fc2ブログ
RSS

乗用馬の肋骨骨折とプアパフォーマンスの関連性

20230909_Blog_Topic269_RibFractAdHrsCaPoorPefmncDigTrtOcm73hrs_Pict1.jpg

乗馬の競技において、期待を裏切るプアパフォーマンス(突然の飛越反抗など)を示した時には、その理由がハッキリとは分からない事も多々あります。一般的に、馬のプアパフォーマンスの要因としては、運動器系、呼吸器系、心脈管系などの疾患が関与していると言われていますが、その他のマイナーな病気が要因となることも考えられます。

ここでは、乗用馬のプアパフォーマンスにおいて、肋骨骨折(Rib fracture)の関与を検証した知見を紹介します。この症例報告では、プアパフォーマンスや跛行を呈して肋骨骨折の診断が下された73頭の乗用馬(すべて成馬)における、医療記録の回顧的解析と長期的な経過追跡が行なわれました。

参考文献:
Hall S, Smith R, Ramzan PHL, Head M, Robinson N, Parker R. Rib fractures in adult horses as a cause of poor performance; diagnosis, treatment and outcome in 73 horses. Equine Vet J. 2023 Jan;55(1):59-65.

20230909_Blog_Topic269_RibFractAdHrsCaPoorPefmncDigTrtOcm73hrs_Pict2.jpg

結果としては、肋骨骨折を呈した成馬のうち、跛行等を伴わず、反抗などのプアパフォーマンスのみを稟告とした症例は59%(41/69頭)に上っていました(残りの四頭は稟告が不明)。ただ、今回の調査は、英国の三ヶ所の馬病院(二次診療施設)にて、15年間にわたる外来症例からの抽出であったため、各病院において年間一頭ほどの発症件数に過ぎませんでした。このため、成馬の乗用馬での肋骨骨折は、発症自体は稀であるものの、原因不明のプアパフォーマンスを診察する際には、鑑別診断の一つに加えるべきである、という考察が成されています。

この研究では、肋骨骨折の診察において、X線検査にて診断が下された馬は42%(10/24頭)に留まっていましたが(上写真の点線白丸)、その一方で、エコー検査にて肋骨骨折が確認できた馬は98%(58/59頭)に達していました(下写真の左側)。このため、成馬の肋骨骨折では、子馬と異なり、X線画像で肋骨の損傷箇所を明瞭に描出できないケースも多いため、エコー画像にて、骨表面の不連続性や、骨周囲の血液貯留を視認する検査法が有用であることが示唆されました。なお、核シンチグラフィー検査(日本では実施困難)では、100%(59/59頭)の症例で、肋骨骨折の診断が下されたことも報告されています。

20230909_Blog_Topic269_RibFractAdHrsCaPoorPefmncDigTrtOcm73hrs_Pict3.jpg

この研究では、退院した後、一年以上の経過追跡ができた馬のうち、肋骨骨折を起こす以前のレベルの競技に復帰できたのは51%(28/55頭)に過ぎませんでしたが、残りの馬のうち、肋骨骨折とは関連の無い跛行が原因であった症例が22%(12/55頭)ほど含まれていました。なお、経過追跡の過程で安楽殺となった馬は七頭でしたが、このうち、肋骨骨折自体が原因であったのは三頭のみであり、成馬の肋骨での死亡率は5%(3/55頭)となっていました。このため、成馬の肋骨骨折での予後は中程度に留まり、騎乗復帰できない馬の割合も比較的に高いことが示唆されました。

この研究では、成馬の肋骨骨折の治療において、手術を要した馬は8%(6/73頭)に過ぎず、殆どの馬では保存療法が選択されたことが報告されています。この要因としては、成馬の肋骨骨折では、子馬とは異なり(産道内での胸部圧迫により発症することが多い)、複数骨折による胸郭圧潰や、鋭利な骨折端による心裂傷/横隔膜穿孔が起こりにくいことが挙げられています。一方、気胸症を併発した場合などには、成馬のほうが子馬よりも予後は悪い傾向にあるため、初診時には、骨折している肋骨の病態を慎重に精査して、適切な予後判定に努めることが重要だと言えます。

20230909_Blog_Topic269_RibFractAdHrsCaPoorPefmncDigTrtOcm73hrs_Pict4.jpg

Copyright (C) nairegift.com/freephoto/, freedigitalphotos.net/, pakutaso.com/, picjumbo.com/, pexels.com/ja-jp/ All Rights Reserved.

関連記事:
・競走馬の心房細動とプアパフォーマンスの関連性
・競走馬のプアパフォーマンスの原因疾患と運動能力指標との関連性
・競走馬の不整脈とプアパフォーマンスの関連性
・馬の心調律障害とプアパフォーマンスの関連性
関連記事
このエントリーのタグ: 乗馬 運動 骨折 呼吸器病

プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: アラフィフ
住所: 北関東
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

質問、御意見、記事の要望等は下記まで
E-mail: rowdyponies@gmail.com

最新記事

ブログメニュー

馬の話題

馬の病気の話題
・蹄葉炎, 切腱術
・ナビキュラー症候群
・蹄病一般, 装蹄
・腱靭帯疾患
・背部/腰部/仙腸部疾患
・プアパフォーマンス
・消化器疾患一般
・胃潰瘍
・虚血再灌流障害
・呼吸器の医療
・神経疾患, 神経学検査
・クッシング病
・繁殖疾患と繁殖学
・皮膚病の医療
・眼科疾患, 眼科治療
・歯科疾患, 歯科治療
・寄生虫病
・高齢馬の医療
・子馬の病気や管理法
・子馬/若齢馬の長期的影響
・突然死
・症例シリーズ

馬の医療の話題
・疝痛の検査
・経鼻チューブ
・腹水検査
・疝痛の予防
・疝痛の手術判断と予後予測
・開腹術の手技や合併症
・疝痛の外科的処置
・疝痛の獣医療での地域差
・跛行検査, 画像診断
・関節鏡
・去勢, 泌尿生殖器
・抗生物質
・COX-2限定阻害薬
・破骨細胞抑制剤
・ショックウェーブ
・パーグ治療
・馬のハンドリング, 投薬
・バイオマーカー
・麻酔
・整形外科
・キャスト, ピンキャスト
・再生医療
・先端医療
・良い死(Euthanasia)
・馬の獣医療一般

馬の一般的話題
・馬の飼養管理一般
・飼養管理での病気/怪我の予防
・馬学一般
・ウマ社会の話題
・獣医学一般, 日常
・馬の飼料
・跛行と運動
・調馬索
・サク癖
・馬の行動学や悪癖
・ハミや馬具
・輸送
・怪我や事故の予防,対処法
・ホースマンの怪我と事故
・競馬での事故死や骨折
・馬とヒト, 伝染病, 馬動物学

馬の診療シリーズ

サイト内タグ一覧

FC2カウンター

リンク

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

月別アーカイブ

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

カテゴリ

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
2位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR