fc2ブログ
RSS

冬場の毛刈りは是か非か?

20150809_Blog09_Topic_WinterClipping_Pict0.jpg

冬場の毛刈りと、体温維持の関係について研究報告されています。
Wallsten HM, Olsson KA, Dahlborn K. Temperature regulation in horses during exercise and recovery in a cool environment. Acta Vet Scand. 2012 Jul 17; 54(1): 42.

この研究では、冬場に毛刈りすることの是非を検討するため、三頭の実験馬を用いて、(1)毛刈りしない状態、(2)毛刈りしないで毛布を着けた状態(運動中には運動用のブランケット、運動後にはフリース馬着)、(3)半身だけ毛刈りした状態、(4)毛刈りした状態、(5)毛刈りして毛布を着けた状態、という五種類の条件下における、冬場の運動前と運動後の体温(直腸温度)と皮膚温、および発汗の度合いについての比較が行われました。

結果としては、全身の毛刈りがされていない状態(条件1~3)においては、運動後の体温上昇と、多量の発汗が認められ、馬体がオーバーヒートしていた事が示されました。一方、毛刈りして毛布を着けていない状態(条件4)においては、運動後の皮膚温が他の条件下よりも有意に低く、熱保持がうまく出来ていなかった事が示唆されました。このため、冬場の運動中および運動後においては、毛刈りをして毛布を装着することで(条件5)、最も効果的な体温維持および熱保持につながる、という考察がなされています。

一般的に、冬毛が伸びてくる冬季の馬に対しては、自然な状態の体毛を維持したほうが、馬の健康には良いという意見がある反面、汗をかいた時のグルーミングが難しいので、体毛を刈ってブランケットや馬着によって保温を施すほうが良いという考え方もあります。今回の実験では、少なくとも運動中や運動後の体温維持の観点から言えば、「毛刈り+毛布の使用」という状態(条件5)が最も優れていると結論付けられており、また、毛刈りしていない馬では、発汗の多さから、手入れに手間が掛かることを再確認するデータも示されました。

この研究は、北欧のスウェーデンからの報告ですので、マイナス2度~9度という非常に寒い環境下での屋外運動が実施されていましたが、例え毛刈りしてブランケット無しの状態で運動した馬においても(条件4)、運動中の体温維持は充分になされており(運動前37.6度→運動後37.8度)、やはり馬は寒さに強い生き物であることを改めて実感させられました。一方で、運動以外の時間帯の体温や皮膚温は測定されておらず、「毛刈りしないほうが馬体が冷えにくく、飲水量も減らないので、疝痛になりにくい」という仮説を検証するには、更なる実験を要すると考えられました。

Copyright (C) nairegift.com/freephoto/, freedigitalphotos.net/, ashinari.com/ All Rights Reserved.

関連リンク:
Wallsten et al. Acta Vet Scand. 2012; 54(1): 42. (Online PDF)
Morgan K, Funkquist P, Nyman G. The effect of coat clipping on thermoregulation during intense exercise in trotters. Equine Vet J Suppl. 2002 Sep;(34):564-7.

関連記事:
・暖房した馬場での運動による馬の暑熱順応
・乗馬に役立つスマホアプリ
・母馬の肥満と子馬の出生体重の関係
・馬の買い手のための購入前検査
・馬の反復トレーニングは3回まで?
・放牧は腱や靭帯を強くする?
・熱射病の予防には競技前のクールダウン
・馬の年齢を歯で当てよう
・関節注射のリスクを知っていますか?
・鞍ズレと跛行の関係
・オス馬とメス馬の産み分け?
・フロセマイド使用の是非
関連記事
このエントリーのタグ: 皮膚病 競馬 乗馬 飼養管理 疝痛

プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: アラフィフ
住所: 北関東
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

質問、御意見、記事の要望等は下記まで
E-mail: rowdyponies@gmail.com

最新記事

ブログメニュー

馬の話題カテゴリー

馬の病気の話題
・蹄葉炎, 切腱術
・ナビキュラー症候群
・蹄病一般, 装蹄
・腱靭帯疾患
・背部/腰部/仙腸部疾患
・プアパフォーマンス
・消化器疾患一般
・胃潰瘍
・虚血再灌流障害
・呼吸器の医療
・神経疾患, 神経学検査
・クッシング病
・繁殖疾患と繁殖学
・皮膚病の医療
・眼科疾患, 眼科治療
・歯科疾患, 歯科治療
・寄生虫病
・高齢馬の医療
・子馬の病気や管理法
・子馬/若齢馬の長期的影響
・突然死
・症例シリーズ

馬の医療の話題
・疝痛の検査
・経鼻チューブ
・腹水検査
・疝痛の予防
・疝痛の手術判断と予後予測
・開腹術の手技や合併症
・疝痛の外科的処置
・疝痛の獣医療での地域差
・跛行検査, 画像診断
・関節鏡
・去勢, 泌尿生殖器
・抗生物質
・局所肢灌流
・COX-2限定阻害薬
・破骨細胞抑制剤
・ショックウェーブ
・パーグ治療
・馬のハンドリング, 投薬
・バイオマーカー
・麻酔
・整形外科
・キャスト, ピンキャスト
・再生医療
・先端医療
・良い死(Euthanasia)
・馬の獣医療一般

馬の一般的話題
・馬の飼養管理一般
・飼養管理での病気/怪我の予防
・馬学一般
・ウマ社会の話題
・獣医学一般, 日常
・馬の飼料
・跛行と運動
・調馬索
・サク癖
・馬の行動学や悪癖
・ハミや馬具
・輸送
・怪我や事故の予防,対処法
・ホースマンの怪我と事故
・競馬での事故死や骨折
・馬とヒト, 伝染病, 馬動物学

馬の診療シリーズ

サイト内タグ一覧

FC2カウンター

リンク

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

推薦図書

月別アーカイブ

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

カテゴリ

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
2位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR