fc2ブログ
RSS

馬の病気:精巣変性

20150818_Blog2_Testicular_Degeneration_Pict1.jpg

精巣変性(Testicular degeneration)について。

精巣が後天性に退行性変化(Acquired degenerative change)を起こす病態を指し、精巣萎縮(Testicular atrophy)に伴う生殖機能の減退を引き起こす疾患です。精巣変性の病因としては、高温の気候(Increased ambient temprerature)や全身性感染症(Systemic infection)に起因する持続性の高体温(Prolonged hyperthermia)、感染性および外傷性の精巣炎(Infectious/Traumatic orchitis)、浮腫に起因する陰嚢遮蔽(Scrotal insulation)、鼠径ヘルニア(Inguinal hernia)などが挙げられており、また、精巣上体閉塞(Epididymis obstruction)や精索捻転(Spermatic cord torsion)に続発して起こる病態も知られています。

精巣変性の症状としては、陰嚢サイズの縮小が見られることが一般的ですが、有意な生殖機能減退にも関わらず、外見上の陰嚢萎縮は顕著ではない症例も見られます。精液検査(Semen examination)では、精子濃度の減少(Decreased spermatozoa concentration)、形態異常を示す精子数の増加(Increased spermatozoa with morphologic defects)、未成熟な胚芽細胞の増加(Increased premature germ cells)などが認められます。しかし、顕著な陰嚢萎縮を伴わない精液検査の異常所見では、精巣変性と精巣低形成(Testicular hypoplasia)の鑑別診断は困難な症例が殆どです。

精巣変性の確定診断は、精巣の生検(Testicular biopsy)を介しての病理組織検査によって下され、精細管内腔(Seminiferous tubule lumen)における内皮構造の消失(Loss of epithelium architecture)や一倍体胚芽細胞相の欠損(Absence of haploid germ cell stage)などが認められ、重度病態では基底膜縁に僅かに残存したセルトリ細胞のみが観察されます。また、血清中のテストステロン濃度の減少、黄体形成ホルモン(Luteinizing hormone: LH)の濃度の減少(初期病態)、卵胞刺激ホルモン(Follicle-stimulating hormone: FSH)の濃度の上昇(慢性病態)、エストラディオール濃度の減少(慢性病態)などが診断指標として用いられる場合もあります。

精巣変性の治療では、一次性病因の改善を第一指針とし、涼しい飼養環境への変更、全身性感染症の治療などが行われますが、臨床症状を発現した精巣変性は不可逆的変化(Irreversible change)に至っている場合が多いと考えられています。また、性腺刺激ホルモン放出ホルモン(Gonadotropin-releasing hormone: GnRH)の投与によるゴナドトロピン置換療法(Gonadotropin replacement therapy)によって、精巣組織の治癒を促す手法が試みられる場合もあります。精巣変性は予後不良を呈する症例が多いことが報告されていますが、退行性変化が可逆性であった患馬では、治療開始から2~5ヶ月で精子生成能の回復が見られることが示唆されています。

Copyright (C) Akikazu Ishihara All Rights Reserved.




関連記事

プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: アラフィフ
住所: 北関東
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

質問、御意見、記事の要望等は下記まで
E-mail: rowdyponies@gmail.com

最新記事

ブログメニュー

馬の話題

馬の病気の話題
・蹄葉炎, 切腱術
・ナビキュラー症候群
・蹄病一般, 装蹄
・腱靭帯疾患
・背部/腰部/仙腸部疾患
・プアパフォーマンス
・消化器疾患一般
・胃潰瘍
・虚血再灌流障害
・呼吸器の医療
・神経疾患, 神経学検査
・クッシング病
・繁殖疾患と繁殖学
・皮膚病の医療
・眼科疾患, 眼科治療
・歯科疾患, 歯科治療
・寄生虫病
・高齢馬の医療
・子馬の病気や管理法
・子馬/若齢馬の長期的影響
・突然死
・症例シリーズ

馬の医療の話題
・疝痛の検査
・経鼻チューブ
・腹水検査
・疝痛の予防
・疝痛の手術判断と予後予測
・開腹術の手技や合併症
・疝痛の外科的処置
・疝痛の獣医療での地域差
・跛行検査, 画像診断
・関節鏡
・去勢, 泌尿生殖器
・抗生物質
・COX-2限定阻害薬
・破骨細胞抑制剤
・ショックウェーブ
・パーグ治療
・馬のハンドリング, 投薬
・バイオマーカー
・麻酔
・整形外科
・キャスト, ピンキャスト
・再生医療
・先端医療
・良い死(Euthanasia)
・馬の獣医療一般

馬の一般的話題
・馬の飼養管理一般
・飼養管理での病気/怪我の予防
・馬学一般
・ウマ社会の話題
・獣医学一般, 日常
・馬の飼料
・跛行と運動
・調馬索
・サク癖
・馬の行動学や悪癖
・ハミや馬具
・輸送
・怪我や事故の予防,対処法
・ホースマンの怪我と事故
・競馬での事故死や骨折
・馬とヒト, 伝染病, 馬動物学

馬の診療シリーズ

サイト内タグ一覧

FC2カウンター

リンク

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

月別アーカイブ

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

カテゴリ

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
1位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR