fc2ブログ
RSS

馬の開腹術の縫合におけるセルフロック結び

20230816_Blog_Topic256_BurstingStrgthSugKntSlfLckKntVtMlCeltmy_Pict1.jpg

一般的に、外科手術における連続縫合では、その開始と終了の箇所を、外科結び(Surgeon's knot)を使って留める方法(S-S法)を用いることが多いですが、近年では、セルフロック結び(Self-locking knot)というタイプの糸の結び方が提唱されてきています。そこで、下記の研究では、馬の開腹術における腹壁(白帯)の閉鎖法として、連続縫合をフォワーダー結び(Forwarder knot)で開始して、アバディーン結び(Aberdeen knot)で終了する縫合法(F-A法)の有用性が検証されています。この研究では、14頭の馬の屠体に正中切開術(20cm長)を施して、それをS-S法またはF-A法で閉鎖した後、腹腔内部に入れた風船を膨らませることで、各縫合法での破裂強度の測定、および、破損形態の評価が実施されました。

参考文献:
McGlinchey L, Hanson RR, Boone LH, Rosanowski SM, Coleridge M, Souza C, Munsterman AS. Bursting strength of surgeon's and self-locking knots for closure of ventral midline celiotomy in horses. Vet Surg. 2018 Nov;47(8):1080-1086.

結果としては、正中切開術の閉鎖箇所の破裂強度は、S-S法(290mmHg)に比較して、F-A法(388mmHg)のほうが有意に強いことが分かりました。この際、S-S法での破損は、糸の結び目の部分で生じていたのに対して、F-A法での破損は、糸を通している筋膜の部分で生じていました。このため、馬の開腹術での腹壁の閉鎖においては、F-A法を用いることで、より堅固に腹壁を縫合閉鎖できることが示唆されました。ただ、今回の強度試験は、単回の膨張負荷であったのに対して、実際の馬では、より小さい負荷が何百回も掛かることで、縫合糸への疲労蓄積によって破損に至るため、必ずしも生体内での強度を再現していない可能性もあると考えられます。

20230816_Blog_Topic256_BurstingStrgthSugKntSlfLckKntVtMlCeltmy_Pict2.jpg

この研究で応用されたセルフロック結びのうち、フォワーダー結びは、ループを三回通した滑り結びとも言える結び方で、外科結びよりも強固な結び目を得られますが、手技的な難易度は高いことが知られています。一方、アバディーン結びは、連続縫合への緊張を維持しながら結べるため、より緩みを生じにくい結び方で、結び目をより小さくできるという利点もありますが、糸も無駄が多くなり、手技的難易度も高いと言えます。今回の研究では、従来のS-S法に比べて、F-A法による強度の上昇は、平均して約25%に過ぎないため、実際の生体での手術において、生物学的に有意な治療効果の向上に繋がるか否かは、実馬を用いた検証を要すると考察されています。

Photo courtesy of Vet Surg. 2018 Nov;47(8):1080-1086.

関連記事:
・双方向の有棘縫合糸による馬の開腹術の縫合
・馬の開腹術の縫合における非侵襲性の閉創装置
・馬の開腹術の縫合での糸とステープルの違い
・馬の開腹術での抗生物質投与の傾向
・肥満の馬での術創感染のリスク
・馬の開腹術の術創感染はナゼ起こるのか?
・馬の開腹術にはハチミツで感染予防
・馬の開腹術の後はいつまで絶食?

参考動画1:Self-locking starting knot shown with medical model


参考動画2:Aberdeen Knot (Sheltervet)
関連記事
このエントリーのタグ: 疝痛 手術

プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: アラフィフ
住所: 北関東
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

質問、御意見、記事の要望等は下記まで
E-mail: rowdyponies@gmail.com

最新記事

ブログメニュー

馬の話題

馬の病気の話題
・蹄葉炎, 切腱術
・ナビキュラー症候群
・蹄病一般, 装蹄
・腱靭帯疾患
・背部/腰部/仙腸部疾患
・プアパフォーマンス
・消化器疾患一般
・胃潰瘍
・虚血再灌流障害
・呼吸器の医療
・神経疾患, 神経学検査
・クッシング病
・繁殖疾患と繁殖学
・皮膚病の医療
・眼科疾患, 眼科治療
・歯科疾患, 歯科治療
・寄生虫病
・高齢馬の医療
・子馬の病気や管理法
・子馬/若齢馬の長期的影響
・突然死
・症例シリーズ

馬の医療の話題
・疝痛の検査
・経鼻チューブ
・腹水検査
・疝痛の予防
・疝痛の手術判断と予後予測
・開腹術の手技や合併症
・疝痛の外科的処置
・疝痛の獣医療での地域差
・跛行検査, 画像診断
・関節鏡
・去勢, 泌尿生殖器
・抗生物質
・COX-2限定阻害薬
・破骨細胞抑制剤
・ショックウェーブ
・パーグ治療
・馬のハンドリング, 投薬
・バイオマーカー
・麻酔
・整形外科
・キャスト, ピンキャスト
・再生医療
・先端医療
・良い死(Euthanasia)
・馬の獣医療一般

馬の一般的話題
・馬の飼養管理一般
・飼養管理での病気/怪我の予防
・馬学一般
・ウマ社会の話題
・獣医学一般, 日常
・馬の飼料
・跛行と運動
・調馬索
・サク癖
・馬の行動学や悪癖
・ハミや馬具
・輸送
・怪我や事故の予防,対処法
・ホースマンの怪我と事故
・競馬での事故死や骨折
・馬とヒト, 伝染病, 馬動物学

馬の診療シリーズ

サイト内タグ一覧

FC2カウンター

リンク

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

月別アーカイブ

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

カテゴリ

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
2位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR