fc2ブログ
RSS

馬の病気:心室中隔欠損症

20150810_Blog1_Ventricular_Septal_Defect_Pict1.jpg

心室中隔欠損症(Ventricular septal defect)について。

心室間隔壁(Inter-ventricular septum)の不連続性によって左右の心室が連絡した病態で、馬では最も多く見られる先天性循環器病(Congenital cardiovascular disease)であることが報告されています。胎生期における心内膜床(Endocardial cushion)と筋性心室中隔(Muscular ventricular septum)の癒合不全(Fusion failure)によって引き起こされ、遺伝的素因の関与も示唆されています。

心室中隔欠損症の臨床症状は、欠損の大きさ、血液シャントの重篤度、弁または心筋疾患の併発(Concurrent valvular or myocardial disease)の有無によって異なり、心雑音を呈するのみで不症候性(Asymptomatic)の経過を示す個体もあれば、成長不全(Poor growth)、嗜眠(Lethargy)、呼吸困難(Dyspnea)、運動不耐性(Exercise intolerance)などの症状を示し、慢性心不全(Chronic heart failure)を引き起こす症例も見られます(通常は五歳齢時までに)。

心室中隔欠損症の診断では、胸部聴診において、左心室から右心室へのシャントに起因する、三尖弁領域(Tricuspid valve area)での台地形の全収縮期雑音(Plateau-shaped pansystolic murmur)、および、相対性肺動脈狭窄(Relative pulmonic stenosis)に起因する、肺動脈弁領域(Pulmonic valve area)での漸増漸減性の汎収縮期雑音(Crescendo-decrescendo holosystolic murmur)が聴取されます。また、心室中隔欠損部は、心エコー検査(Echocardiography)での短軸像(Short-axis view)によって確認でき、多くの症例において、三尖弁の中隔弁尖(Septal leaflet)および大動脈弁(Aortic valve)の無冠弁尖(Noncoronary leaflet)の腹側に観察され、欠損孔の長径計測、最大シャント速度(Peak shunt velocity)の計測、カラードップラー像を用いての乱流(Turbulent jet)の判定などが行われます。そして、心カテーテル挿入(Cardiac catheterization)によって、右心室圧の上昇(Right ventricular pressure elevation)、肺動脈圧の上昇(Pulmonary artery pressure elevation)、右心房と肺動脈における酸素含量格差(Oxygen content step-up)などを測定する方法も試みられています。胸部X線検査では、巨心症(Cardiomegaly)や肺循環(Pulmonary circulation)の評価が行われます。

中程度~大径の心室中隔欠損症では、左心房や左心室の拡大(Left atrial and ventricular enlargement)、右心室拡大(Right ventricular enlargement)、肺動脈拡張(Pulmonary artery dilation)、左心房と大動脈根の比率(Left atrial-to-aortic root ratio)の増加、大動脈弁逸脱(Aortic valve prolapsed)や大動脈弁閉鎖不全(Aortic regurgitation)(心室中隔欠損によって大動脈根の腹側支持が消失するため:Due to the loss of ventral support of aortic root)、等が見られる場合もあります。また、慢性の心室圧過負荷(Chronic ventricular pressure overload)によって右心室肥大(Right ventricular hypertrophy)が生じた場合には、逆性シャント(Reversed shunt direction)を呈する場合もあります(いわゆるアイゼンメンゲル症候群:Eisenmenger's complex)。

馬の心室中隔欠損症の現実的な治療法はありません。一般的には、心雑音が大きいほど心室中隔欠損は小さく、最大シャント速度が高いほど左心室機能異常は軽度であることを示し、予後は良い傾向にあります。欠損部が小径2.5cm以下で最大シャント速度が4m/sec以上の場合には、競走および競技としての使役が可能で、生涯にわたって不症候性に経過することもあります。しかし、欠損部が小径3.5cm以上で最大シャント速度が3m/sec以下の場合には、慢性心不全を起こす危険が高く乗用することは推奨されていません。心室中隔欠損症は遺伝的疾患であるという確証は示されていませんが、他の心疾患発病の危険を考慮して、繁殖用馬としての使用も勧められていません。

Copyright (C) Akikazu Ishihara All Rights Reserved.




関連記事

プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: アラフィフ
住所: 北関東
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

質問、御意見、記事の要望等は下記まで
E-mail: rowdyponies@gmail.com

最新記事

ブログメニュー

馬の話題カテゴリー

馬の病気の話題
・蹄葉炎, 切腱術
・ナビキュラー症候群
・蹄病一般, 装蹄
・腱靭帯疾患
・背部/腰部/仙腸部疾患
・プアパフォーマンス
・消化器疾患一般
・胃潰瘍
・虚血再灌流障害
・呼吸器の医療
・神経疾患, 神経学検査
・クッシング病
・繁殖疾患と繁殖学
・皮膚病の医療
・眼科疾患, 眼科治療
・歯科疾患, 歯科治療
・寄生虫病
・高齢馬の医療
・子馬の病気や管理法
・子馬/若齢馬の長期的影響
・突然死
・症例シリーズ

馬の医療の話題
・疝痛の検査
・経鼻チューブ
・腹水検査
・疝痛の予防
・疝痛の手術判断と予後予測
・開腹術の手技や合併症
・疝痛の外科的処置
・疝痛の獣医療での地域差
・跛行検査, 画像診断
・関節鏡
・去勢, 泌尿生殖器
・抗生物質
・局所肢灌流
・COX-2限定阻害薬
・破骨細胞抑制剤
・ショックウェーブ
・パーグ治療
・馬のハンドリング, 投薬
・バイオマーカー
・麻酔
・整形外科
・キャスト, ピンキャスト
・再生医療
・先端医療
・良い死(Euthanasia)
・馬の獣医療一般

馬の一般的話題
・馬の飼養管理一般
・飼養管理での病気/怪我の予防
・馬学一般
・ウマ社会の話題
・獣医学一般, 日常
・馬の飼料
・跛行と運動
・調馬索
・サク癖
・馬の行動学や悪癖
・ハミや馬具
・輸送
・怪我や事故の予防,対処法
・ホースマンの怪我と事故
・競馬での事故死や骨折
・馬とヒト, 伝染病, 馬動物学

馬の診療シリーズ

サイト内タグ一覧

FC2カウンター

リンク

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

推薦図書

月別アーカイブ

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

カテゴリ

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
2位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR