fc2ブログ
RSS

馬にも広がる再生医療

20150807_Blog14_Topic_RegenerativeMedicine_Pict0.jpg

再生医療(Regenerative medicine)の臨床応用は、馬の獣医学分野にも急速に広がっているようです。

ケンタッキー州のレキシントンにある大規模な馬の診療施設、「ルッド・アンド・リドル馬病院」(Rood and Riddle Equine Hospital)では、今月、馬主を対象とする再生医療の説明会が開かれました。このなかでは、(1)幹細胞入門(Stem Cell 101)、(2)IRAP、PRP,および幹細胞の抽出(Sorting Out IRAP, PRP and Stem Cells)、(3)整形外科疾患への幹細胞の使用(Using Stem Cells for Orthopedic Injuries)、(4)幹細胞による蹄葉炎の治療(Treating Laminitis with Stem Cell Therapy)、という四項目の解説が行われました(IRAPはインターロイキン1受容体拮抗蛋白、PRPは多血小板血漿のこと)。

また、レキシントンではこの説明会に合わせて、北米獣医再生医療協会(North American Veterinary Regenerative Medicine Association: NAVRMA)の年次大会も開催されました。そのプログラムを見ると、発表内容の半分近くを馬の話題が占めており、馬の獣医学分野において再生医療の臨床応用が進んでいることが、改めて印象付けられました。このような説明会や学会を通して、馬主や調教師のあいだに再生医療に関する知識が広がっていけば、それを求められる獣医師の側も自然と幹細胞やIRAP、多血小板血漿などのことを勉強して、臨床の現場に導入して行かざるを得なくなるので、馬の獣医分野に最新の再生医療が普及していく助けになるのではないでしょうか。

しかし、問題点があるとすれば、馬の病気に対する再生医療の使用法や治療効果に関する知見は、必ずしも完全には深まっていないことが挙げられます。例えば、浅屈腱炎(Superficial digital flexor tendinitis)や繋靭帯炎(Suspensory desmitis)などの病巣に幹細胞を注射するにしても、どの時期に注射するのか?、何個の幹細胞を注射するのか?、どんな種類の幹細胞を注射すべきなのか?(骨髄幹細胞、脂肪幹細胞、臍帯血幹細胞、胚性幹細胞、etc)、どの程度の期間で再注射するべきなの?、幹細胞治療による治癒成功率は?、などに関しては、ハッキリとした答えは出ていません。

そう言った意味では、馬の臨床獣医師の立場としては、物珍しさから治療依頼してくる馬主から安易に治療費を得てしまうことなく、再生医療の現状や限界点を丁寧に説明して、「馬の福祉や利益」を第一に考えて診療を行うという、獣医師の倫理性も求められてくるようになるのかもしれません。

Copyright (C) nairegift.com/freephoto/, freedigitalphotos.net/, ashinari.com/ All Rights Reserved.

関連リンク:
North American Veterinary Regenerative Medicine Association website.

関連記事:
・馬の浅屈腱炎での幹細胞治療とリハビリ療法の比較
・他家の幹細胞による屈腱炎の治療(リニューテンド®)
・他家の幹細胞による関節炎の治療(アーティセル®)
・競走馬の脚部繋靭帯炎に対する幹細胞治療
・血液精製物による馬の関節炎の治療
・馬の幹細胞治療は本当に効くのか?
・馬のアイラップ治療と運動の関連性
関連記事

プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: アラフィフ
住所: 北関東
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

質問、御意見、記事の要望等は下記まで
E-mail: rowdyponies@gmail.com

最新記事

ブログメニュー

馬の話題カテゴリー

馬の病気の話題
・蹄葉炎, 切腱術
・ナビキュラー症候群
・蹄病一般, 装蹄
・腱靭帯疾患
・背部/腰部/仙腸部疾患
・プアパフォーマンス
・消化器疾患一般
・胃潰瘍
・虚血再灌流障害
・呼吸器の医療
・神経疾患, 神経学検査
・クッシング病
・繁殖疾患と繁殖学
・皮膚病の医療
・眼科疾患, 眼科治療
・歯科疾患, 歯科治療
・寄生虫病
・高齢馬の医療
・子馬の病気や管理法
・子馬/若齢馬の長期的影響
・突然死
・症例シリーズ

馬の医療の話題
・疝痛の検査
・経鼻チューブ
・腹水検査
・疝痛の予防
・疝痛の手術判断と予後予測
・開腹術の手技や合併症
・疝痛の外科的処置
・疝痛の獣医療での地域差
・跛行検査, 画像診断
・関節鏡
・去勢, 泌尿生殖器
・抗生物質
・局所肢灌流
・COX-2限定阻害薬
・破骨細胞抑制剤
・ショックウェーブ
・パーグ治療
・馬のハンドリング, 投薬
・バイオマーカー
・麻酔
・整形外科
・キャスト, ピンキャスト
・再生医療
・先端医療
・良い死(Euthanasia)
・馬の獣医療一般

馬の一般的話題
・馬の飼養管理一般
・飼養管理での病気/怪我の予防
・馬学一般
・ウマ社会の話題
・獣医学一般, 日常
・馬の飼料
・跛行と運動
・調馬索
・サク癖
・馬の行動学や悪癖
・ハミや馬具
・輸送
・怪我や事故の予防,対処法
・ホースマンの怪我と事故
・競馬での事故死や骨折
・馬とヒト, 伝染病, 馬動物学

馬の診療シリーズ

サイト内タグ一覧

FC2カウンター

リンク

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

推薦図書

月別アーカイブ

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

カテゴリ

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
2位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR