fc2ブログ
RSS

アルファキサロンでの馬の点滴麻酔

20221025_Blog_Topic136_TIVA_AlfxGfnMdt_Pict1.jpg

点滴麻酔は、全静脈麻酔(Total intravenous anesthesia)とも呼ばれ、麻酔薬を持続的に点滴で投与することで全身麻酔を維持する手法で、往診現場でも短時間の手術を実施することが可能となります。ここでは、アルファキサロンを用いた点滴麻酔に関する知見を紹介します。

参考文献:
Aoki M, Wakuno A, Kushiro A, Mae N, Kakizaki M, Nagata SI, Ohta M. Evaluation of total intravenous anesthesia with propofol-guaifenesin-medetomidine and alfaxalone-guaifenesin-medetomidine in Thoroughbred horses undergoing castration. J Vet Med Sci. 2017 Dec 22;79(12):2011-2018.

注意:下記の記述は、あくまで概要解説ですので、実際の施術に際しては、成書もしくは文献の原文を必ず確認して下さい。また、各薬剤の投与量は、馬の年齢や気性、全身状態の重篤さに応じて、常に微調整する必要があることに留意して下さい。



この研究では、以下の1と2で鎮静後に、3と4で麻酔導入を行ないます。
導入薬1: メデトミジン(0.005mg/kg)の静注
導入薬2: ブトルファノール(0.02mg/kg)の静注
導入薬3: グアイフェネシン(10mg/kg)の静注
導入薬4: アルファキサロン(1mg/kg)の静注


具体例としては、体重500kgの成馬を倒馬する際には、0.1%メデトミジン溶液2.5mL(2.5mg)、および、0.5%ブトルファノール溶液2mL(10mg)を静注して、十分に鎮静が掛かったあと、5%グアイフェネシン溶液100mL(5,000mg)を投与して、すぐに1%アルファキサロン溶液50mL(500mg)を急速静注することで倒馬します。



そして、倒馬後には、以下の1~3を混和・点滴して麻酔維持を行ないます。
維持薬1: メデトミジン(0.003mg/kg/hr)を持続点滴
維持薬2: グアイフェネシン(80mg/kg/hr)の持続点滴
維持薬3: アルファキサロン(1.5mg/kg/hr)の持続点滴


具体例としては、体重500kgの成馬を一時間麻酔する場合には、0.1%メデトミジン溶液1.5mL(1.5mg)、5%グアイフェネシン溶液800mL(40,000mg)、および、1%アルファキサロン溶液75mL(750mg)の三つを混和して、合計で876.5mLの溶液を作成します。そして、成人用点滴ライン(20滴/mL)を用いて、一秒間に約5滴(=4.87滴)の速度で点滴します(輸液装置を使う場合は、予定量876.5mL、時間60分で設定)。なお、この論文中では、アルファキサロンの代わりにプロポフォールで倒馬(2mg/kg)および麻酔維持(3mg/kg/hr)するプロトコルも評価されています。



結果としては、アルファキサロンを用いた麻酔導入および点滴麻酔では、遊泳運動は見られず、一時間の全身麻酔が適切に維持されました(去勢のため)。一方、プロポフォールを用いた麻酔導入および点滴麻酔では、6頭中の1頭で遊泳運動が認められ、肉様膜緊張や体動のために、プロポフォールの追加投与を要していました。

このため、アルファキサロンを用いた点滴麻酔では、一時間にわたる馬の全身麻酔が実施できることが示されました。一方で、プロポフォールの点滴麻酔では、動脈酸素分圧が60mmHg以下まで減少したことから(無呼吸症状を呈した馬は無し)、麻酔中に酸素吸引させることで、低酸素症を予防することが推奨されています。

Copyright (C) nairegift.com/freephoto/, freedigitalphotos.net/, pakutaso.com/, picjumbo.com/, pexels.com/ja-jp/ All Rights Reserved.
Copyright (C) Akikazu Ishihara All Rights Reserved.

関連記事:
・馬の麻酔後肺水腫の危険因子
・プロポフォールでの馬の点滴麻酔
・ケタミンでの馬の点滴麻酔
・馬の麻酔覚醒の手法
関連記事
このエントリーのタグ: 手術

プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: アラフィフ
住所: 北関東
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

質問、御意見、記事の要望等は下記まで
E-mail: rowdyponies@gmail.com

最新記事

ブログメニュー

馬の話題カテゴリー

馬の病気の話題
・蹄葉炎, 切腱術
・ナビキュラー症候群
・蹄病一般, 装蹄
・腱靭帯疾患
・背部/腰部/仙腸部疾患
・プアパフォーマンス
・消化器疾患一般
・胃潰瘍
・虚血再灌流障害
・呼吸器の医療
・神経疾患, 神経学検査
・クッシング病
・繁殖疾患と繁殖学
・皮膚病の医療
・眼科疾患, 眼科治療
・歯科疾患, 歯科治療
・寄生虫病
・高齢馬の医療
・子馬の病気や管理法
・子馬/若齢馬の長期的影響
・突然死
・症例シリーズ

馬の医療の話題
・疝痛の検査
・経鼻チューブ
・腹水検査
・疝痛の予防
・疝痛の手術判断と予後予測
・開腹術の手技や合併症
・疝痛の外科的処置
・疝痛の獣医療での地域差
・跛行検査, 画像診断
・関節鏡
・去勢, 泌尿生殖器
・抗生物質
・局所肢灌流
・COX-2限定阻害薬
・破骨細胞抑制剤
・ショックウェーブ
・パーグ治療
・馬のハンドリング, 投薬
・バイオマーカー
・麻酔
・整形外科
・キャスト, ピンキャスト
・再生医療
・先端医療
・良い死(Euthanasia)
・馬の獣医療一般

馬の一般的話題
・馬の飼養管理一般
・飼養管理での病気/怪我の予防
・馬学一般
・ウマ社会の話題
・獣医学一般, 日常
・馬の飼料
・跛行と運動
・調馬索
・サク癖
・馬の行動学や悪癖
・ハミや馬具
・輸送
・怪我や事故の予防,対処法
・ホースマンの怪我と事故
・競馬での事故死や骨折
・馬とヒト, 伝染病, 馬動物学

馬の診療シリーズ

サイト内タグ一覧

FC2カウンター

リンク

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

推薦図書

月別アーカイブ

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

カテゴリ

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
2位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR