fc2ブログ
RSS

2023年11月のエントリー一覧

  • 腸間膜憩室ヒモによる馬の疝痛

    話題 - 2023/11/29

    一般的に、腸間膜憩室ヒモ(Mesodiverticular band)は卵黄奇形に分類され、胎生期に腸管と卵黄包を繋いでいる組織が遺残することで発生します。卵黄奇形を分類すると、胎生期腸管の一部が袋状に残ったものをメッケル憩室と呼び、胎生期腸管膜のみが残ってしまうと腸間膜憩室ヒモになります。馬では、このヒモが腸管と干渉して、小腸の捻転・絞扼・捕捉・圧迫などを生じて、疝痛の原因になることが知られています。馬における腸間...

  • 乗用馬の球節炎におけるPET検査

    話題 - 2023/11/27

    近年、ヒトや小動物の医療では、PET検査(陽電子放射断層撮影)による諸疾患の早期診断が行なわれています。PET検査は、放射能を含む薬剤を投与して、その薬剤が取り込まれた箇所を、CTやMRIなどで描出する検査手法です。当初は、癌細胞がブドウ糖を多く取り込む性質を利用して、18F-フルオロデオキシグルコース(放射能を出すブドウ糖)を投与することで、悪性腫瘍を早期診断するのに用いられてきました。一方で、運動器のPET検査...

  • イーロス(EOTRH)の概要と治療方針

    話題 - 2023/11/25

    近年、馬の獣医学で提唱されている歯科疾患として、ウマ破歯細胞性歯再吸収およびセメント質肥大症(EOTRH: Equine odontoclastic tooth resorption and hypercementosis)という病気があります。臨床的に認識されてから、まだ二十年程度の疾患であるため、未解明な要素もありますが、馬の歯科疾患としては、最も痛みが強いものの一つだとも言われています。ここでは、EOTRHの概要や治療方針などを解説した総説的論文を紹介します...

  • 馬の文献:繋靭帯炎(Hughes et al. 2007)

    文献 - 2023/11/24

    「馬の後肢の近位繋靭帯の診断麻酔における単一注射法の体外的評価」Hughes TK, Eliashar E, Smith RK. In vitro evaluation of a single injection technique for diagnostic analgesia of the proximal suspensory ligament of the equine pelvic limb. Vet Surg. 2007 Dec;36(8):760-4.馬の後肢における起始部繋靭帯炎は、比較的、頻繁に起こる疾患であるものの、エコー検査やX線検査での異常所見が明瞭でない症例も多いことか...

  • 競技引退した高齢馬の筋量低下の影響

    馬の飼養管理 - 2023/11/22

    近年、馬の寿命が延びて、高齢馬の飼養頭数が増えるに連れて、高齢期における病気の治療や健康管理が重要になってきています。そして、競技引退した後の高齢馬において、削痩していくことに不安を感じながらも、筋肉量の維持に苦慮している、というホースマンの声もよく耳にします。ここでは、競技引退した高齢馬の筋量低下(Low muscle mass)による影響を調査した知見を紹介します。下記の研究では、米国のケンタッキー州にて、2...

  • 若齢馬の変位疝における手術後の競走成績

    話題 - 2023/11/20

    馬の疝痛治療での開腹術は、侵襲性や合併症の危険も大きく、施術を判断する際には、術後にパフォーマンスを維持できるか否かも、重要な判断要因であると言えます。ここでは、若齢馬の変位疝での開腹術と、その後のセリ価格や競走成績への影響を調査した知見を紹介します。この研究では、米国の二箇所の馬病院において、1998~2016年にかけて、大結腸変位(Large colon displacement)の治療のために開腹術が実施された110頭のサラ...

  • 立位で整復された骨折馬の競走成績

    話題 - 2023/11/18

    一般的に、競走馬に起こる骨折の中でも、基節骨の矢状骨折や、管骨の内顆/外顆の縦骨折では、不完全骨折(亀裂骨折)で骨片変位が無ければ、立位での骨折整復(螺子固定術)が可能であることが知られています。この場合、鎮静と局所麻酔での内固定と、キャスト装着による外固定が併用され、麻酔覚醒時の事故リスクが無いという利点があります。そこで、下記の研究では、骨折馬の立位手術での治療効果を検証するため、英国の馬病院...

  • 馬の文献:繋靭帯炎(Minshall et al. 2006)

    文献 - 2023/11/17

    「関節内での脚部繋靭帯損傷を発症した18頭の馬における関節鏡的な診断と治療」Minshall GJ, Wright IM. Arthroscopic diagnosis and treatment of intra-articular insertional injuries of the suspensory ligament branches in 18 horses. Equine Vet J. 2006 Jan;38(1):10-4.この症例論文では、馬の繋靭帯炎に対する外科的療法の効能を検証するため、関節内に位置する部位の脚部繋靭帯を損傷して、関節鏡による診断と治療が行...

  • 馬の腱靭帯疾患に対する乳化吸引療法

    話題 - 2023/11/15

    馬の屈腱炎や靭帯炎は、競走馬や乗用馬に頻発する運動器疾患で、治癒までに長期間の休養を要することに加えて、再発率が高いことから、経済的な損失の大きい疾患であると言えます。その要因としては、屈腱炎や靭帯炎においては、腱や靭帯の線維が微細断裂した箇所に、肉芽組織が浸潤して瘢痕形成を起こすことから、それが妨げとなって、腱/靭帯線維が再生するのに長期間を要したり、瘢痕組織が混在する腱/靭帯は、健常な腱/靭帯よ...

  • 馬の球節固定術ではテンションバンドは不要?

    話題 - 2023/11/13

    馬に対する球節固定術は、懸垂装置の破損によって球節の掌側支持機能が失われた場合や(繋靭帯や種子骨靭帯の断裂)、球節の重篤な関節疾患などによって疼痛管理が困難な場合(球節の変性関節疾患)に適応されます。このうち、前者では、球節の懸垂装置の機能を回復させる外科的措置(テンションバンドワイヤーの設置)が必要になるのに対して、後者では、その必要性が低いというのが、これまでの術式選択の指針とされてきました。...

  • 馬の昆虫刺咬性過敏症:オクラシチニブ投与

    話題 - 2023/11/11

    馬の病気のなかでも、皮膚病は、目に付きやすい事もあり、ホースマンからの相談が多いものの一つです。このうち、馬のアレルギー性皮膚炎は、体躯や四肢に発疹や脱毛、掻痒感による自傷を起こして、ホースマンを悩ませる病気ですが、その原因として多いのが、吸血昆虫などの唾液成分がアレルゲンとなって発症する、昆虫刺咬性過敏症(IBH: Insect bite hypersensitivity)であると言われています。近年では、犬のアレルギー性皮膚...

  • 馬の文献:繋靭帯炎(Hewes et al. 2006)

    文献 - 2023/11/10

    「馬の起始部繋靭帯炎に対する包膜切開術と靱帯形成術の効果:1995〜2004年の27症例」Hewes CA, White NA. Outcome of desmoplasty and fasciotomy for desmitis involving the origin of the suspensory ligament in horses: 27 cases (1995-2004). J Am Vet Med Assoc. 2006 Aug 1;229(3):407-12.この症例論文では、馬の繋靭帯炎における外科的療法の治療効果を検証するため、米国のバージニア大学の獣医病院にて、1995〜2004年...

  • 他家の幹細胞による屈腱炎の治療(リニューテンド®)

    話題 - 2023/11/08

    近年の獣医学では、運動器疾患に対する再生医療の臨床応用が進んでおり、間葉系幹細胞の局所投与を介して、組織の再生過程を促進する療法が試みられています。ここでは、馬の浅屈腱炎(Superficial digital flexor tendinitis)および繋靭帯損傷(Suspensory ligament injury)に対して、他家の幹細胞の病巣内注射による治療を行なった知見を紹介します。下記の研究では、ベルギーの四箇所の馬病院にて、浅屈腱炎または繋靭帯炎の...

  • 他家の幹細胞による関節炎の治療(アーティセル®)

    話題 - 2023/11/06

    近年の獣医学では、運動器疾患に対する再生医療の臨床応用が進んでおり、間葉系幹細胞の局所投与を介して、組織の再生過程を促進する療法が試みられています。ここでは、乗用馬の後肢に好発する飛節内腫(Bone spavin)に対して、他家の幹細胞の関節内注射による治療を行なった知見を紹介します。下記の研究では、英国の一箇所の馬病院にて、飛節内腫の診断が下された167頭の症例馬を用いて、他家の間葉系幹細胞(Allogenic mesenc...

  • 馬の昆虫刺咬性過敏症:インターロイキン5ワクチン

    話題 - 2023/11/04

    馬の病気のなかでも、皮膚病は、目に付きやすい事もあり、ホースマンからの相談が多いものの一つです。このうち、馬のアレルギー性皮膚炎は、体躯や四肢に発疹や脱毛、掻痒感による自傷を起こして、ホースマンを悩ませる病気ですが、その原因として多いのが、吸血昆虫などの唾液成分がアレルゲンとなって発症する、昆虫刺咬性過敏症(IBH: Insect bite hypersensitivity)であると言われています。ここでは、インターロイキン5活性...

  • 馬の文献:繋靭帯炎(Caminoto et al. 2005)

    文献 - 2023/11/03

    「馬の後肢の実験的繋靭帯への体外衝撃波療法の微細構造や免疫染色的評価」Caminoto EH, Alves AL, Amorim RL, Thomassian A, Hussni CA, Nicoletti JL. Ultrastructural and immunocytochemical evaluation of the effects of extracorporeal shock wave treatment in the hind limbs of horses with experimentally induced suspensory ligament desmitis. Am J Vet Res. 2005 May;66(5):892-6. この研究論文では、馬の繋靭帯に...

  • 乗用馬の肋骨骨折とプアパフォーマンスの関連性

    話題 - 2023/11/01

    乗馬の競技において、期待を裏切るプアパフォーマンス(突然の飛越反抗など)を示した時には、その理由がハッキリとは分からない事も多々あります。一般的に、馬のプアパフォーマンスの要因としては、運動器系、呼吸器系、心脈管系などの疾患が関与していると言われていますが、その他のマイナーな病気が要因となることも考えられます。ここでは、乗用馬のプアパフォーマンスにおいて、肋骨骨折(Rib fracture)の関与を検証した知...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫

プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: アラフィフ
住所: 北関東
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

質問、御意見、記事の要望等は下記まで
E-mail: rowdyponies@gmail.com

最新記事

ブログメニュー

馬の話題

馬の病気の話題
・蹄葉炎, 切腱術
・ナビキュラー症候群
・蹄病一般, 装蹄
・腱靭帯疾患
・背部/腰部/仙腸部疾患
・プアパフォーマンス
・消化器疾患一般
・胃潰瘍
・虚血再灌流障害
・呼吸器の医療
・神経疾患, 神経学検査
・クッシング病
・繁殖疾患と繁殖学
・皮膚病の医療
・眼科疾患, 眼科治療
・歯科疾患, 歯科治療
・寄生虫病
・高齢馬の医療
・子馬の病気や管理法
・子馬/若齢馬の長期的影響
・突然死
・症例シリーズ

馬の医療の話題
・疝痛の検査
・経鼻チューブ
・腹水検査
・疝痛の予防
・疝痛の手術判断と予後予測
・開腹術の手技や合併症
・疝痛の外科的処置
・疝痛の獣医療での地域差
・跛行検査, 画像診断
・関節鏡
・去勢, 泌尿生殖器
・抗生物質
・COX-2限定阻害薬
・破骨細胞抑制剤
・ショックウェーブ
・パーグ治療
・馬のハンドリング, 投薬
・バイオマーカー
・麻酔
・整形外科
・キャスト, ピンキャスト
・再生医療
・先端医療
・良い死(Euthanasia)
・馬の獣医療一般

馬の一般的話題
・馬の飼養管理一般
・飼養管理での病気/怪我の予防
・馬学一般
・ウマ社会の話題
・獣医学一般, 日常
・馬の飼料
・跛行と運動
・調馬索
・サク癖
・馬の行動学や悪癖
・ハミや馬具
・輸送
・怪我や事故の予防,対処法
・ホースマンの怪我と事故
・競馬での事故死や骨折
・馬とヒト, 伝染病, 馬動物学

馬の診療シリーズ

サイト内タグ一覧

FC2カウンター

リンク

カレンダー

10 | 2023/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

推薦図書

月別アーカイブ

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

カテゴリ

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
2位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR