FC2ブログ
RSS

馬の病気:馬の水胞性口炎

20150912_Blog2_Vesicular_Stomatitis_Pict1.jpg

馬の水胞性口炎(Vesicular stomatitis)について。

水胞性口炎は、南北アメリカ大陸で発生している、牛・豚・馬の感染症です。水胞性口炎の原因ウイルスは、ラブドウイルス科、ベシクロウイルス属に分類され、日本では家畜伝染病(法定伝染病)に指定されており、患畜として診断された場合には殺処分の対象となります。水胞性口炎の伝播様式は、十分には解明されておらず、節足動物などのベクターや、ウイルスの増幅動物の関与が示唆されています。

馬の水胞性口炎の症状は、40度の発熱(Fever)のほか、激しい流涎(Hyper-salivation)を特徴として、その後に、口腔粘膜と舌粘膜の水胞(Blistera vesicle in oral/tongue mucosa)、および、蹄冠部の皮膚炎(Coronary band dermatitis)が認められます。牛と豚においては、口蹄疫(Foot and mouth disease)との類症鑑別(Differential diagnosis)が重要となります。

馬の水胞性口炎の診断では、中和試験(Neutralization test)および補体結合反応(Complement binding reaction)による血清診断(Serodiagnosis)が行われるほか、ELISA法(Enzyme-linked immunosorbent assay)も応用されています。また、唾液や水胞液を用いたウイルス分離も試みられています。

馬の水胞性口炎の治療は、対症療法(Symptomatic treatment)および二次感染の予防(Prevention of secondary infection)が行われ、特別な治療法はありません。牛と豚用には、生ワクチンおよび不活化ワクチンが開発されていますが、馬には使用されません。

Copyright (C) Akikazu Ishihara All Rights Reserved.




プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: 40代
住所: 神奈川県
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

ブログメニュー

推薦書籍

FC2カウンター

リンク

関連サイト

検索エンジン

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
20位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

関連サイト

QRコード

QR