fc2ブログ
RSS

馬の文献:手根骨破片骨折(Shoemaker et al. 1992)

「関節内投与されたメチルプレドニゾロンが馬の正常軟骨および骨軟骨欠損治癒に及ぼす影響」
Shoemaker RS, Bertone AL, Martin GS, McIlwraith CW, Roberts ED, Pechman R, Kearney MT. Effects of intra-articular administration of methylprednisolone acetate on normal articular cartilage and on healing of experimentally induced osteochondral defects in horses. Am J Vet Res. 1992; 53(8): 1446-1453.

この研究論文では、手根骨破片骨折(Carpal chip fracture)の関節鏡的骨片摘出(Arthroscopic fragment removal)において、その予後(Prognosis)を大きく左右する要因である骨関節疾患(Osteoarthritis)の予防法および治療法を検討するため、健常な四頭の実験馬、および、遠位橈側手根骨(Distal radial carpal bone)に軟骨欠損(Cartilage defect)を作成した四頭の実験馬を用いて、一方の手根関節にはメチルプレドニゾロンを関節注射(毎週一回の投与を四週間)(=治療関節)、もう一方の手根関節には生食を関節注射(=対照関節)して、手術から十六週間目に滑膜(Synovial membrane)および関節軟骨(Articular cartilage)の組織学的検査(Histologic evaluation)が行われました。

結果としては、軟骨欠損箇所の肉眼検査(Gross examination)において、線維性軟骨(Fibrocartilage)による関節面再生(Resurfacing)が見られた領域は、対照関節では49%であったのに対して、治療関節では0%でした。そして、治療関節における欠損部周囲の関節軟骨では、軟骨細胞密集(Chondrocyte clustering)や棚状組織(Palisading tissue)などの異常所見が認められ、組織化学的染色輝度(Histochemical staining intensity)や置換組織の厚さ(Replacement tissue thickness)が、対照関節よりも有意に低い数値を示しました。このため、手根骨の破片骨折片が摘出された後に、メチルプレドニゾロンの関節注射が行われると、軟骨欠損箇所の治癒を妨げるだけでなく、周囲の健常な軟骨にも有害な作用(Detrimental effect)を及ぼすことが示唆されました。

馬の関節疾患に対しては、コルチコステロイドの関節注射によって疼痛や跛行(Pain/Lameness)を緩和して、早期に運動復帰させる“治療”方針が、1950年代から続けられており、関節浮腫(Joint edema)を減退させたり、滑膜細胞の安定化(Stabilization of synovial cells)する効能も示されています(Owen et al. JAVMA. 1980;177:710)。しかし、コルチコステロイドは軟骨細胞および細胞外基質(Extra-cellular matrix)に悪影響を及ぼし、その再生には六ヶ月近くを要することが報告されており(Behrens et al. JBJS. 1976;58A:1157)、痛みを隠しながら調教やレースを続けることで、結果的に変性関節疾患(Degenerative joint disease)を助長する結果につながる、と考えられています。

一般的に、ステロイドの関節内投与では、滑膜の炎症性細胞の活性を抑制(Suppression of inflammatory cell activities)して、関節の炎症や痛みが劇的に改善するため、関節疾患を有する多くの馬に用いられています。しかし、ステロイドは軟骨細胞の活性も抑制して、細胞尾外基質におけるグリコサミノグリカン含量の減少(Loss of glycosaminoglycan content)、および、コラーゲン含量の増加(Increased collagen content)を引き起こすことで、関節軟骨の弾力性(Resilience)が失われます。この過程では、低レベルの痛みはステロイドで覆い隠されているため、弱体化した関節軟骨に対しても通常以上の負荷が掛けられることになり、結果的に関節軟骨の損傷と、それに続発する骨関節炎の発症に至ると考えられています。

この研究では、軟骨欠損のない健常な手根関節においても、関節軟骨の形態学的スコア(Articular cartilage morphologic score)および組織化学的染色輝度が、対照関節よりも有意に低い数値を示しました。このため、馬の手根関節では、メチルプレドニゾロンの関節注射によって、骨関節炎を予防する効果は期待できず、逆に軟骨異常に起因して骨関節炎を続発する危険性があると考えられました。

Copyright (C) nairegift.com/freephoto/, freedigitalphotos.net/, ashinari.com/ All Rights Reserved.
Copyright (C) Akikazu Ishihara All Rights Reserved.

関連記事:
馬の病気:手根骨破片骨折




関連記事

プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: アラフィフ
住所: 北関東
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

質問、御意見、記事の要望等は下記まで
E-mail: rowdyponies@gmail.com

最新記事

ブログメニュー

馬の話題

馬の病気の話題
・蹄葉炎, 切腱術
・ナビキュラー症候群
・蹄病一般, 装蹄
・腱靭帯疾患
・背部/腰部/仙腸部疾患
・プアパフォーマンス
・消化器疾患一般
・胃潰瘍
・虚血再灌流障害
・呼吸器の医療
・神経疾患, 神経学検査
・クッシング病
・繁殖疾患と繁殖学
・皮膚病の医療
・眼科疾患, 眼科治療
・歯科疾患, 歯科治療
・寄生虫病
・高齢馬の医療
・子馬の病気や管理法
・子馬/若齢馬の長期的影響
・突然死
・症例シリーズ

馬の医療の話題
・疝痛の検査
・経鼻チューブ
・腹水検査
・疝痛の予防
・疝痛の手術判断と予後予測
・開腹術の手技や合併症
・疝痛の外科的処置
・疝痛の獣医療での地域差
・跛行検査, 画像診断
・関節鏡
・去勢, 泌尿生殖器
・抗生物質
・COX-2限定阻害薬
・破骨細胞抑制剤
・ショックウェーブ
・パーグ治療
・馬のハンドリング, 投薬
・バイオマーカー
・麻酔
・整形外科
・キャスト, ピンキャスト
・再生医療
・先端医療
・良い死(Euthanasia)
・馬の獣医療一般

馬の一般的話題
・馬の飼養管理一般
・飼養管理での病気/怪我の予防
・馬学一般
・ウマ社会の話題
・獣医学一般, 日常
・馬の飼料
・跛行と運動
・調馬索
・サク癖
・馬の行動学や悪癖
・ハミや馬具
・輸送
・怪我や事故の予防,対処法
・ホースマンの怪我と事故
・競馬での事故死や骨折
・馬とヒト, 伝染病, 馬動物学

馬の診療シリーズ

サイト内タグ一覧

FC2カウンター

リンク

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

月別アーカイブ

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

カテゴリ

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
1位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR