fc2ブログ
RSS

馬のリハビリ療法:10個の重要事項

20220916_Blog_HC074_Rehabilitation_Pict1.jpg

馬の運動器疾患のなかでも、腱や靭帯、関節組織の損傷は、治癒に長期間を要することが多く、その治療期間中には、筋委縮によるパフォーマンスの低下を起こすことが一般的です。近年、馬の獣医療においては、ヒト医療におけるリハビリ療法と同様に、長期間の病気療養で下がってしまった馬の競技能力を、如何に短期間かつ有効に回復させていくか、という理念が生まれ、その技術や知見が深まってきています。ここでは、そのような馬のリハビリ療法に関する重要事項をまとめた記事を紹介します。

参考資料:
UC Davis Center for Equine Health Horse Report. 10 Sport Horse Medicine and Rehabilitation Facts. The Horse, Topics, Article, Equine Rescue and Rehabilitation, Sports Medicine, Sports Nutrition, Welfare and Industry: Sep8, 2022.

重要事項1:リハビリ療法の専門医
実は、馬のリハビリ療法は、比較的に新しい専門分野であり、米国においても、スポーツ医療とリハビリ療法の専門医制度が確立されたのは2018年になってからです。ちょうどヒトのスポーツ選手が、スポーツ医療に特化した専門医師による指導でリハビリを行なっているのと同様に、獣医学の領域においても、スポーツ医療およびリハビリ療法の深い知識と技術を持った専門医が、馬を始めとするスポーツ競技に使役される動物に対して、生活の質とパフォーマンスを向上させるケアを行なうようになってきました。そして、この専門医制度の重要な目的は、科学的根拠に基づいた研究を実施して、リハビリ療法の知見を深めると同時に、有効なリハビリ療法のプロトコルを確立させていくことにあると提唱されています。

20220916_Blog_HC074_Rehabilitation_Pict2.jpg

重要事項2:ヒトのリハビリ療法のやり方が馬に当てはまるとは限らない
ヒト医療において、物理的療法が奏功してきた背景には、運動器の治癒過程に関する科学的知見が深化してきたからだと言われており、これには、様々な運動器組織における治癒速度に関する理解が確立されてきたことが含まれます。一方、馬のリハビリ療法においては、様々なリハビリ療法の有効性を示すための、多数の症例を対象とした無作為割り当ての研究が不足している、という警鐘が鳴らされています。そして、リハビリ療法の効率的なプロトコルを築き上げていくためには、より科学的かつ臨床的な視点に基づくデータを積み重ねていく必要があると提唱されています。ヒト医療のデータ転用ではなく、馬のリハビリは、馬のデータに則って確立させていく必要がありそうです。

重要事項3:リハビリ療法の良し悪しは確定診断に掛かっている
馬の運動疾患に対する初期治療は、臨床症状を元に判断されることが一般的です。しかし、その後に、リハビリ療法の機能的な調整を行なっていくためには、各馬の病態を正確に把握することが必須であり、そのためには、疼痛、固有受容器、関節可動域、筋力、運動制御能力、持久力、神経筋機能などを総括的に評価することが重要になってきます。リハビリ療法の計画を最も効率よく改善して、治療成績を向上させていくためには、運動器疾患の一次病態を明確に認識することが大切だからです。病気の診断は、リハビリ開始前だけでなく、リハビリの最中にも実施していくのが重要だと言えそうです。

20220916_Blog_HC074_Rehabilitation_Pict3.jpg

重要事項4:リハビリは過程であり、常に計画の調整を要する
最適なリハビリ療法の計画においては、此処の運動器疾患が治癒していくステージに応じて、最善の治療内容を決定していく必要があります。そのためには、リハビリ療法の専門家に指導を仰ぎ、最も安全かつ効力の高い手法を判断していく事になります。成功をもたらすリハビリ療法は、馬主と獣医師、装蹄師、栄養士、馬の飼養管理者などのチームワークと協働作業が必須であり、全ての馬に対して、これさえ実施すれば良いというリハビリメニューは存在しないという認識が重要です。基本的に、馬のリハビリメニューは、オーダーメイドにしなくてはいけない、という事のようです。

重要事項5:馬房休養は良い面だけではない
古典的に、馬のリハビリにおいては、長期間に及ぶ馬房休養が行なわれてきましたが、近年の研究では、馬体を動かさないことは、筋機能や関節柔軟性に悪影響を与えて、関節軟骨の変性や瘢痕組織の形成を進行させてしまうことが分かってきました。そのため、リハビリ療法の新しい方針としては、損傷部位の治癒を促進しながらも、馬を動かし続けることが試みられており、運動管理療法がリハビリの中で重要な一面を占めてきています。この考え方は、変性関節疾患などでは特に重要であり、馬房休養が長すぎることで、病態を悪化させるリスクを考慮する必要が出てくるのです。

20220916_Blog_HC074_Rehabilitation_Pict4.jpg

重要事項6:食餌の問題が競技能力低下を引き起こす
馬が怪我や病気になったときには、健康なとき以上に、体重とボディコンディションスコアを評価することが大切になってきます。リハビリ期間中には、馬の体重や活動量が変化していくので、栄養学的な評価を実施することが推奨されます。それに併せて、肥満や筋力低下などの問題が起きないような食餌管理を行ない、怪我のリスクを抑えながらも、筋力増強と運動能力向上を図っていくことが必要になってきます。やはり、運動メニューと食餌メニューの両方を改善することで、はじめて有効なリハビリ療法を築き上げていけると言えそうです。

重要事項7:リハビリ療法は競技馬だけのためではない
適切なレベルの運動能力を維持することは、競技馬のみならず、全ての馬において重要であり、特に高齢馬ではその必要性も増すと言えます。リハビリ療法の計画は、筋機能の維持、パフォーマンス向上、長期的な生活の質を維持するため、各馬の年齢や活動内容に応じて、個別に仕立てていくことが大切です。そして、病気の予防的観点に立てば、病態の早期診断と狙いを定めた治療法が重要になってきます。

20220916_Blog_HC074_Rehabilitation_Pict5.jpg

重要事項8:馬の水泳療法は無呼吸による影響を生じる
馬が水泳運動を行なっている時には、鼻孔を狭めて、無呼吸を維持する時間があり、これによって、馬体の浮力を得ることに加えて、哺乳類における潜水反射(Mammalian dive reflex)を生じることが知られています。全ての陸上脊椎動物は、半身浸水時の潜水反射によって、心拍数を下げて、血液を心臓と脳に再分布させることで酸素を節約します。このため、水泳療法の効能を評価するときには、呼吸器病態を悪化させていないかを注視することが重要になってきます。近年、馬のリハビリに応用されている水泳も、充分に注意しながら実施していく必要がありそうです。

重要事項9:肢巻きやプロテクターが肢端の発熱を引き起こす危険性
馬の運動時に装着される肢巻きやプロテクターは、筋肉に乏しい馬の肢端を保護するために有益です。しかし、無装着の場合に比べて、肢巻きやプロテクターの装着によって、肢端組織の発熱に繋がるという研究結果が示されています。その要因としては、肢巻きやプロテクターによって肢端部における発汗が妨げられることが挙げられており、ポロラップという種類の肢巻きでは、肢端の湿度が94%に達したと報告されています。特に、屈腱炎や靭帯炎のリハビリ療法では、肢巻きの有無やタイプにも注意を払って、発熱による病態の悪化や再発を防いでいくことが大切です。

