fc2ブログ
RSS

馬の文献:手根骨破片骨折(Nicholson et al. 2010)

Blog_Litr0307_Pict10_#36

「サラブレッドにおける年齢、関節タイプ、骨軟骨損傷と血清および滑液の二型コラーゲン・バイオマーカー濃度との関係」
Nicholson AM, Trumble TN, Merritt KA, Brown MP. Associations of horse age, joint type, and osteochondral injury with serum and synovial fluid concentrations of type II collagen biomarkers in Thoroughbreds. Am J Vet Res. 2010; 71(7): 741-749.

この研究論文では、血液検査および滑液検査(Arthrocentesis)による骨軟骨損傷(Osteochondral injury)の診断法を検討するため、19頭の健常な成馬、40頭の健常な若齢馬(Yearlings)、および、中間手根関節(Mid-carpal joint)または球節(Fetlock joint)の骨軟骨損傷を呈した41頭の患馬における、血清(Serum)および滑液(Synovial fluid)の中の二型コラーゲン・バイオマーカー(Type II collagen biomarkers)の濃度測定が行われました。この研究では、滑液検査および血液検査において、二型コラーゲンのペプチド断片であるCPII抗原決定基、二型コラーゲンのカルボキシル末端(C-terminal of type II collagen: CTX2)、一型および二型コラーゲンの分解片(Type I and II collagen degradation fragments)であるC1,2C、二型コラーゲンの分解片であるC2C、などのバイオマーカーの濃度測定が行われました。

結果としては、骨軟骨損傷を呈した馬では、健常成馬に比べて、滑液中のCPII、CTX2、C1,2C、C2Cの濃度が有意に高く、これらは、中間手根関節の骨軟骨損傷を呈した馬のほうが、球節の骨軟骨損傷を呈した馬に比べて、より高い濃度を示したことが報告されています。また、健常な若齢馬では、健常成馬に比べて、中間手根関節の滑液中のCTX2、C1,2C、C2Cの濃度が有意に高かったことが示されました。このため、滑液中の二型コラーゲン・バイオマーカーの濃度上昇は、骨軟骨損傷の有無以外にも、馬の年齢および発症箇所の関節の違いに影響されることが示唆されました。今後の研究では、年齢別および関節別の正常値を定めることで、滑液中のバイオマーカー濃度を用いての診断における、信頼性(Reliability)および実行可能性(Feasibility)を評価する必要があると考えられました。また、これらのバイオマーカーを指標にする場合には、必ず年齢が合致した対照馬(Age-matched control)からの検体を使わなければならない、という警鐘も鳴らされています。

この研究では、骨軟骨損傷を呈した馬では、健常成馬に比べて、血清中のC1,2Cの濃度が有意に高く、また、中間手根関節の骨軟骨損傷を呈した馬では、健常成馬に比べて、血清中のCTX2濃度が有意に低かったことが報告されています。また、健常な若齢馬では、健常成馬に比べて、血清中のCTX2およびC1,2Cの濃度が有意に高かったことが示されました。このため、今後の研究では、血清中のバイオマーカー濃度を用いての診断による、感度(Sensitivity)、特異度(Specificity)、陽性反応的中率(Predictive value of positive test)などを算出して、骨軟骨損傷の判別能(Discriminant ability)を評価する必要があると考えられました。しかし、発育過程の馬では、自然な二型コラーゲン生成活性によるバイオマーカー濃度の上昇が見られることから、骨軟骨損傷に起因するバイオマーカー濃度の上昇との鑑別は、難しい場合もありうると考えられました。

この研究では、血清中および滑液中の各バイオマーカーの濃度と、レントゲン検査(Radiography)での病態スコア、および、関節鏡手術(Arthroscopy)での病変スコアのあいだの相関(Correlation)が評価されましたが、十分な正の相関(=相関係数が0.6以上)を示したバイオマーカーはありませんでした。また、各バイオマーカーの血清濃度と滑液濃度を比較した場合にも、十分な相関(=相関係数が0.6以上)を示したバイオマーカーはありませんでした。このため、血清中および滑液中のバイオマーカー濃度が、原発疾患(Primary disorder)の重篤度(Severity)を定量的に評価(Quantitative evaluation)する指標になる可能性は低いと考察されています。今後の研究では、他のバイオマーカーの測定、もしくは複数のバイオマーカー濃度を加味しての診断などを、より詳細に検討する必要があると考えられました。

Copyright (C) nairegift.com/freephoto/, freedigitalphotos.net/, ashinari.com/ All Rights Reserved.
Copyright (C) Akikazu Ishihara All Rights Reserved.

関連記事:
馬の病気:手根骨破片骨折




関連記事

プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: アラフィフ
住所: 北関東
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

質問、御意見、記事の要望等は下記まで
E-mail: rowdyponies@gmail.com

最新記事

ブログメニュー

馬の話題

馬の病気の話題
・蹄葉炎, 切腱術
・ナビキュラー症候群
・蹄病一般, 装蹄
・腱靭帯疾患
・背部/腰部/仙腸部疾患
・プアパフォーマンス
・消化器疾患一般
・胃潰瘍
・虚血再灌流障害
・呼吸器の医療
・神経疾患, 神経学検査
・クッシング病
・繁殖疾患と繁殖学
・皮膚病の医療
・眼科疾患, 眼科治療
・歯科疾患, 歯科治療
・寄生虫病
・高齢馬の医療
・子馬の病気や管理法
・子馬/若齢馬の長期的影響
・突然死
・症例シリーズ

馬の医療の話題
・疝痛の検査
・経鼻チューブ
・腹水検査
・疝痛の予防
・疝痛の手術判断と予後予測
・開腹術の手技や合併症
・疝痛の外科的処置
・疝痛の獣医療での地域差
・跛行検査, 画像診断
・関節鏡
・去勢, 泌尿生殖器
・抗生物質
・COX-2限定阻害薬
・破骨細胞抑制剤
・ショックウェーブ
・パーグ治療
・馬のハンドリング, 投薬
・バイオマーカー
・麻酔
・整形外科
・キャスト, ピンキャスト
・再生医療
・先端医療
・良い死(Euthanasia)
・馬の獣医療一般

馬の一般的話題
・馬の飼養管理一般
・飼養管理での病気/怪我の予防
・馬学一般
・ウマ社会の話題
・獣医学一般, 日常
・馬の飼料
・跛行と運動
・調馬索
・サク癖
・馬の行動学や悪癖
・ハミや馬具
・輸送
・怪我や事故の予防,対処法
・ホースマンの怪我と事故
・競馬での事故死や骨折
・馬とヒト, 伝染病, 馬動物学

馬の診療シリーズ

サイト内タグ一覧

FC2カウンター

リンク

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

月別アーカイブ

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

カテゴリ

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
1位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR