fc2ブログ
RSS

馬の病気:甲状腺機能低下症

20150816_Blog2_Hypothyroidism_Pict1.jpg

甲状腺機能低下症(Hypothyroidism)について。

甲状腺(Thyroid grand)からのサイロキシン(Thyroxin: T4)とトリヨードサイロニン(Tri-iodothyronine: T3)の分泌能の低下を起こす疾患で、病因としては、抗炎症剤による副作用、ヨード摂取不足(Inadequate iodine intake)、給餌内容(過剰なエネルギー・蛋白質・亜鉛・銅: Excessive energy, protein, zinc, copper)、Tall fescue等の牧草飼養馬に見られる真菌毒アルカロイドの摂取などが挙げられています。また、甲状腺の機能は正常で、末梢におけるT4-T3転換の減少(Decreased peripheral conversion of T4 to T3)を起こす低トリヨードサイロニン症候群(Nonthyroidal illness syndrome)の関与も示唆されています。

甲状腺機能低下症の症状としては、肥満症(Obesity)や蹄葉炎(Laminitis)が最も頻繁に見られ、無汗症(Anhidrosis)、横紋筋融解症(Rhabdomyolysis)、不妊症(Infertility)、先天性の甲状腺肥大化(Congenital thyroid enlargement: Goiter appearance)、運動不耐性(Exercise intolerance)などを呈する場合もあります。肥満を起こした馬では、頚頂(Neck crest)、臀部(Rump)、尾根(Tailhead)などに脂肪沈着(Fat deposit)が好発します。また、甲状腺機能低下症が示唆される多くの症例において、インシュリン耐性(Insulin resistance)を併発することが知られており、甲状腺の機能異常との因果関係や治療指針については論議があります。

甲状腺機能低下症の診断としては、甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(Thyrotropin-releasing hormone: TRH)もしくは甲状腺刺激ホルモン(Thyroid-stimulating hormone: TSH)の投与後に、T4およびT3の総濃度(Total concentration)または遊離区分濃度(Free fraction concentration)を測定する検査法が用いられ、正常馬では、T3濃度は二時間以内に倍増し、T4濃度は四時間以内に倍増することが報告されています。また、安静時のT4およびT3の遊離区分濃度を診断基準とする手法も試みられています。低トリヨードサイロニン症候群の発症馬では、一般にTRH/TSH刺激試験によって正常範囲内のT4/T3濃度上昇が認められます。

甲状腺機能低下症の治療としては、ヨード不足や過剰な栄養素給餌などの改善を行い、内科療法としては、ヨウ化カゼイン(Iodinated casein)やサイロプロテイン(Thyroprotein)などの投与による甲状腺ホルモン補給療法(Thyroid hormone supplementation therapy)が行われますが、臨床症状の好転には最低でも二週間を要することが報告されているため、血清中のホルモン濃度をモニタリングする事によって、必要な補充給餌量を調整することが推奨されています。また、低トリヨードサイロニン症候群の羅患馬においては、甲状腺ホルモン補給はあまり効能がなく、むしろ視床下部(Hypothalamus)→下垂体(Pituitary gland)→甲状腺の内分泌軸(HPT axis)の機能悪化を起こす危険性も示唆されています。

Copyright (C) Akikazu Ishihara All Rights Reserved.




関連記事

プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: アラフィフ
住所: 北関東
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

質問、御意見、記事の要望等は下記まで
E-mail: rowdyponies@gmail.com

最新記事

ブログメニュー

馬の話題カテゴリー

馬の病気の話題
・蹄葉炎, 切腱術
・ナビキュラー症候群
・蹄病一般, 装蹄
・腱靭帯疾患
・背部/腰部/仙腸部疾患
・プアパフォーマンス
・消化器疾患一般
・胃潰瘍
・虚血再灌流障害
・呼吸器の医療
・神経疾患, 神経学検査
・クッシング病
・繁殖疾患と繁殖学
・皮膚病の医療
・眼科疾患, 眼科治療
・歯科疾患, 歯科治療
・寄生虫病
・高齢馬の医療
・子馬の病気や管理法
・子馬/若齢馬の長期的影響
・突然死
・症例シリーズ

馬の医療の話題
・疝痛の検査
・経鼻チューブ
・腹水検査
・疝痛の予防
・疝痛の手術判断と予後予測
・開腹術の手技や合併症
・疝痛の外科的処置
・疝痛の獣医療での地域差
・跛行検査, 画像診断
・関節鏡
・去勢, 泌尿生殖器
・抗生物質
・局所肢灌流
・COX-2限定阻害薬
・破骨細胞抑制剤
・ショックウェーブ
・パーグ治療
・馬のハンドリング, 投薬
・バイオマーカー
・麻酔
・整形外科
・キャスト, ピンキャスト
・再生医療
・先端医療
・良い死(Euthanasia)
・馬の獣医療一般

馬の一般的話題
・馬の飼養管理一般
・飼養管理での病気/怪我の予防
・馬学一般
・ウマ社会の話題
・獣医学一般, 日常
・馬の飼料
・跛行と運動
・調馬索
・サク癖
・馬の行動学や悪癖
・ハミや馬具
・輸送
・怪我や事故の予防,対処法
・ホースマンの怪我と事故
・競馬での事故死や骨折
・馬とヒト, 伝染病, 馬動物学

馬の診療シリーズ

サイト内タグ一覧

FC2カウンター

リンク

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

推薦図書

月別アーカイブ

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

カテゴリ

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
2位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR