fc2ブログ
RSS

馬の文献:種子骨骨折(Spurlock et al. 1983)

Blog_Litr0306_Pict01_#01

「109頭のスタンダードブレッドにおける近位種子骨の尖端骨折」
Spurlock GH, Gabel AA. Apical fractures of the proximal sesamoid bones in 109 Standardbred horses. J Am Vet Med Assoc. 1983; 183(1): 76-79.

この症例論文では、近位種子骨(Proximal sesamoid bone)の尖端骨折(Apical fracture)の病態と、外科的療法および保存性療法(Surgical/Conservative treatment)の治療効果を評価するため、近位種子骨の尖端骨折を呈した109頭のスタンダードブレッドの、医療記録(Medical records)の回顧的解析(Retrospective analysis)が行われました。

結果としては、近位種子骨の尖端骨折を呈した109頭の患馬のうち、外科的療法が応用された80頭を見ると、骨折前の出走率(45%)と治療後の出走率(50%)とのあいだには顕著な差が見られず、骨折前と治療後の競走成績(獲得賞金、出走回数、競走順位、競走への使用期間)のあいだにも有意差は認められませんでした。このため、スタンダードブレッドにおける近位種子骨の尖端骨折では、関節鏡手術(Arthroscopy)を介しての骨折片の摘出(Fracture fragment removal)によって、良好な治癒と競走能力の改善が期待されることが示唆されました。一方、保存性療法が選択された29頭を見ると、骨折前の出走率(69%)に比べて治療後の出走率(37%)は顕著に低い傾向が認められ、また、骨折前に比べて治療後の獲得賞金、出走数、および競走順位などが、有意に低下していることが示され、保存性療法では骨折部の完全な治癒は難しく、競走能力の減退につながることが示唆されました。

この研究では、外科的療法が応用された80頭の患馬のうち、骨折発生から30日以内に手術が行われた場合(治療後の出走率:60%)には、骨折発生から30日以上経ってから手術が行われた場合(治療後の出走率:37%)に比べて、治療後の獲得賞金、出走数、および競走順位などが、有意に高いことが示されました。このため、スタンダードブレッドにおける近位種子骨の尖端骨折では、骨折が発見され次第、出来るだけ早期に外科治療を実施することで、骨折部位および周辺軟部組織(Surrounding soft tissue)の良好な治癒が期待され、競走能力の向上につながることが示唆されました。

この研究では、外科的療法が応用された80頭の患馬のうち、16頭において繋靭帯炎(Suspensory desmitis)の続発が確認され、これらの患馬の出走率は36%にとどまり、競走成績(獲得賞金、出走数、など)も顕著に低下していることが示されました。このため、馬における近位種子骨の尖端骨折では、早期の外科的療法による繋靭帯炎の予防や、手術後の超音波検査(Ultrasonography)による繋靭帯炎のモニタリングが重要であると考えられました。

この研究では、近位種子骨の尖端骨折を呈した109頭の患馬のうち、前肢の骨折は26%(28/109頭)であったのに対して、後肢の骨折は74%(81/109頭)を占め、また、内側種子骨(Medial sesamoid bone)の骨折は28%(31/109頭)であったのに対して、外側種子骨の骨折(Lateral sesamoid bone)は72%(78/109頭)を占めており、スタンダードブレッドにおける種子骨の尖端骨折は、前肢よりも後肢、内側よりも外側の種子骨に好発することが示唆されました。

この研究では、外科的療法が応用された患馬のうち前肢の骨折症例を見ると、骨折前に比べて治療後のほうが、出走率(66%→40%)、獲得賞金($5000→$3000)、出走数(18回→12回)などが低下していることが示されました。一方、後肢の骨折症例を見ると、骨折前に比べて治療後のほうが、出走率(40%→52%)、獲得賞金($1400→$3200)、出走数(8回→13回)などが顕著に増加していました。このため、スタンダードブレッドの種子骨尖端骨折に対する外科治療では、前肢における骨折よりも後肢における骨折のほうが、より良好な予後と競走能力の向上が期待されることが示唆されています。

この研究では、外科的療法が応用された80頭の骨折前の獲得賞金(平均2000ドル)に比べて、保存性療法が選択された29頭の骨折前の獲得賞金(平均11000ドル)のほうが顕著に高額で、年齢も高い傾向にあったことが示されました。このことから、年齢が高く、もう十分に賞金を稼いだ馬に対しては、高価な手術を避けて保存性療法でレース出走を続けるという、治療方針の選択における偏向(Bias)が働いたことが推測されます。このため、保存性療法が選択された馬における治療後の出走率や競走成績は、過小評価(Under-estimate)されている可能性もあると考察されています。

Copyright (C) nairegift.com/freephoto/, freedigitalphotos.net/, ashinari.com/ All Rights Reserved.
Copyright (C) Akikazu Ishihara All Rights Reserved.

関連記事;
馬の病気:種子骨骨折




関連記事

プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: アラフィフ
住所: 北関東
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

質問、御意見、記事の要望等は下記まで
E-mail: rowdyponies@gmail.com

最新記事

ブログメニュー

馬の話題カテゴリー

馬の病気の話題
・蹄葉炎, 切腱術
・ナビキュラー症候群
・蹄病一般, 装蹄
・腱靭帯疾患
・背部/腰部/仙腸部疾患
・プアパフォーマンス
・消化器疾患一般
・胃潰瘍
・虚血再灌流障害
・呼吸器の医療
・神経疾患, 神経学検査
・クッシング病
・繁殖疾患と繁殖学
・皮膚病の医療
・眼科疾患, 眼科治療
・歯科疾患, 歯科治療
・寄生虫病
・高齢馬の医療
・子馬の病気や管理法
・子馬/若齢馬の長期的影響
・突然死
・症例シリーズ

馬の医療の話題
・疝痛の検査
・経鼻チューブ
・腹水検査
・疝痛の予防
・疝痛の手術判断と予後予測
・開腹術の手技や合併症
・疝痛の外科的処置
・疝痛の獣医療での地域差
・跛行検査, 画像診断
・関節鏡
・去勢, 泌尿生殖器
・抗生物質
・局所肢灌流
・COX-2限定阻害薬
・破骨細胞抑制剤
・ショックウェーブ
・パーグ治療
・馬のハンドリング, 投薬
・バイオマーカー
・麻酔
・整形外科
・キャスト, ピンキャスト
・再生医療
・先端医療
・良い死(Euthanasia)
・馬の獣医療一般

馬の一般的話題
・馬の飼養管理一般
・飼養管理での病気/怪我の予防
・馬学一般
・ウマ社会の話題
・獣医学一般, 日常
・馬の飼料
・跛行と運動
・調馬索
・サク癖
・馬の行動学や悪癖
・ハミや馬具
・輸送
・怪我や事故の予防,対処法
・ホースマンの怪我と事故
・競馬での事故死や骨折
・馬とヒト, 伝染病, 馬動物学

馬の診療シリーズ

サイト内タグ一覧

FC2カウンター

リンク

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

推薦図書

月別アーカイブ

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

カテゴリ

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
2位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR