fc2ブログ
RSS

馬の文献:繋靭帯炎(Minshall et al. 2006)

Blog_Litr0405_004_Minshall2006_Pict1.jpg

「関節内での脚部繋靭帯損傷を発症した18頭の馬における関節鏡的な診断と治療」
Minshall GJ, Wright IM. Arthroscopic diagnosis and treatment of intra-articular insertional injuries of the suspensory ligament branches in 18 horses. Equine Vet J. 2006 Jan;38(1):10-4.

この症例論文では、馬の繋靭帯炎に対する外科的療法の効能を検証するため、関節内に位置する部位の脚部繋靭帯を損傷して、関節鏡による診断と治療が行なわれた18頭の症例馬における、医療記録の回顧的調査が実施されました。

この研究では、脚部繋靭帯の関節内損傷を起こした馬では、100%の病変で球節の関節包膨満を伴っており、77%の病変で罹患部位の繋靭帯の肥厚が触知されました。また、遠位肢の屈曲試験に陽性を示した馬は68%で、球節に対する関節麻酔で跛行消失した馬は80%となっていました。

この研究では、術前のエコー検査によって、健常な靭帯構造物の不整が認められた病変は88%で、靭帯の背側関節面の異常が認められた病変も71%に達していました。また、X線検査が行なわれた馬では、全ての病変で、同側の種子骨の遠軸側面に不整が認められ、対軸側の種子骨に同様な所見を認めた馬もいました。

この研究では、脚部繋靭帯の関節内損傷を起こした18頭の馬では、全症例(100%)が術前に跛行を呈していました。また、関節鏡による治療後には、発症前と同レベルの競技復帰を果たした馬が72%(13/18頭)、発症前より低いレベルの競技に復帰した馬が11%(2/18頭)であり、残りの17%(3/18頭)では、他疾患の併発のため、引退または廃用となっていました。

Blog_Litr0405_004_Minshall2006_Pict2.jpg

このため、繋靭帯の肥厚と関節膨満を併発している症例においては、関節内での脚部繋靭帯の損傷を起こしている可能性があることを考慮して、慎重なエコー検査を実施する必要性が示唆されました。そして、そのような症例においては、関節鏡を介した外科的療法により、約七割の症例で十分な病変治癒と競技能力の回復が達成され、比較的な良好な予後が期待できることが示されました。

この研究では、関節鏡下での視診において、全ての関節内病変が、滑膜切開を要することなく視認可能であり、損傷した靭帯線維の糜爛(100%の症例)、フラップ状の靭帯損傷(61%)、病変部からの肉芽増勢(17%)などが認められました。これらの病変は、関節鏡下で、電動剥離子やフェリススミス鉗子を用いて掻爬されました。また、腱鞘鏡が併用された2症例では、浅屈腱袖や深屈腱の裂傷が視認され、こちらも同様に掻爬されました。なお、上写真は、関節鏡の術中所見で、Lが脚部繋靭帯、Sが種子骨を示しており、白矢印が、繋靭帯線維の糜爛を表わしています。

この研究では、屠体肢の繋靭帯を精査した結果、関節内に位置していたのは、繋靭帯の全長のうち、28.5%(前肢)または29.6%(後肢)であることが確かめられました。このため、馬の繋靭帯では、その遠位三割程度は、関節腔内からのアクセスが可能であり、関節鏡での病巣掻爬やクリーニング手術が、有益な選択肢になり得ることが示されました。

Photo courtesy of Equine Vet J. 2006 Jan;38(1):10-4.

関連記事:
馬の病気:繋靭帯炎
関連記事

プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: アラフィフ
住所: 北関東
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

質問、御意見、記事の要望等は下記まで
E-mail: rowdyponies@gmail.com

最新記事

ブログメニュー

馬の話題

馬の病気の話題
・蹄葉炎, 切腱術
・ナビキュラー症候群
・蹄病一般, 装蹄
・腱靭帯疾患
・背部/腰部/仙腸部疾患
・プアパフォーマンス
・消化器疾患一般
・胃潰瘍
・虚血再灌流障害
・呼吸器の医療
・神経疾患, 神経学検査
・クッシング病
・繁殖疾患と繁殖学
・皮膚病の医療
・眼科疾患, 眼科治療
・歯科疾患, 歯科治療
・寄生虫病
・高齢馬の医療
・子馬の病気や管理法
・子馬/若齢馬の長期的影響
・突然死
・症例シリーズ

馬の医療の話題
・疝痛の検査
・経鼻チューブ
・腹水検査
・疝痛の予防
・疝痛の手術判断と予後予測
・開腹術の手技や合併症
・疝痛の外科的処置
・疝痛の獣医療での地域差
・跛行検査, 画像診断
・関節鏡
・去勢, 泌尿生殖器
・抗生物質
・COX-2限定阻害薬
・破骨細胞抑制剤
・ショックウェーブ
・パーグ治療
・馬のハンドリング, 投薬
・バイオマーカー
・麻酔
・整形外科
・キャスト, ピンキャスト
・再生医療
・先端医療
・良い死(Euthanasia)
・馬の獣医療一般

馬の一般的話題
・馬の飼養管理一般
・飼養管理での病気/怪我の予防
・馬学一般
・ウマ社会の話題
・獣医学一般, 日常
・馬の飼料
・跛行と運動
・調馬索
・サク癖
・馬の行動学や悪癖
・ハミや馬具
・輸送
・怪我や事故の予防,対処法
・ホースマンの怪我と事故
・競馬での事故死や骨折
・馬とヒト, 伝染病, 馬動物学

馬の診療シリーズ

サイト内タグ一覧

FC2カウンター

リンク

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

月別アーカイブ

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

カテゴリ

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
2位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR