fc2ブログ
RSS

馬の文献:息労(Leclere et al. 2010)

Blog_Litr0508_017_Leclere2010_Pict1.jpg

「回帰性気道閉塞の罹患馬における持続性抗原曝露の状況下でのプレドニゾンおよびデキサメサゾンの経口投与の効能」
Leclere M, Lefebvre-Lavoie J, Beauchamp G, Lavoie JP. Efficacy of oral prednisolone and dexamethasone in horses with recurrent airway obstruction in the presence of continuous antigen exposure. Equine Vet J. 2010; 42(4): 316-321.

この研究では、馬の回帰性気道閉塞(Recurrent airway obstruction)(息労:Heaves)に有用な治療法を検討するため、七頭の回帰性気道閉塞の罹患馬を用いて、乾草給餌および藁敷料に曝露することで呼吸器症状を誘発(Induction of respiratory signs)してから、プレドニゾンおよびデキサメサゾンの経口投与(Oral administration)の後、肺機能(Pulmonary function)の評価が行われました。

結果としては、プレドニゾンおよびデキサメサゾンの経口投与によって、肺内外圧差(Transpulmonary pressure)、肺抵抗(Lung resistance)、肺伸縮性(Lung elastance)などの、肺機能指標の有意な向上が認められました。また、デキサメサゾン投与から三~七日目における肺内外圧差および肺抵抗は、放牧時の測定値と同程度まで回復していましたが、プレドニゾン投与から三~七日目では、いずれの肺機能指標も、放牧時の測定値よりも有意に悪化していた事が報告されています。このため、回帰性気道閉塞の罹患馬において、厩舎飼いから放牧への切り替えや、飼料の完全な変更などの、管理法の改善(Management improvement)が経済的に難しく、持続性の抗原曝露の状況下(Presence of continuous antigen exposure)での飼養を続けなければならない場合には、抗炎症剤(Anti-inflammatory agents)の経口投与によって、ある程度の治療効果が期待できると結論付けられています。

この研究では、飼養環境の変更は実施せず、クスリによる治療のみによって、肺機能の改善作用が示されましたが、他の文献では、アレルギー抗原を減らす管理法改善なしで、抗炎症剤を投与しても、有意な治療成績は期待できないという知見が示されています(Cesarini et al. EVJ. 2006;38:570)。このような違いが見られた理由としては、今回の実験デザインでは、(1)投薬前の抗原への曝露期間が短かったこと、(2)投薬の直後には、アレルギー抗原となる飼料は給餌されていなかったこと、(3)過去の研究とは異なった組成の抗炎症剤であったため、生物学的利用率(Bioavailability)に差異が生じていたこと、等が挙げられています。このため、今回の研究のデータのみから、馬の回帰性気道閉塞の治療における管理法改善の重要性を、安易に過小評価(Under-estimation)するのは適当ではない、という考察がなされています。

この研究では、ACTH刺激試験(Adrenocorticotrophic hormone stimulation test)こそ実施されていませんでしたが、プレドニゾンおよびデキサメサゾンのいずれの経口投与においても、血中のコルチゾル濃度の低下が認められました。他の文献では、一~二週間にわたるコルチコステロイド投与では、副腎皮質機能不全(Adrenocortical dysfunction)を生じる可能性は低いことが報告されていますが(Rush et al. AJVR. 1998;59:1044, Picandet et al. EVJ. 2003;35:419)、実際の回帰性気道閉塞の罹患馬において、長期間にわたる抗炎症剤療法を要する場合には、医原性の副腎皮質機能亢進症(Iatrogenic hyperadrenocorticism)および副腎皮質機能不全を続発する危険性を常に考慮する必要がある、という警鐘が鳴らされています。

Copyright (C) nairegift.com/freephoto/, freedigitalphotos.net/, ashinari.com/ All Rights Reserved.
Copyright (C) Akikazu Ishihara All Rights Reserved.

関連記事:
馬の病気:息労

関連記事

プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: アラフィフ
住所: 北関東
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

質問、御意見、記事の要望等は下記まで
E-mail: rowdyponies@gmail.com

最新記事

ブログメニュー

馬の話題カテゴリー

馬の病気の話題
・蹄葉炎, 切腱術
・ナビキュラー症候群
・蹄病一般, 装蹄
・腱靭帯疾患
・背部/腰部/仙腸部疾患
・プアパフォーマンス
・消化器疾患一般
・胃潰瘍
・虚血再灌流障害
・呼吸器の医療
・神経疾患, 神経学検査
・クッシング病
・繁殖疾患と繁殖学
・皮膚病の医療
・眼科疾患, 眼科治療
・歯科疾患, 歯科治療
・寄生虫病
・高齢馬の医療
・子馬の病気や管理法
・子馬/若齢馬の長期的影響
・突然死
・症例シリーズ

馬の医療の話題
・疝痛の検査
・経鼻チューブ
・腹水検査
・疝痛の予防
・疝痛の手術判断と予後予測
・開腹術の手技や合併症
・疝痛の外科的処置
・疝痛の獣医療での地域差
・跛行検査, 画像診断
・関節鏡
・去勢, 泌尿生殖器
・抗生物質
・局所肢灌流
・COX-2限定阻害薬
・破骨細胞抑制剤
・ショックウェーブ
・パーグ治療
・馬のハンドリング, 投薬
・バイオマーカー
・麻酔
・整形外科
・キャスト, ピンキャスト
・再生医療
・先端医療
・良い死(Euthanasia)
・馬の獣医療一般

馬の一般的話題
・馬の飼養管理一般
・飼養管理での病気/怪我の予防
・馬学一般
・ウマ社会の話題
・獣医学一般, 日常
・馬の飼料
・跛行と運動
・調馬索
・サク癖
・馬の行動学や悪癖
・ハミや馬具
・輸送
・怪我や事故の予防,対処法
・ホースマンの怪我と事故
・競馬での事故死や骨折
・馬とヒト, 伝染病, 馬動物学

馬の診療シリーズ

サイト内タグ一覧

FC2カウンター

リンク

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

推薦図書

月別アーカイブ

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

カテゴリ

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
2位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR