fc2ブログ
RSS

COX-2限定阻害薬によって大腸炎が起こる?

20230804_Blog_Topic248_EffctFirocxbFluMegLgColnMrlThcknss_Pict1.jpg

これまで、馬の軟部組織の痛みには、フルニキニンメグルミン(バナミン®)が投与されることが多かったですが、近年では、副作用の少ない新しいタイプの薬剤が応用されてきています。

一般的に、馬の抗炎症・鎮痛剤としては、COX-1およびCOX-2の両方の炎症介在物質を阻害する薬剤(フルニキニンメグルミン等)が使用されてきましたが、COX-1は胃腸粘膜の新陳代謝にも関わっているため、これを阻害することで、胃潰瘍や大腸炎などの副作用が起こることがあります。このため、安全性の面では、COX-2だけを限定的に阻害する薬剤のほうが好ましいと言えますが、その反面、抗炎症や鎮痛の効果は劣るのではないかと考えられてきました。

ここでは、COX-2限定阻害薬であるフィロコキシブと、フルニキシンメグルミンの投与における、大腸炎の発症リスクを比較した知見を紹介します。この研究では、12頭の健常馬を用いて、フィロコキシブと胃酸抑制剤(オメプラゾール)を同時投与した場合と(計四日間)、フルニキシンメグルミンと胃酸抑制剤を同時投与した場合において(計五日間)、腹部エコー検査を用いた結腸組織の画像診断が行なわれました。

参考文献:
Bishop RC, Wilkins PA, Kemper AM, Stewart RM, McCoy AM. Effect of Firocoxib and Flunixin Meglumine on Large Colon Mural Thickness of Healthy Horses. J Equine Vet Sci. 2023 Jul;126:104562.

20230804_Blog_Topic248_EffctFirocxbFluMegLgColnMrlThcknss_Pict2.jpg

結果としては、腹部エコー画像上での計測では、フィロコキシブの投与によって、結腸壁の厚みが増加する(中央値:5.8mm)ことが分かりましたが、フルニキシンメグルミンの投与では、結腸壁の厚みには変化がない(中央値:3.0mm)というデータが示され、前者のほうが統計的にも有意に高値となっていました。また、フィロコキシブ投与によって結腸壁の浮腫を生じていた馬の割合は92%に及んだ(11/12頭)のに対して、フルニキシンメグルミン投与では、その割合は8%に留まっていました(1/12頭)。

一般的に、結腸壁の厚みの増加は、大腸炎の徴候の一つであると言われており、特に、フェニルブタゾンが長期的投与された馬において発症が多い(=右背側結腸炎)ことが知られています(ナビキュラー症候群による慢性跛行の治療等)。しかし、今回の研究では、COX-2限定阻害薬でも、投与された馬の大部分において大腸炎が発症することが示唆されました。ただ、今回の研究においては、血液検査も同時に実施されましたが、いずれの薬剤の投与後にも、有意に変化した検査項目は無かったことが報告されています。

20230804_Blog_Topic248_EffctFirocxbFluMegLgColnMrlThcknss_Pict3.jpg

この研究では、大腸炎の徴候を引き起こす割合は、非特異的COX阻害薬であるフルニキシンメグルミンよりも、COX-2限定阻害薬であるフィロコキシブのほうが高いことが示され、これは、後者のほうが副作用が少ないという従来の定説と相反する知見であると言えます。また、一般的に、COX阻害剤の副作用のうち、腸壁肥厚を伴うような大腸炎は、長期的な投与で起こり得る病態であると認識されています。しかし、今回の研究では、四日間という短期間投与でそれが生じており、もし本当であれば、馬の獣医療におけるCOX阻害剤の投薬方針を根本から見直すべきとも言えます。ただ、そのような重大な警鐘を鳴らす研究結果であるにも関わらず、J Equine Vet Sciという、ややマイナーな獣医学雑誌に掲載されていることを鑑みると、査読の過程で、研究データを裏付ける科学的エビデンスが不十分であると判断された可能性もあるのかもしれません。

この研究には幾つかの限界点があり、それには、エコー画像のみで結腸壁の厚みを測るのは信頼性が低いこと(結腸壁を斜めに断層するように描出されたり、両治療群でエコー画像で評価している結腸の部位が異なることがあるため)、全頭に対してフルニキシンメグルミンが先に投与されていたこと(投与薬が無作為割り当てされていない)、および、結腸壁の肥厚していた箇所が、本当に炎症病態を生じていたか否かを組織学的に評価していない、などが挙げられました。このため、今後の研究では、大腸炎を起こす相対的リスクに関して、結腸壁の組織学的検査を介して、COX-2限定阻害剤の副作用の有無や度合いを精査する必要があると言えそうです。また、投与期間を五日以上に伸ばした際に、腸壁肥厚の徴候が更に進行するのか、という点も評価すべきと言えそうです。

20230804_Blog_Topic248_EffctFirocxbFluMegLgColnMrlThcknss_Pict4.jpg

Photo courtesy of J Equine Vet Sci. 2023 Jul;126:104562.
Photo courtesy of Equine Vet Edu. 2021;4:198.

関連記事:
・COX-2限定阻害薬:馬の小腸絞扼での効能
・COX-2限定阻害薬:馬の内臓疼痛での効能
・COX-2限定阻害薬:馬の去勢手術での効能
・馬の鎮痛剤は毎日飲ませても安全?
・馬の病気:NSAID下痢症
関連記事
このエントリーのタグ: 薬物療法 疝痛 跛行

プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: アラフィフ
住所: 北関東
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

質問、御意見、記事の要望等は下記まで
E-mail: rowdyponies@gmail.com

最新記事

ブログメニュー

馬の話題

馬の病気の話題
・蹄葉炎, 切腱術
・ナビキュラー症候群
・蹄病一般, 装蹄
・腱靭帯疾患
・背部/腰部/仙腸部疾患
・プアパフォーマンス
・消化器疾患一般
・胃潰瘍
・虚血再灌流障害
・呼吸器の医療
・神経疾患, 神経学検査
・クッシング病
・繁殖疾患と繁殖学
・皮膚病の医療
・眼科疾患, 眼科治療
・歯科疾患, 歯科治療
・寄生虫病
・高齢馬の医療
・子馬の病気や管理法
・子馬/若齢馬の長期的影響
・突然死
・症例シリーズ

馬の医療の話題
・疝痛の検査
・経鼻チューブ
・腹水検査
・疝痛の予防
・疝痛の手術判断と予後予測
・開腹術の手技や合併症
・疝痛の外科的処置
・疝痛の獣医療での地域差
・跛行検査, 画像診断
・関節鏡
・去勢, 泌尿生殖器
・抗生物質
・COX-2限定阻害薬
・破骨細胞抑制剤
・ショックウェーブ
・パーグ治療
・馬のハンドリング, 投薬
・バイオマーカー
・麻酔
・整形外科
・キャスト, ピンキャスト
・再生医療
・先端医療
・良い死(Euthanasia)
・馬の獣医療一般

馬の一般的話題
・馬の飼養管理一般
・飼養管理での病気/怪我の予防
・馬学一般
・ウマ社会の話題
・獣医学一般, 日常
・馬の飼料
・跛行と運動
・調馬索
・サク癖
・馬の行動学や悪癖
・ハミや馬具
・輸送
・怪我や事故の予防,対処法
・ホースマンの怪我と事故
・競馬での事故死や骨折
・馬とヒト, 伝染病, 馬動物学

馬の診療シリーズ

サイト内タグ一覧

FC2カウンター

リンク

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

月別アーカイブ

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

カテゴリ

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
2位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR