fc2ブログ
RSS

馬の文献:胃潰瘍(Nieto et al. 2009)

「馬の胃潰瘍が運動への生理学的反応に及ぼす影響」
Nieto JE, Snyder JR, Vatistas NJ, Jones JH. Effect of gastric ulceration on physiologic responses to exercise in horses. Am J Vet Res. 2009; 70(6): 787-795.

この研究論文では、馬の胃潰瘍(Gastric ulceration)が運動への生理学的反応(Physiologic responses to exercise)(=馬の競走能力の指標)にどのような影響を及ぼすかを検証するため、二十頭の実験馬を競走馬と同様の飼養条件下(運動時間、運動負荷、絶食回数、etc)に八週間置き、そのうち半数の馬では二週目からオメプラゾールの投与を行い、治療郡と無投与郡の双方において、胃内視鏡検査(Gastroscopy)における実験期間中の胃潰瘍スコアの経過観察、および実験前後の競走能力の比較が行われました。

この研究において、無投与郡の馬では、実験前には胃潰瘍を起こしていなかったものが、八週間にわたって競走馬と同様の飼養条件下に置かれることで、全頭において軽度~中程度の胃潰瘍の発症が認められ、重度の胃潰瘍や広範囲に及ぶ重度病巣を呈した馬も数頭見られました。そして、実験期間の三週間目から胃潰瘍スコアの有意な上昇が見られ、実験期間終了までに胃潰瘍の病巣が徐々に悪化していく傾向が認められました。このことから、例え二ヶ月という短期間であっても、強度の運動や頻繁な絶食処置などをともなう平地レースという飼養環境が、馬にとってはストレスの多く、胃潰瘍を発症しやすい条件であることを再確認するデータが示されました。

一方、オメプラゾール投与郡の馬では、八週間にわたって競走馬と同様の飼養条件下に置かれた場合でも、胃潰瘍の発症は一頭にも認められず、胃壁のわずかな充血(Hyperemia)や糜爛(Erosion)を除けば、有意な胃潰瘍スコアの上昇は認められませんでした。このことから、オメプラゾール投与によって、競走馬の飼養条件下における胃潰瘍の発症を、ほぼ完全に予防できることが示唆されました。この研究で用いられたオメプラゾールの投与量(4mg/kg once a day)は、他の文献で示されている胃潰瘍の予防的投与量(1mg/kg once a day)よりも高濃度であったことから、今後の研究では、同様の飼養条件下において、胃潰瘍予防に必要な最小薬量を検証する必要があると考えられました。

この研究では、胃潰瘍を発症した馬(罹患馬)、および発症しなかった馬(非罹患馬)のそれぞれにおいて、実験期間後の競走能力の評価が行われ、非罹患馬では罹患馬に比べて、有意に高い最大酸素摂取量(VO2max)を示しました。また、実験前後の競走能力を比較した場合、非罹患馬では実験期間の前後で最大酸素摂取量の有意な上昇が認められたのに対して、罹患馬では実験期間の前後における最大酸素摂取量に有意差は見られませんでした、このため、胃潰瘍を発症した馬では、調教による競走能力の増加が十分に起きないというデータが示され、つまり、オメプラゾールの予防的投与は、胃潰瘍という病気を防ぐという面だけでなく、トレーニング効果を増長するという、運動生理学的な利点も大きいことが示唆されました。

この研究の限界点としては、レースに使役されていない実験馬と、トレッドミルによる運動方式を用いていることから、実際のサラブレッド競走馬が平地コースで調教を受ける状況を、完全には再現していない可能性もあります。しかし、この研究において、内視鏡検査で確認された胃潰瘍スコアは、一般的に競走馬に見られる胃潰瘍よりも僅かに軽度であり、また、一般的に調教に上がってくるサラブレッド競走馬では、はやい場合には調教開始から19日目から胃潰瘍を発症することが報告されています(この研究では三週間目から)。さらに、この研究における胃潰瘍の非罹患馬は、トレッドミルによる八週間の調教シミュレーション期間で、35%の最大酸素摂取量の増加を示しており、これは、他の文献で報告されている、九週間の調教による20%の最大酸素摂取量の増加をも上回る、十分なトレーニング量&強度であると考えられます。このため、この研究で用いられた馬および運動プログラムは、競馬場やトレーニングセンターにおける胃潰瘍発症の過程を、かなり忠実に再現していると推測され、今後の研究において、胃潰瘍の治療&予防のための管理法や内科療法を試験する際に、極めて有用な実験モデルであるという考察がなされています。

Copyright (C) nairegift.com/freephoto/, freedigitalphotos.net/, ashinari.com/ All Rights Reserved.
Copyright (C) Akikazu Ishihara All Rights Reserved.

関連記事:
馬の病気:胃潰瘍




関連記事

プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: アラフィフ
住所: 北関東
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

質問、御意見、記事の要望等は下記まで
E-mail: rowdyponies@gmail.com

最新記事

ブログメニュー

馬の話題

馬の病気の話題
・蹄葉炎, 切腱術
・ナビキュラー症候群
・蹄病一般, 装蹄
・腱靭帯疾患
・背部/腰部/仙腸部疾患
・プアパフォーマンス
・消化器疾患一般
・胃潰瘍
・虚血再灌流障害
・呼吸器の医療
・神経疾患, 神経学検査
・クッシング病
・繁殖疾患と繁殖学
・皮膚病の医療
・眼科疾患, 眼科治療
・歯科疾患, 歯科治療
・寄生虫病
・高齢馬の医療
・子馬の病気や管理法
・子馬/若齢馬の長期的影響
・突然死
・症例シリーズ

馬の医療の話題
・疝痛の検査
・経鼻チューブ
・腹水検査
・疝痛の予防
・疝痛の手術判断と予後予測
・開腹術の手技や合併症
・疝痛の外科的処置
・疝痛の獣医療での地域差
・跛行検査, 画像診断
・関節鏡
・去勢, 泌尿生殖器
・抗生物質
・COX-2限定阻害薬
・破骨細胞抑制剤
・ショックウェーブ
・パーグ治療
・馬のハンドリング, 投薬
・バイオマーカー
・麻酔
・整形外科
・キャスト, ピンキャスト
・再生医療
・先端医療
・良い死(Euthanasia)
・馬の獣医療一般

馬の一般的話題
・馬の飼養管理一般
・飼養管理での病気/怪我の予防
・馬学一般
・ウマ社会の話題
・獣医学一般, 日常
・馬の飼料
・跛行と運動
・調馬索
・サク癖
・馬の行動学や悪癖
・ハミや馬具
・輸送
・怪我や事故の予防,対処法
・ホースマンの怪我と事故
・競馬での事故死や骨折
・馬とヒト, 伝染病, 馬動物学

馬の診療シリーズ

サイト内タグ一覧

FC2カウンター

リンク

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

月別アーカイブ

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

カテゴリ

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
1位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR