FC2ブログ
RSS

2020年10月のエントリー一覧

  • 馬の文献:喉嚢真菌症(Archer et al. 2012)

    文献 - 2020/10/20

    「ニュージーランドで六頭の馬に発症した喉嚢真菌症」Archer RM, Knight CG, Bishop WJ. Guttural pouch mycosis in six horses in New Zealand. N Z Vet J. 2012; 60(3): 203-209.この研究論文では、喉嚢真菌症(Guttural pouch mycosis)に起因する致死的出血(Fatal hemorrhage)の有用な予防法を検討するため、内視鏡検査(Endoscopy)によって喉嚢真菌症の診断が下され、バルーンカテーテル(Balloon-tipped catheter)による...

  • 馬の文献:喉嚢真菌症(Delfs et al. 2009)

    文献 - 2020/10/19

    「三頭の馬の喉嚢真菌症による急性鼻出血に対する経動脈的なニチノール血管遮閉プラグによる治療」Delfs KC, Hawkins JF, Hogan DF. Treatment of acute epistaxis secondary to guttural pouch mycosis with transarterial nitinol vascular occlusion plugs in three equids. J Am Vet Med Assoc. 2009; 235(2): 189-193.この研究論文では、喉嚢真菌症(Guttural pouch mycosis)に起因する急性鼻出血(Acute epistaxis)に対し...

  • 馬の文献:喉嚢真菌症(Ernst et al. 2006)

    文献 - 2020/10/18

    「反対側の側頭舌骨変形性関節症によって動脈遮閉術後に喉嚢真菌症が進行した馬の一症例」Ernst NS, Freeman DE, Mackay RJ. Progression of mycosis of the auditory tube diverticulum (guttural pouch) after arterial occlusion in a horse with contralateral temporohyoid osteoarthropathy. J Am Vet Med Assoc. 2006; 229(12): 1945-1948.この研究論文では、側頭舌骨変形性関節症(Temporohyoid osteoarthropathy)と喉嚢...

  • 馬の文献:喉嚢真菌症(Lepage et al. 2005)

    文献 - 2020/10/13

    「馬の喉嚢真菌症に対する経動脈的コイル塞栓形成術(1999~2002年):二年間の経過追跡」Lepage OM, Piccot-Crezollet C. Transarterial coil embolisation in 31 horses (1999-2002) with guttural pouch mycosis: a 2-year follow-up. Equine Vet J. 2005; 37(5): 430-434.この研究論文では、喉嚢真菌症(Guttural pouch mycosis)に有用な外科的療法を検討するため、1999~2002年にかけて、内視鏡検査(Endoscopy)によって喉...

  • 馬の文献:喉嚢真菌症(Leveille et al. 2000)

    文献 - 2020/10/12

    「馬の喉嚢真菌症に起因する出血を予防するための内頚動脈、外頚動脈、上顎動脈の経動脈コイル塞栓療法」Leveille R, Hardy J, Robertson JT, Willis AM, Beard WL, Weisbrode SE, Lepage OM. Transarterial coil embolization of the internal and external carotid and maxillary arteries for prevention of hemorrhage from guttural pouch mycosis in horses. Vet Surg. 2000; 29(5): 389-397.この研究論文では、喉嚢真菌症(...

  • 新型コロナの感染者数は水増しされている?

    日常 - 2020/10/10

    新型コロナウイルスの感染者数は本当に正確なのでしょうか? いま世界中では、新型コロナの検査法としてPCRが実施されています。しかし、このPCR検査には大きな欠点があり、それはサイクル数によって、検査の信頼性が著しく低下してしまうことです。PCRとは、遺伝子と合成酵素を混ぜて、94℃→60℃→72℃と温度変化させることで遺伝子を二倍に増幅させる手法であり、新型コロナの遺伝子1本が、1サイクルで2本に、2サイクルで4本に、3...

  • 馬の文献:喉嚢真菌症(Matsuda et al. 1999)

    文献 - 2020/10/09

    「馬の喉嚢真菌症に起因する鼻出血を予防するためのマイクロコイルを用いた内頚動脈遮閉術」Matsuda Y, Nakanishi Y, Mizuno Y. Occlusion of the internal carotid artery by means of microcoils for preventing epistaxis caused by guttural pouch mycosis in horses. J Vet Med Sci. 1999; 61(3): 221-225.この研究論文では、喉嚢真菌症(Guttural pouch mycosis)に起因する鼻出血(Epistaxis)の有用な予防法を検討するため...

  • 馬の文献:喉嚢真菌症(Bacon-Miller et al. 1998)

    文献 - 2020/10/08

    「喉嚢真菌症に対するバルーンカテーテル治療において大脳動脈の解剖学的異常に起因する合併症を生じた馬の一症例」Bacon-Miller C, Wilson DA, Martin DD, Pace LW, Constantinescu GM. Complications of balloon catheterization associated with aberrant cerebral arterial anatomy in a horse with guttural pouch mycosis. Vet Surg. 1998; 27(5): 450-453.この研究論文では、喉嚢真菌症(Guttural pouch mycosis)に対する...

  • 新型コロナの死亡率は水増しされている?

    日常 - 2020/10/07

    新型コロナウイルス感染症の死亡率は本当に正確なのでしょうか?最近、アメリカ疾病予防管理センター(CDC: Centers for Disease Control and Prevention)は、米国での新型コロナの死者数は20万人を越えているものの、その中で、純粋に新型コロナで亡くなった方は6%に過ぎないことを発表しました。たとえば、新型コロナの感染から回復した人でも、その後に他の病気や事故で亡くなった場合には、新型コロナでの死者であると見なさ...

  • 馬の文献:喉嚢真菌症(Speirs et al. 1995)

    文献 - 2020/10/06

    「馬の喉嚢真菌症に対する治療では特定の抗真菌剤療法は必要か?」Speirs VC, Harrison IW, van Veenendaal JC, Baumgartner T, Josseck HH, Reutter H. Is specific antifungal therapy necessary for the treatment of guttural pouch mycosis in horses? Equine Vet J. 1995; 27(2): 151-152.この研究論文では、喉嚢真菌症(Guttural pouch mycosis)に対する有用な治療法を検討するため、内視鏡検査(Endoscopy)によって喉嚢...

  • 馬の文献:喉嚢真菌症(Davis et al. 1994)

    文献 - 2020/10/04

    「喉嚢真菌症に対するイトラコナゾールおよび局所性エニルコナゾールによる治療が成功した馬の一症例」Davis EW, Legendre AM. Successful treatment of guttural pouch mycosis with itraconazole and topical enilconazole in a horse. J Vet Intern Med. 1994; 8(4): 304-305.この研究論文では、喉嚢真菌症(Guttural pouch mycosis)に対するイトラコナゾールの全身投与(Systemic application)、および、エニルコナゾールの...

  • 馬の文献:喉嚢真菌症(Freeman et al. 1993)

    文献 - 2020/10/03

    「内頚動脈の分枝異常が原因でバルーンカテーテルによる動脈遮閉が阻害された馬の一症例」Freeman DE, Staller GS, Maxson AD, Sweeney CR. Unusual internal carotid artery branching that prevented arterial occlusion with a balloon-tipped catheter in a horse. Vet Surg. 1993; 22(6): 531-534.この研究論文では、喉嚢真菌症(Guttural pouch mycosis)に起因する鼻出血(Epistaxis)の予防のための、バルーンカテーテル(...

  • 馬の文献:喉嚢真菌症(Freeman et al. 1989)

    文献 - 2020/10/02

    「馬の喉嚢真菌症における出血予防のための外頚動脈および上顎動脈の遮閉術」Freeman DE, Ross MW, Donawick WJ, Hamir AN. Occlusion of the external carotid and maxillary arteries in the horse to prevent hemorrhage from guttural pouch mycosis. Vet Surg. 1989; 18(1): 39-47.この研究論文では、喉嚢真菌症(Guttural pouch mycosis)に起因する鼻出血(Epistaxis)の有用な予防法を検討するため、内視鏡検査(Endoscopy...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫

プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: 40代
住所: 神奈川県
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

ブログメニュー

推薦書籍

FC2カウンター

リンク

関連サイト

検索エンジン

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
223位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
26位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

関連サイト

QRコード

QR