fc2ブログ
RSS

馬の病気:尿路感染症

20150814_Blog3_UTI_Pict1.jpg

尿路感染症(Urinary tract infection)について。

馬における尿路感染のうち、膀胱(Urinary bladder)や尿道(Urethra)などの下部尿路の感染症(Lower urinary tract infection)は、膀胱結石症(Bladder calculi)や尿道閉塞(Urinary obstruction)などに起因して発症します。一方、腎臓(Kidney)や尿管(Ureters)などの上部尿路の感染症(Upper urinary tract infection)は、尿路結石症(Urolithiasis)や腎臓結石症(Nephrolithiasis)などに起因して発症します。また、外傷や馬胃虫症(Habronemiasis)に続発する包皮浮腫(Preputial edema)と尿路失調(Urinary incontinence)なども、下部尿路感染症の病因として挙げられています。馬ヘルペス脊髄脳症(Equine herpes myeloencephalopathy)および馬多発神経炎(Polyneuritis equi)によって膀胱麻痺(Bladder paralysis)を起こした症例や、尿道括約筋の緊張低下(Urethral sphincter hypotonia)を起こした牝馬においても、下部尿路感染の合併症を起こすことがあります。

下部尿路感染症の症状としては、排尿障害(Dysuria)、頻尿症(Pollakyuria)、血尿症(Hematuria)などを呈し、膀胱から出血を生じた場合には、排尿中にずっと血尿を示すものの顕著な赤色は排尿終了直後に見られる事が一般的です。上部尿路感染症では、発熱(Fever)や体重減少(Weight loss)などの全身性の感染症状を呈しますが、下部尿路感染症を続発して排尿障害を示す場合もあります。直腸検査(Rectal examination)では、膀胱の肥大化および無緊張化(Enlarged and atonic bladder)、尿管の膨満(Distended ureters)、腎臓の肥大化または縮小化(Enlarged or shrunken kidney)などが触診される場合もあります。

尿路感染症の診断のための尿検査では、排尿の中間期の検体(Midstream sample)もしくは膀胱カテーテルによる採取検体を用いる事が推奨されており、白血球増加(>10 WBC per hi-power-field)や細菌数増加(>1000 CFU per mL)が認められます。血液検査による感染症兆候は、下部尿路感染症よりも上部尿路感染症においてより顕著に認められ、高窒素血症(Azotemia)と尿比重低下(Low urine specific gravity)を呈した症例では、両側性(Bilateral)の上部尿路感染症が示唆されます。超音波検査(Ultrasonography)では、腎臓のサイズや形状の検査が行われ、また、尿道造影法(Urethrograpy)を介したX線検査によって、尿道閉塞や包皮浮腫の診断が下される場合もあります。尿道および膀胱の内視鏡検査(Endoscopy)では、粘膜性状、尿道結石の発見、尿管開口部からの尿流(Urine flow from ureteral orifice)などの評価が行われ、カテーテル挿入による単一尿管からの検体採取を介して、片側性腎盂腎炎(Unilateral pyelonephritis)の診断が試みられる事もあります。また、馬の尿は多量の結晶(Crystals)を含むため、不完全な排尿で膀胱が空っぽにならない状態が続いた場合には、結晶蓄積による砂状尿道結石症(Sabulous urolithiasis)を併発する症例もあります。

尿路感染症に対する全身性抗生物質療法(Systemic anti-microbial therapy)では、カテーテルによる尿検体を用いての細菌培養(Bacterial culture)と感受性試験(Susceptibility test)の結果に基づいて使用薬剤を選択することが推奨されますが、尿路は無菌組織ではないため、選択薬物が必ずしも良好な効能を示すわけではないことを考慮する必要があります。一般的に、尿路感染症に対しては、Trimethoprim+Sulfonamide、Penicillin、Ampicillin、Cephalosporinsなどが有効です。GentamicinやAmikacinは腎毒性(Nephrotoxic)を示すため慎重な投与が必要で、TetracyclineとChloramphenicolは多くが肝臓代謝され、尿中排出(Urinary excretion)は少ないことが知られています。また、Enrofloxacinによる良好な治療例も報告されていますが、関節軟骨損傷(Articular cartilage damage)の潜在的副作用(Potential adverse effect)を考慮して幼馬に対しての投与は推奨されていません。

尿路失調に起因する症例においては、副交感神経刺激薬(Parasympathomimetic agent)であるBethanecholの投与によって、排尿筋緊張(Detrusor tone)の改善が試みられる場合もあります。膀胱結石症や砂状尿道結石症などの原発疾患が認められた症例では、結石の外科的除去(Surgical removal)や内視鏡による結晶砂洗浄(Lavage of crystalloid materials)を実施することが必要です。尿道括約筋の緊張低下を呈した牝馬症例においては、Estradiol cypionateおよびBenzoate投与によって、尿路失調の症状改善が期待できることが報告されています。

Copyright (C) Akikazu Ishihara All Rights Reserved.




関連記事

プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: アラフィフ
住所: 北関東
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

質問、御意見、記事の要望等は下記まで
E-mail: rowdyponies@gmail.com

最新記事

ブログメニュー

馬の話題カテゴリー

馬の病気の話題
・蹄葉炎, 切腱術
・ナビキュラー症候群
・蹄病一般, 装蹄
・腱靭帯疾患
・背部/腰部/仙腸部疾患
・プアパフォーマンス
・消化器疾患一般
・胃潰瘍
・虚血再灌流障害
・呼吸器の医療
・神経疾患, 神経学検査
・クッシング病
・繁殖疾患と繁殖学
・皮膚病の医療
・眼科疾患, 眼科治療
・歯科疾患, 歯科治療
・寄生虫病
・高齢馬の医療
・子馬の病気や管理法
・子馬/若齢馬の長期的影響
・突然死
・症例シリーズ

馬の医療の話題
・疝痛の検査
・経鼻チューブ
・腹水検査
・疝痛の予防
・疝痛の手術判断と予後予測
・開腹術の手技や合併症
・疝痛の外科的処置
・疝痛の獣医療での地域差
・跛行検査, 画像診断
・関節鏡
・去勢, 泌尿生殖器
・抗生物質
・局所肢灌流
・COX-2限定阻害薬
・破骨細胞抑制剤
・ショックウェーブ
・パーグ治療
・馬のハンドリング, 投薬
・バイオマーカー
・麻酔
・整形外科
・キャスト, ピンキャスト
・再生医療
・先端医療
・良い死(Euthanasia)
・馬の獣医療一般

馬の一般的話題
・馬の飼養管理一般
・飼養管理での病気/怪我の予防
・馬学一般
・ウマ社会の話題
・獣医学一般, 日常
・馬の飼料
・跛行と運動
・調馬索
・サク癖
・馬の行動学や悪癖
・ハミや馬具
・輸送
・怪我や事故の予防,対処法
・ホースマンの怪我と事故
・競馬での事故死や骨折
・馬とヒト, 伝染病, 馬動物学

馬の診療シリーズ

サイト内タグ一覧

FC2カウンター

リンク

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

推薦図書

月別アーカイブ

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

カテゴリ

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
2位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR