fc2ブログ
RSS

馬の文献:炎症性気道疾患(Moore et al. 1995)

「炎症性気道疾患を呈したスタンダードブレッド競走馬における気管支洗浄液の細胞学的検査」
Moore BR, Krakowka S, Robertson JT, Cummins JM. Cytologic evaluation of bronchoalveolar lavage fluid obtained from standardbred racehorses with inflammatory airway disease. Am J Vet Res. 1995; 56(5): 562-567.

この研究では、馬の炎症性気道疾患(Inflammatory airway disease)の病態解明のため、プアパフォーマンスや咳嗽(Coughing)の症状、および、内視鏡検査(Endoscopy)での炎症性気道疾患の所見を呈した32頭のスタンダードブレッド競走馬における、気管支肺胞洗浄液(Bronchoalveolar lavage fluid)の細胞学的検査(Cytologic evaluation)が行われました。

この研究では、症状および内視鏡検査に基づく、炎症性気道疾患の診断基準として、咳嗽を0~3段階、咽頭リンパ過形成(Pharyngeal lymphoid hyperplasia)を1~4段階、鼻腔咽頭浸出液(Nasopharyngeal exudate)を0~2段階、気管浸出液(Tracheal exudate)を0~3段階にグレード分けして、この合計値(最大で12)が8以上の場合を、炎症性気道疾患の発症とする取込基準(Inclusion criteria)が用いられました。

結果としては、炎症性気道疾患の罹患馬における気管支肺胞洗浄液では、軽度の好中球増加症(Neutrophilia)、リンパ球増加症(Lymphocytosis)、単球増加症(Monocytosis)が認められました。また、リンパ球の表現型解析(Phenotypic analysis)では、CD4陽性のTリンパ球およびBリンパ球の割合が低かった事が報告されています。このため、競走馬の炎症性気道疾患は、類似の呼吸器病である息労(慢性閉塞性肺疾患:Chronic obstructive pulmonary disease)(=現在の病名は回帰性気道閉塞:Recurrent airway obstruction)とは、異なった病理発生(Pathogenesis)によって発症に至ることが示唆されました。

この研究では、炎症性気道疾患の具体的な病因論については、この論文内では結論付けられていませんが、反復性または持続性の気道ウイルス感染(Recurrent/Persistent respiratory tract viral infection)が、炎症性気道疾患の実体である可能性が示唆されています。また、四頭の罹患馬においては、顕著な好酸球増加症(Eosinophilia)が見られ、同様の所見は、息労の罹患馬においても報告されています(Derksen et al. J Appl Physiol. 1985;58:598)。この所見は、全身性の好酸球増加症を伴わない事から、肺の一型過敏症(Type-1 hypersensitivity)が原因であると考えられています。

一般的に、気管支肺胞洗浄液に含まれる好中球数は、健常馬では4~9-cells/µL、息労馬では60~184-cells/µLである事が知られています(Naylor et al. Can Vet J. 1992;33:591, Mair. EVJ. 1987;19:463)。一方、今回の研究における、炎症性気道疾患の罹患馬の気管支肺胞洗浄では、好中球数は平均25-cells/µLであり、息労の罹患馬よりは顕著に低い傾向にありました。このため、肺組織における三型過敏症(Type-3 hypersensitivity of pulmonary tissue)が原因であると考えられる息労と異なり(Derksen. Eq Resp Disorders. 1990:223)、炎症性気道疾患では混合性炎症(Mixed inflammation)の病態を呈していたと結論付けられています。

Copyright (C) nairegift.com/freephoto/, freedigitalphotos.net/, ashinari.com/ All Rights Reserved.
Copyright (C) Akikazu Ishihara All Rights Reserved.

関連記事:
馬の病気:炎症性気道疾患

関連記事

プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: アラフィフ
住所: 北関東
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

質問、御意見、記事の要望等は下記まで
E-mail: rowdyponies@gmail.com

最新記事

ブログメニュー

馬の話題カテゴリー

馬の病気の話題
・蹄葉炎, 切腱術
・ナビキュラー症候群
・蹄病一般, 装蹄
・腱靭帯疾患
・背部/腰部/仙腸部疾患
・プアパフォーマンス
・消化器疾患一般
・胃潰瘍
・虚血再灌流障害
・呼吸器の医療
・神経疾患, 神経学検査
・クッシング病
・繁殖疾患と繁殖学
・皮膚病の医療
・眼科疾患, 眼科治療
・歯科疾患, 歯科治療
・寄生虫病
・高齢馬の医療
・子馬の病気や管理法
・子馬/若齢馬の長期的影響
・突然死
・症例シリーズ

馬の医療の話題
・疝痛の検査
・経鼻チューブ
・腹水検査
・疝痛の予防
・疝痛の手術判断と予後予測
・開腹術の手技や合併症
・疝痛の外科的処置
・疝痛の獣医療での地域差
・跛行検査, 画像診断
・関節鏡
・去勢, 泌尿生殖器
・抗生物質
・局所肢灌流
・COX-2限定阻害薬
・破骨細胞抑制剤
・ショックウェーブ
・パーグ治療
・馬のハンドリング, 投薬
・バイオマーカー
・麻酔
・整形外科
・キャスト, ピンキャスト
・再生医療
・先端医療
・良い死(Euthanasia)
・馬の獣医療一般

馬の一般的話題
・馬の飼養管理一般
・飼養管理での病気/怪我の予防
・馬学一般
・ウマ社会の話題
・獣医学一般, 日常
・馬の飼料
・跛行と運動
・調馬索
・サク癖
・馬の行動学や悪癖
・ハミや馬具
・輸送
・怪我や事故の予防,対処法
・ホースマンの怪我と事故
・競馬での事故死や骨折
・馬とヒト, 伝染病, 馬動物学

馬の診療シリーズ

サイト内タグ一覧

FC2カウンター

リンク

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

推薦図書

月別アーカイブ

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

カテゴリ

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
2位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR