FC2ブログ
RSS

馬の文献:篩骨血腫(Greet. 1992)

Blog_Litr0502_003_Greet1992_Pict1.jpg

「進行性篩骨血腫を発症した23頭における治療成績」
Greet TR. Outcome of treatment in 23 horses with progressive ethmoidal haematoma. Equine Vet J. 1992; 24(6): 468-471.

この研究論文では、篩骨血腫(Ethmoid hematoma)を呈した23頭の患馬における、症状、診断法、および、治療成績が報告されています。

この研究では、23頭の症例のすべてが鼻出血(Epistaxis)の病歴で来院し、全頭に対して内視鏡検査(Endoscopy)が行われた結果、96%(22/23頭)において、篩骨領域の血腫病変の発見による確定診断(Definitive diagnosis)が下されました(残りの一頭は手術に血腫が確認された)。このため、頭部レントゲン検査(Head radiography)は、主に病巣の浸潤度合いを判断するために実施され、五頭において血腫が鼻腔(Nasal passage)および鼻咽頭部(Nasophalanx)まで拡大していることが確認されました。

治療としては、23頭の患馬のうち22頭に対して、外科的療法が選択され、全身麻酔下(Under general anesthesia)での、前頭および上顎副鼻腔(Frontal and maxillary sinuses)の骨フラップ術(Bone flap)によるアプローチを介して、血腫の摘出、病巣清掃術(Debridement)、および、副鼻腔内のガーゼ充填が実施されました。術後には、一頭が脳炎(Encephalitis)を続発して安楽死(Euthanasia)となり、その他にも、顔面切開創の離開(Facial wound dehiscence)、腐骨形成(Sequestration)、縫合線骨膜炎(Suture periostitis)などの術後合併症(Post-operative complications)が認められました。

治療成績としては、経過追跡(Follow-up)ができた21頭のうち、三頭において血腫の再発(Recurrence)が認められ(このうち一頭は反対側の篩骨への血腫発現)、治療成功率(一回の手術で病巣完治が達成された馬の割合)は86%(18/21頭)であった事が報告されています。そして、一年以上にわたる長期的な経過追跡ができた13頭では、血腫再発が疑われた馬は一頭もなく、このうち九頭は二年以上にわたって血腫を再発することなく、良好な予後を示していました(範囲:24~36ヶ月)。

一般的に、馬の篩骨血腫では、外科的な切除によって多量の術中出血(Profuse intra-operative hemorrhage)を起こす場合が多いことが知られており(Cook and Littlewort. EVJ. 1974;6:101, Bonfig. Pferdeheilkunde. 1989;5:71)、九割近い症例に対して輸血(Blood transfusion)を要したという知見もありますが(Specht et al. JAVMA. 1990;197:613)、今回の研究では、迅速に手術を終わらせたり、慎重な血圧モニタリングを行うことで、輸血が必要であると判断された症例は、一頭もありませんでした。また、今回の研究では、凍結手術(Cryosurgery)による止血は行われておらず、一時的な頚動脈結紮(Temporary carotid artery ligation)が併用された一頭においても、出血度合いはあまり変化しなかった事が報告されています。

Copyright (C) nairegift.com/freephoto/, freedigitalphotos.net/, pakutaso.com/, picjumbo.com/, pexels.com/ja-jp/ All Rights Reserved.
Copyright (C) Akikazu Ishihara All Rights Reserved.

関連記事:
馬の病気:篩骨血腫




プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: 40代
住所: 神奈川県
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

ブログメニュー

推薦書籍

FC2カウンター

リンク

関連サイト

検索エンジン

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
191位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
24位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

関連サイト

QRコード

QR