fc2ブログ
RSS

馬の反復トレーニングは3回まで?

20220816_Blog_HC059_LessCanBeMore_Pict1.jpg

馬のトレーニングでの反復練習に関する知見が発表されています。

ドイツのギーセン大学の研究者は、馬の反復トレーニングについて研究しています。一般的に、ホースマンが馬をトレーニングする時に、同じ動作を何回反復させるかに関しては、トレーナーが感覚的に判断することが多いそうですが、同研究者によると、反復トレーニングの回数が多すぎれば、時間のロスになるだけでなく、馬が退屈してしまう結果になると述べています。この影響について解明すれば、トレーニングの効率化、および、馬のウェルフェア向上に役立つと期待されます。

参考資料:
Christa Leste-Lasserre, MA. Study: Less Can Be More When Training Horses. The Horse, Topics, Behavior & Handling, Horse Care, Horsemanship Science, Welfare and Industry: Aug15, 2022.

この研究では、20頭の馬に対して、後退、頭部下垂、後肢挙上、および、頭部を横へ屈曲させるという運動を、週に2回の頻度で六週間にわたって調教しました。その際、同じ運動を反復させる回数を3回または6回にして、馬たちがこれらの運動を学んでいく効率性を評価しました。各馬に対しては、合図に対する反応の良さや、反応に要する用手操作の力具合い、および、反応までの素早さが点数化されました。

その結果、第一週の時点では、6回ずつ反復練習させた方が、3回ずつよりもトレーニング効果が高かったものの、全六週間の調教が完了した時点では、6回ずつと3回ずつの反復練習によって、トレーニング効果には有意差が無かったことが示されました。このため、馬に新しいスキルを調教する時には、反復トレーニングする回数は3回までとすることで、充分なトレーニング効果を上げながら、馬が退屈してしまうのを防げるという考察がなされています。

20220816_Blog_HC059_LessCanBeMore_Pict2.jpg

この研究では、様々なスキルを馬に教える時に、3回ずつのトレーニングを週2回という頻度で実施すれば良いという結果が示され、馬という動物の理解力や記憶力の高さが示されたと言えます。一方、今回の実験では、頭部や肢を動かすという、特別な身体能力は要らない運動内容を調教する実験でしたので、反復練習の回数が少なくて済んだ可能性もあります。このため、より難易度が高く、馬体の柔軟性や特定部位の筋力を要する運動内容(お辞儀させたり、後肢で立ち上がるなど)に関しは、3回以上の反復練習、または、週2回以上の頻度が必要になるかを検討すべきなのかもしれません。

また、同研究者は、今後の課題として、反復練習の回数によって、馬の長期記憶に対する影響が出るかを評価する必要があるとも述べています。確かに、今回の実験では、六週間の調教期間の最中に、トレーニング効果を評価していますので、もし、一度教えたスキルを何年も継続して記憶させるためには、馬が少し飽きを覚えるくらい、何度も何度も反復練習をさせる方が、トレーニング効果が高いのかもしれません。

さらに、今回の実験では、馬に特定のスキルを学ばせる動機付けとしては、合図や手で押す力を、目的行動の達成時に中止するという「負の強化(Negative reinforcement)」が応用されていました。一方で、馬のトレーニングにおいては、目的行動の達成時に馬が好きなエサを与えたり、エサと同調記憶させたクリック音を出す器具を使う(クリッカートレーニング)など、「正の強化(Positive reinforcement)」が応用されることもあります。今後は、反復回数によるトレーニング効果の差異を、正の強化においても検証すべきなのかもしれません。

20220816_Blog_HC059_LessCanBeMore_Pict3.jpg

Copyright (C) nairegift.com/freephoto/, freedigitalphotos.net/, pakutaso.com/, picjumbo.com/, pexels.com/ja-jp/ All Rights Reserved.

関連記事:
・暖房した馬場での運動による馬の暑熱順応
・乗馬に役立つスマホアプリ
・母馬の肥満と子馬の出生体重の関係
・馬の買い手のための購入前検査
・放牧は腱や靭帯を強くする?
・熱射病の予防には競技前のクールダウン
・馬の年齢を歯で当てよう
・関節注射のリスクを知っていますか?
・鞍ズレと跛行の関係
・オス馬とメス馬の産み分け?
・冬場の毛刈りは是か非か?
・フロセマイド使用の是非
関連記事
このエントリーのタグ: 調教 動物学 行動学 サイエンス ヒトと馬

プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: アラフィフ
住所: 北関東
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

質問、御意見、記事の要望等は下記まで
E-mail: rowdyponies@gmail.com

最新記事

ブログメニュー

馬の話題カテゴリー

馬の病気の話題
・蹄葉炎, 切腱術
・ナビキュラー症候群
・蹄病一般, 装蹄
・腱靭帯疾患
・背部/腰部/仙腸部疾患
・プアパフォーマンス
・消化器疾患一般
・胃潰瘍
・虚血再灌流障害
・呼吸器の医療
・神経疾患, 神経学検査
・クッシング病
・繁殖疾患と繁殖学
・皮膚病の医療
・眼科疾患, 眼科治療
・歯科疾患, 歯科治療
・寄生虫病
・高齢馬の医療
・子馬の病気や管理法
・子馬/若齢馬の長期的影響
・突然死
・症例シリーズ

馬の医療の話題
・疝痛の検査
・経鼻チューブ
・腹水検査
・疝痛の予防
・疝痛の手術判断と予後予測
・開腹術の手技や合併症
・疝痛の外科的処置
・疝痛の獣医療での地域差
・跛行検査, 画像診断
・関節鏡
・去勢, 泌尿生殖器
・抗生物質
・局所肢灌流
・COX-2限定阻害薬
・破骨細胞抑制剤
・ショックウェーブ
・パーグ治療
・馬のハンドリング, 投薬
・バイオマーカー
・麻酔
・整形外科
・キャスト, ピンキャスト
・再生医療
・先端医療
・良い死(Euthanasia)
・馬の獣医療一般

馬の一般的話題
・馬の飼養管理一般
・飼養管理での病気/怪我の予防
・馬学一般
・ウマ社会の話題
・獣医学一般, 日常
・馬の飼料
・跛行と運動
・調馬索
・サク癖
・馬の行動学や悪癖
・ハミや馬具
・輸送
・怪我や事故の予防,対処法
・ホースマンの怪我と事故
・競馬での事故死や骨折
・馬とヒト, 伝染病, 馬動物学

馬の診療シリーズ

サイト内タグ一覧

FC2カウンター

リンク

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

推薦図書

月別アーカイブ

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

カテゴリ

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
2位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR