FC2ブログ
RSS

馬の病気:慢性進行性リンパ浮腫

20131018_Blog1_Chronic_Progressive_Lymphedema_Pict1.jpg

慢性進行性リンパ浮腫(Chronic progressive lymphedema)について。

遠位肢に進行性の腫脹(Progressive swelling)、角質増殖(Hyperkeratosis)、線維化症(Fibrosis)などを生じる疾患で、シャイアー、クライズデール、ベルジアン等の重種馬に好発します。病因としては、エラスチン抗体(Anti-elastin antibodies)の発現に起因するリンパ系組織の機能異常が挙げられており、慢性リンパ浮腫(Chronic lymphedema)から免疫系異常(Compromised immune system)を起こし、二次性細菌感染(Secondary bacterial infection)に至ることが一般的です。

慢性進行性リンパ浮腫の症状としては、初期病態では皮膚の肥厚化(Skin thickening)と痂皮形成(Crusting)が認められ、容易に細菌感染と蜂窩織炎(Cellulitis)を起こすようになります。さらに症状の進行に伴って、複数の皮膚襞形成(Multiple skin fold formation)や潰瘍(Ulceration)を示し、遠位肢の永続性肥大(Permanent enlargement of lower limb)を呈します。

慢性進行性リンパ浮腫の有効な治療法は確立されておらず、四肢の蜂窩織炎と肥大化から、競走および競技への使役は困難となる症例が殆どで、また、遺伝性素因(Genetic predisposition)の関与も指摘されていることから、繁殖馬としての飼養も推奨されていません。

Copyright (C) Akikazu Ishihara All Rights Reserved.




プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: 40代
住所: 神奈川県
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

ブログメニュー

推薦書籍

FC2カウンター

リンク

関連サイト

検索エンジン

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
143位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
19位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

関連サイト

QRコード

QR