fc2ブログ
RSS

馬の文献:運動誘発性肺出血(Birks et al. 2002)

「運動誘発性肺出血:スタンダードブレッドおよびサラブレッドの競走後における内視鏡検査」
Birks EK, Shuler KM, Soma LR, Martin BB, Marconato L, Del Piero F, Teleis DC, Schar D, Hessinger AE, Uboh CE. EIPH: postrace endoscopic evaluation of Standardbreds and Thoroughbreds. Equine Vet J Suppl. 2002; (34): 375-378.

この研究では、馬の運動誘発性肺出血(Exercise-induced pulmonary haemorrhage)の病態把握のため、258頭のサラブレッドおよび296頭のスタンダードブレッドにおける、競走後の内視鏡検査(Post-race endoscopic evaluation)が行われました。

結果としては、実施された全ての内視鏡検査のうち、73.8%において運動誘発性肺出血が認められ、一回のみ検査された馬のうちでも、72.6%において運動誘発性肺出血が認められました。このうち、運動誘発性肺出血の発症率および重篤度グレードは、フロセマイドの投与の有無、および、品種の違いに対して、有意な相関は示されませんでした。また、スタンダードブレッドおよびサラブレッドのいずれにおいても、運動誘発性肺出血の発症率および重篤度グレードと、各レースの着順のあいだには、有意な相関は確認されませんでした。

このため、今回の研究では、競走馬における運動誘発性肺出血という病気が、発症率の高い重要な疾患である事が再確認されましたが、品種や歩様の違い(Difference in breed or gait)が発症素因(Predisposing factor)となったり(スタンダードブレッド v.s. サラブレッド、襲歩 v.s. 速歩)、その発症が競走能力(Racing performance)に影響を及えるというデータは示されませんでした。また、レース前のフロセマイド投与が、運動誘発性肺出血の発症を予防したり、病態の重篤度を減退させるという証拠も認められませんでした。

Copyright (C) nairegift.com/freephoto/, freedigitalphotos.net/, ashinari.com/ All Rights Reserved.
Copyright (C) Akikazu Ishihara All Rights Reserved.

関連記事:
馬の病気:運動誘発性肺出血

関連記事

プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: 40代
住所: 茨城県
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

取り上げて欲しいトピックがあれば下記まで
E-mail: rowdyponies@gmail.com

最新記事

ブログメニュー

サイト内タグ一覧

推薦図書

FC2カウンター

関連サイト

リンク

カレンダー

01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

馬獣医療機器

月別アーカイブ

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

カテゴリ

ホースケア用品

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
88位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
10位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

関連サイト

QRコード

QR