fc2ブログ
RSS

馬の変性脊髄脳炎における酸化ストレスマーカー

20240111_Blog_Topic321_Measmt8OHdGSermCSFHrsNDcausPrprcAtxa_Pict1.jpg

一般的に、馬における変性脊髄脳炎(Degenerative myeloencephalitis: DM)では、ビタミンEなどの抗酸化体が欠乏することで、活性酸素による脳脊髄組織の変性を生じることが病因として挙げられています。ただ、腰萎等の神経症状を発現した段階では、血中ビタミンE濃度は正常値に戻っていることが多いことから、類似の症状を起こす他の神経器疾患(頚椎狭窄性脊髄症[CVSM]や原虫性脊髄脳炎[EPM])との鑑別診断が難しいことが知られています。

近年、ヒト医療においては、DNAの酸化ストレスマーカーであるエイト・ヒドロキシデオキシグアノシン(Eight-hydroxy-2'-deoxyguanosine: 8-OHdG)の濃度が、血液や脳脊髄液において上昇することが分かってきており、アルツハイマー病やパーキンソン病の診断や予後指標として有用であることが示されています[1]。このため、下記の研究では、米国のペンシルバニア大学の獣医病院にて、2010~2022年にかけて剖検となった、20頭のDM罹患馬、10頭のCVSM罹患馬、10頭のEPM罹患馬、および、10頭の対照馬における、血清と脳脊髄液での8-OHdG濃度が測定されました。

参考文献:
Palmisano M, Kulp J, Bender S, Stefanovski D, Robinson M, Johnson A. Measurement of 8-hydroxy-2'-deoxyguanosine in serum and cerebrospinal fluid of horses with neuroaxonal degeneration and other causes of proprioceptive ataxia. J Vet Intern Med. 2024 Jan 11. doi: 10.1111/jvim.16988. Online ahead of print.

20240111_Blog_Topic321_Measmt8OHdGSermCSFHrsNDcausPrprcAtxa_Pict2.jpg

結果としては、血清の8-OHdG濃度は、DM罹患馬(130pg/ml)、CVSM罹患馬(126pg/ml)、EPM罹患馬(121pg/ml)、および、対照馬(158pg/ml)のあいだで有意差は認められませんでした。また、脳脊髄液の8-OHdG濃度は、DM罹患馬(170pg/ml)、CVSM罹患馬(157pg/ml)、EPM罹患馬(131pg/ml)、および、対照馬(150pg/ml)のあいだで有意差は認められませんでした。つまり、馬の変性脊髄脳炎では、8-OHdG濃度の推定診断、および、他の神経器疾患との鑑別診断においても、有用性が低いことが示唆されました。また、血清と脳脊髄液の8-OHdG濃度のあいだにも、統計的に有意な相関は認められませんでした。

このため、馬の変性脊髄脳炎では、活性酸素による神経変性が起こってから、臨床症状を呈するまでにタイムラグがあると考えられ、神経症状を発現した時点では、既に酸化ストレスマーカーの濃度は規定値まで戻っているという場合が多いと考えられました。そう考えると、DMの罹患馬に対する内科療法を検討する際にも、ビタミンEや抗酸化物質(セレン、高濃度ビタミンC、オゾン化自己血液)を投与しても、神経変性の病態を改善する効能はあまり期待できない、という解釈も成り立ちます。ただ、馬のDMでは、8-OHdG物質が体内で迅速に分解・浄化されて、測定値の上昇に繋がりにくい、という可能性もあると考察されています。

20240111_Blog_Topic321_Measmt8OHdGSermCSFHrsNDcausPrprcAtxa_Pict3.jpg

過去の文献では、馬の息労(回帰性気道閉塞)においても、活性酸素による組織損傷が関与している可能性があり、息労の罹患馬では、対照馬と比較して、血中の8-OHdG濃度が有意に高いことが報告されています[2]。この要因としては、息労はDMと異なり、持続的な酸化ストレスが存在しているため、症状発現時での血液サンプルでも、十分な8-OHdG濃度の上昇が示されたものと考察されています。また、ヒトの研究では、脳脊髄組織とは独立した全身性炎症反応により、8-OHdGの血清濃度が上昇することも知られており[3]、息労の罹患馬でも同様に、アレルギー反応による呼吸器以外での炎症反応が、血液の8-OHdG濃度に関与していた可能性もあると考えられます。

Copyright (C) nairegift.com/freephoto/, freedigitalphotos.net/, pakutaso.com/, picjumbo.com/, pexels.com/ja-jp/ All Rights Reserved.