20220916_Blog_HC074_Rehabilitation_Pict6.jpg

重要事項10:騎手と馬装もリハビリ療法の一端を担う
騎乗者の左右不均等性や、不適切に装着された馬具は、一次疾患を悪化させるのみならず、病態の再発に繋がることもあります。特に、鞍の装着については、リハビリ期間中に何度も再評価することが推奨されており、その失宜は、運動負荷や馬体のコンディションに大きな悪影響を与えうることが知られています。このため、リハビリ療法の期間中には、年数回の頻度で、鞍の装着具合いを評価して、馬体の強化および筋力増強を図ることが推奨されています。

馬の運動器疾患において、これまでは、「病気を治す」ことが主要素であり、その後に必要となる「競技能力の回復」については、あまり着目されていなかったのかもしれません。しかし、馬の能力をマイナスからゼロに戻す(=病気の治療)ことと同じくらいに、ゼロからプラスへと伸ばす(=パフォーマンスの回復)ことは重要であると言えます。今後は、どの病気のどのステージであれば、どのような運動メニューが有益であるのか、という知見やエビデンスを蓄積して、最適なリハビリ療法のプロトコルを確立させていく努力が必要なのではないでしょうか。

20220916_Blog_HC074_Rehabilitation_Pict7.jpg

Copyright (C) nairegift.com/freephoto/, freedigitalphotos.net/, pakutaso.com/, picjumbo.com/, pexels.com/ja-jp/ All Rights Reserved.

関連記事:
・オゾン化自己血液療法による馬の抗酸化作用
・セレン投与による馬の抗酸化作用
・高濃度ビタミンC療法による馬の抗酸化作用
・馬の子宮内膜炎に対するオゾン療法
・電磁波馬着で馬の背筋痛を改善
・馬の理学療法での指針と手法
・馬の整体は背筋痛に効く?
・キネシオテープは馬の腹筋に効く?
・人参ストレッチの効果
関連記事
このエントリーのタグ: 跛行 治療 サイエンス 調教 運動 腱靭帯疾患 関節炎

プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: アラフィフ
住所: 北関東
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

質問、御意見、記事の要望等は下記まで
E-mail: rowdyponies@gmail.com

最新記事

ブログメニュー

馬の話題

馬の病気の話題
・蹄葉炎, 切腱術
・ナビキュラー症候群
・蹄病一般, 装蹄
・腱靭帯疾患
・背部/腰部/仙腸部疾患
・プアパフォーマンス
・消化器疾患一般
・胃潰瘍
・虚血再灌流障害
・呼吸器の医療
・神経疾患, 神経学検査
・クッシング病
・繁殖疾患と繁殖学
・皮膚病の医療
・眼科疾患, 眼科治療
・歯科疾患, 歯科治療
・寄生虫病
・高齢馬の医療
・子馬の病気や管理法
・子馬/若齢馬の長期的影響
・突然死
・症例シリーズ

馬の医療の話題
・疝痛の検査
・経鼻チューブ
・腹水検査
・疝痛の予防
・疝痛の手術判断と予後予測
・開腹術の手技や合併症
・疝痛の外科的処置
・疝痛の獣医療での地域差
・跛行検査, 画像診断
・関節鏡
・去勢, 泌尿生殖器
・抗生物質
・COX-2限定阻害薬
・破骨細胞抑制剤
・ショックウェーブ
・パーグ治療
・馬のハンドリング, 投薬
・バイオマーカー
・麻酔
・整形外科
・キャスト, ピンキャスト
・再生医療
・先端医療
・良い死(Euthanasia)
・馬の獣医療一般

馬の一般的話題
・馬の飼養管理一般
・飼養管理での病気/怪我の予防
・馬学一般
・ウマ社会の話題
・獣医学一般, 日常
・馬の飼料
・跛行と運動
・調馬索
・サク癖
・馬の行動学や悪癖
・ハミや馬具
・輸送
・怪我や事故の予防,対処法
・ホースマンの怪我と事故
・競馬での事故死や骨折
・馬とヒト, 伝染病, 馬動物学

馬の診療シリーズ

サイト内タグ一覧

FC2カウンター

リンク

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

月別アーカイブ

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

カテゴリ

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
1位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR