披裂軟骨(Arytenoid cartilage)および輪状軟骨(Cricoid cartilage)を用いて、それぞれの軟骨に三種類の装具(Ethilon®, E...

  • 手足口病が減った!新型コロナはナゼ減らない?

    日常 - 2020/08/05

    新型コロナウイルス感染症に対する私たちの対策は、本当に不十分なのでしょうか?日本での新型コロナの感染拡大が報じられるなか、子供の「手足口病」の患者数が、昨年の100分の一だったというニュースが目に留まりました。手足口病とは、エンテロウイルスの感染によって起こり、ヘルパンギーナやプール熱と合わせて、子供の三大夏風邪と呼ばれています。このウイルスは、飛沫感染と接触感染によって伝搬し、マスク着用や手洗い・...

  • 馬の文献:喉頭片麻痺(Ducharme et al. 2010)

    文献 - 2020/08/04

    「神経補綴による馬の背側輪状披裂筋歩調の考察」Ducharme NG, Cheetham J, Sanders I, Hermanson JW, Hackett RP, Soderholm LV, Mitchell LM. Considerations for pacing of the cricoarytenoid dorsalis muscle by neuroprosthesis in horses. Equine Vet J. 2010; 42(6): 534-540.この研究論文では、馬の喉頭片麻痺(Laryngeal hemiplegia)に有用な外科的療法を検討するため、安静時の内視鏡検査(Endoscopy at rest)によっ...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫

プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: 40代
住所: 神奈川県
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

ブログメニュー

推薦書籍

FC2カウンター

リンク

関連サイト

検索エンジン

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
188位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
23位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

関連サイト

QRコード

QR