FC2ブログ
RSS

馬の病気:ゲタウイルス感染症

20150911_Blog2_Getah_Virus_Disease_Pict1.jpg

馬のゲタウイルス感染症(Getah virus infection)について。

ゲタウイルス感染症の原因ウイルスは、トガウイルス科、アルファウイルス属に分類され、蚊によって媒介されます。日本では、1978年に流行が見られましたが、ワクチンが開発された1980年以降の流行は確認されていません。

ゲタウイルス感染症の症状は、発熱(Fever)、発疹(Exanthema)、後肢の浮腫(Hind limb edema)を特徴とし、下顎リンパ節腫脹(Mandibular lymph node enlargement)や鼻汁排出(Nasal discharge)が認められることもあります。しかし、活力や食欲には変化はなく、呼吸器症状(Respiratory signs)も認められません。

ゲタウイルス感染症の診断では、中和試験(Neutralization test)や血球凝集抑制試験(Hemagglutination inhibition test)による血清診断(Serodiagnosis)が用いられています。また、血液や鼻汁からウイルス分離が試みられる場合もあります。

ゲタウイルス感染症の治療は、対症療法(Symptomatic treatment)のみが行われます。ゲタウイルス感染症の予防には、不活化ワクチン(Inactivated vaccine)の投与が重要で、蚊の防除も有効です。

Copyright (C) Akikazu Ishihara All Rights Reserved.




プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: 40代
住所: 神奈川県
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

ブログメニュー

推薦書籍

FC2カウンター

リンク

関連サイト

検索エンジン

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
132位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
18位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

関連サイト

QRコード

QR