参考文献:
[1] Lovell MA, Gabbita SP, Markesbery WR. Increased DNA oxidation and decreased levels of repair products in Alzheimer's disease ventricular CSF. J Neurochem. 1999 Feb;72(2):771-6.
[2] Niedzwiedz A, Borowicz H, Januszewska L, et al. Serum 8-hydroxy-2-deoxyguanosine as a marker of DNA oxidative damage in horses with recurrent airway obstruction. Acta Vet Scand. 2016 Jun 7;58(1):38.
[3] Isobe C, Abe T, Terayama Y. Levels of reduced and oxidized coenzyme Q-10 and 8-hydroxy-2'-deoxyguanosine in the CSF of patients with Alzheimer's disease demonstrate that mitochondrial oxidative damage and/or oxidative DNA damage contributes to the neurodegenerative process. J Neurol. 2010 Mar;257(3):399-404.


関連記事:
・馬のヘルペス脳炎に対するヤヌスキナーゼ阻害薬
・馬の脳脊髄液による神経疾患の鑑別
・馬の腰萎での剖検と発症素因
・姿勢動揺による馬の腰萎の診断
・歩様解析による馬の腰萎の診断
・目隠しが馬の腰萎症状に及ぼす影響
・馬の腰仙椎での内視鏡検査
・馬の頚椎での内視鏡検査
・馬の脳脊髄液検査での採取方法の影響
・エコー誘導での馬の脳脊髄液の採取法
関連記事
このエントリーのタグ: 神経器病 検査

プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: アラフィフ
住所: 北関東
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

質問、御意見、記事の要望等は下記まで
E-mail: rowdyponies@gmail.com

最新記事

ブログメニュー

馬の話題カテゴリー

馬の病気の話題
・蹄葉炎, 切腱術
・ナビキュラー症候群
・蹄病一般, 装蹄
・腱靭帯疾患
・背部/腰部/仙腸部疾患
・プアパフォーマンス
・消化器疾患一般
・胃潰瘍
・虚血再灌流障害
・呼吸器の医療
・神経疾患, 神経学検査
・クッシング病
・繁殖疾患と繁殖学
・皮膚病の医療
・眼科疾患, 眼科治療
・歯科疾患, 歯科治療
・寄生虫病
・高齢馬の医療
・子馬の病気や管理法
・子馬/若齢馬の長期的影響
・突然死
・症例シリーズ

馬の医療の話題
・疝痛の検査
・経鼻チューブ
・腹水検査
・疝痛の予防
・疝痛の手術判断と予後予測
・開腹術の手技や合併症
・疝痛の外科的処置
・疝痛の獣医療での地域差
・跛行検査, 画像診断
・関節鏡
・去勢, 泌尿生殖器
・抗生物質
・局所肢灌流
・COX-2限定阻害薬
・破骨細胞抑制剤
・ショックウェーブ
・パーグ治療
・馬のハンドリング, 投薬
・バイオマーカー
・麻酔
・整形外科
・キャスト, ピンキャスト
・再生医療
・先端医療
・良い死(Euthanasia)
・馬の獣医療一般

馬の一般的話題
・馬の飼養管理一般
・飼養管理での病気/怪我の予防
・馬学一般
・ウマ社会の話題
・獣医学一般, 日常
・馬の飼料
・跛行と運動
・調馬索
・サク癖
・馬の行動学や悪癖
・ハミや馬具
・輸送
・怪我や事故の予防,対処法
・ホースマンの怪我と事故
・競馬での事故死や骨折
・馬とヒト, 伝染病, 馬動物学

馬の診療シリーズ

サイト内タグ一覧

FC2カウンター

リンク

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

推薦図書

月別アーカイブ

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

カテゴリ

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
2位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR