fc2ブログ
RSS

馬の病気:無汗症

20150816_Blog4_Anhidrosis_Pict1.jpg

無汗症(Anhidrosis)および発汗減少症(Hypohidrosis)について。

発汗機能に異常をきたす疾患で、夏季に高温多湿な気候を呈する地方において好発します。羅患馬の温度調節系(Thermoregulatory system)は正常である事が示されているため、発汗刺激の伝達を司るベータ2アドレナリン受容体(Beta-2 adrenoreceptors)が下方制御(Downregulation)または減感作(Desensitization)を起こすことが病因であると考えられています。また、汗腺萎縮(Sweat gland atrophy)を引き起こす免疫介在性疾患(Immune-mediated disease)や、甲状腺機能低下症(Hypothyroidism)が関与するという説も提唱されています。

無汗症の症状としては、運動不耐性(Exercise intolerance)と頻呼吸(Tachypnea)が見られるため、呼吸器疾患(Respiratory disease)であるという稟告が示される場合もありますが、慎重に患馬の臨床症状を観察することで、正常馬よりも発汗量が少ないことが認められます。また、顔面や管部における体毛の菲薄化(Thinning)や消失(Hair loss)や、運動後に皮膚表面に塩結晶分泌(Salt crystal secretion)が見られる症例もあります。

無汗症の診断としては、ベータ2アドレナリン作動薬(Beta-2 adrenergic agonists: Terbutaline, etc)の皮内注射(Intradermal injections)による発汗刺激試験(Sweat stimulation test)が行われ、1,000~100,000,000倍の希釈液の皮内投与部位における発汗を観察します。正常馬では10~30分後に全ての希釈濃度において発汗が見られるのに対して、無汗症ではどの注射部位にも発汗が無く、また、発汗減少症では高濃度の希釈液(1,000~10,000倍)においてのみ発汗が見られるか、発汗に長時間(30~60分)を要する所見が認められます。発汗刺激試験での陽性結果が顕著でない症例においては、高温環境下での30分の調馬索運動(Lunging)を行い、発汗量が少ない所見や、運動終了後30分以上経っても正常体温まで回復にしない所見によって、無汗症および発汗減少症の推定診断が下されます。また、皮膚生検(Skin biopsy)の組織病理学的検査(Histopathologic examination)では、汗腺の筋上皮細胞萎縮(Myoepithelial atrophy)、基底葉状層の肥厚化(Thickened basal lamina)、分泌性細胞小胞の減退(Secretory cell vesicle reduction)などが確認されます。

無汗症の内科的治療では、不応性を示す場合も多いため、無汗症および発汗減少症が疑われる症例においては、管理療法(朝夕の涼しい時間帯に運動させる、運動中または運動後に冷水をかける、etc)が主に行われます。内科的療法としては、経口電解質補給療法(Oral electrolyte supplementation therapy)として、L-サイロシン、アスコルビン酸、ナイアシン、コバルト等の補充飼料を給餌することで、ドーパミン合成(Dopamine synthesis)を亢進させる治療法が試みられていますが、効能については論議があります。また、ベータ2アドレナリン刺激剤であるClenbuterolの投与や、コルチコステロイドとClenbuterolの併用(相乗作用が期待できるため)によって、高温多湿の季節における重篤な高体温症(Hyperthermia)の発生を予防する事もありますが、病態が発汗減少症から完全な無汗症へと悪化する可能性もあるため、実施には賛否両論(Controversy)があります。そして、甲状腺機能低下症の関与を考慮する場合には、ヨウ化カゼイン(Iodinated casein)等の投与による甲状腺ホルモン補給療法(Thyroid hormone supplementation therapy)が試みられる事もあります。さらに、Methyldopa投与による交感神経活動の減退(Decreased sympathetic drive)を期待する療法も経験的に実施されていますが、その有用性は科学的に立証されていません。

Copyright (C) Akikazu Ishihara All Rights Reserved.




関連記事

プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: アラフィフ
住所: 北関東
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

質問、御意見、記事の要望等は下記まで
E-mail: rowdyponies@gmail.com

最新記事

ブログメニュー

馬の話題カテゴリー

馬の病気の話題
・蹄葉炎, 切腱術
・ナビキュラー症候群
・蹄病一般, 装蹄
・腱靭帯疾患
・背部/腰部/仙腸部疾患
・プアパフォーマンス
・消化器疾患一般
・胃潰瘍
・虚血再灌流障害
・呼吸器の医療
・神経疾患, 神経学検査
・クッシング病
・繁殖疾患と繁殖学
・皮膚病の医療
・眼科疾患, 眼科治療
・歯科疾患, 歯科治療
・寄生虫病
・高齢馬の医療
・子馬の病気や管理法
・子馬/若齢馬の長期的影響
・突然死
・症例シリーズ

馬の医療の話題
・疝痛の検査
・経鼻チューブ
・腹水検査
・疝痛の予防
・疝痛の手術判断と予後予測
・開腹術の手技や合併症
・疝痛の外科的処置
・疝痛の獣医療での地域差
・跛行検査, 画像診断
・関節鏡
・去勢, 泌尿生殖器
・抗生物質
・局所肢灌流
・COX-2限定阻害薬
・破骨細胞抑制剤
・ショックウェーブ
・パーグ治療
・馬のハンドリング, 投薬
・バイオマーカー
・麻酔
・整形外科
・キャスト, ピンキャスト
・再生医療
・先端医療
・良い死(Euthanasia)
・馬の獣医療一般

馬の一般的話題
・馬の飼養管理一般
・飼養管理での病気/怪我の予防
・馬学一般
・ウマ社会の話題
・獣医学一般, 日常
・馬の飼料
・跛行と運動
・調馬索
・サク癖
・馬の行動学や悪癖
・ハミや馬具
・輸送
・怪我や事故の予防,対処法
・ホースマンの怪我と事故
・競馬での事故死や骨折
・馬とヒト, 伝染病, 馬動物学

馬の診療シリーズ

サイト内タグ一覧

FC2カウンター

リンク

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

推薦図書

月別アーカイブ

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

カテゴリ

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
2位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR