fc2ブログ
RSS

馬の跛行グレードの改正

20150807_Blog13_Topic_LameGrade_Pict00.jpg

馬の跛行グレードが改正されました。

跛行(Lameness)は、馬の健康問題の八割以上を占めることが知られており、跛行検査(Lameness examination)は馬獣医師の仕事の中でも、最も頻繁かつ重要なものであると言えます。また、三科目競技の獣医検査においても、跛行の有無およびその重篤度の判定は、大切な判断要素に挙げられます。跛行検査の際に使用されるグレード法としては、全米馬臨床医協会(American Association of Equine Practitioners: AAEP)による跛行点数化法が最も一般的に用いられていますが、このグレード法が去年から改正されました。

以前の跛行点数化法では、グレード0~5を以下のように定めていました。
グレード0:いかなる状況においても跛行が認められない状態
グレード1:歩様異常に一貫性が無く、跛行の見分けが難しい状態
グレード2:常歩および速歩での直線運動では跛行の見分けが難しいものの、ある状況下(荷重、回転、登坂、硬地)では歩様異常に一貫性がある状態
グレード3:速歩での歩様異常に一貫性があり、いかなる状況下でも跛行が見分けられる状態
グレード4:重度の点頭運動、腸骨挙上、歩幅短縮などを伴い、明らかな跛行が認められる状態
グレード5:運動時および安静時に最低限の羅患肢への負重しかできず、明らかな跛行を示す状態、または動くことが不可能な状態

改正後の跛行点数化法では、グレード4の定義が変更されています。
グレード0:いかなる状況においても跛行が認められない状態
グレード1:歩様異常に一貫性が無く、跛行の見分けが難しい状態
グレード2:常歩および速歩での直線運動では跛行の見分けが難しいものの、ある状況下(荷重、回転、登坂、硬地)では歩様異常に一貫性がある状態
グレード3:速歩での歩様異常に一貫性があり、いかなる状況下でも跛行が見分けられる状態
グレード4:常歩で明らかな跛行が認められる状態
グレード5:運動時および安静時に最低限の羅患肢への負重しかできず、明らかな跛行を示す状態、または動くことが不可能な状態

この変更は僅かなように見えますが、例え速歩時の跛行が軽度~中程度であっても、常歩で明らかな跛行が見られれば自動的にグレード4になってしまいます。このため、グレード4の範囲が広がってしまい、症例報告などの際には、よほど顕著な治療効果が認められない限りでは、跛行の改善度合いがデータに示されにくい、という問題が生じると考えられます。その意味では、視診のみによる跛行グレードという、主観的検査(Subjective evaluation)に頼ることなく、屈曲試験(Flexion test)や診断麻酔(Diagnostic anesthesia)、および歩様解析(Gait analysis)による客観的評価(Objective assessment)を併用して、より信頼性の高い跛行検査を実施することが重要になってくるのかもしれません。

Copyright (C) nairegift.com/freephoto/, freedigitalphotos.net/, ashinari.com/ All Rights Reserved.

関連リンク:
LAMENESS EXAMS: Evaluating the lame horses. AAEP lameness score.

関連記事:
・馬のキャバレティ運動による関節への影響
・馬場馬に野外騎乗をさせることの利点
・馬の跛行を傾斜地で見る
・馬の疼痛エソグラムの有用性
・馬の跛行をスマホで見つける?
・つまずく馬は要注意
関連記事
このエントリーのタグ: 獣医療 乗馬 競馬 跛行 運動 検査 調教

プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: アラフィフ
住所: 北関東
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

質問、御意見、記事の要望等は下記まで
E-mail: rowdyponies@gmail.com

最新記事

ブログメニュー

馬の話題カテゴリー

馬の病気の話題
・蹄葉炎, 切腱術
・ナビキュラー症候群
・蹄病一般, 装蹄
・腱靭帯疾患
・背部/腰部/仙腸部疾患
・プアパフォーマンス
・消化器疾患一般
・胃潰瘍
・虚血再灌流障害
・呼吸器の医療
・神経疾患, 神経学検査
・クッシング病
・繁殖疾患と繁殖学
・皮膚病の医療
・眼科疾患, 眼科治療
・歯科疾患, 歯科治療
・寄生虫病
・高齢馬の医療
・子馬の病気や管理法
・子馬/若齢馬の長期的影響
・突然死
・症例シリーズ

馬の医療の話題
・疝痛の検査
・経鼻チューブ
・腹水検査
・疝痛の予防
・疝痛の手術判断と予後予測
・開腹術の手技や合併症
・疝痛の外科的処置
・疝痛の獣医療での地域差
・跛行検査, 画像診断
・関節鏡
・去勢, 泌尿生殖器
・抗生物質
・局所肢灌流
・COX-2限定阻害薬
・破骨細胞抑制剤
・ショックウェーブ
・パーグ治療
・馬のハンドリング, 投薬
・バイオマーカー
・麻酔
・整形外科
・キャスト, ピンキャスト
・再生医療
・先端医療
・良い死(Euthanasia)
・馬の獣医療一般

馬の一般的話題
・馬の飼養管理一般
・飼養管理での病気/怪我の予防
・馬学一般
・ウマ社会の話題
・獣医学一般, 日常
・馬の飼料
・跛行と運動
・調馬索
・サク癖
・馬の行動学や悪癖
・ハミや馬具
・輸送
・怪我や事故の予防,対処法
・ホースマンの怪我と事故
・競馬での事故死や骨折
・馬とヒト, 伝染病, 馬動物学

馬の診療シリーズ

サイト内タグ一覧

FC2カウンター

リンク

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

推薦図書

月別アーカイブ

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

カテゴリ

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
2位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR