fc2ブログ
RSS

馬の文献:喉頭片麻痺(Taylor et al. 2006)

「反回喉頭神経障害に対する単独治療としての声嚢声帯切除術:92頭の馬の長期結果」
Taylor SE, Barakzai SZ, Dixon P. Ventriculocordectomy as the sole treatment for recurrent laryngeal neuropathy: long-term results from ninety-two horses. Vet Surg. 2006; 35(7): 653-657.

この研究論文では、馬の反回喉頭神経障害(Recurrent laryngeal neuropathy)に有用な外科的療法を検討するため、1985~2005年にかけて、安静時の上部気道内視鏡検査(Upper airway endoscopy)によって反回喉頭神経障害の診断が下され、単独治療(Sole treatment)としての声嚢声帯切除術(Ventriculocordectomy)が応用された92頭の馬における、医療記録(Medical records)の回顧的解析(Retrospective analysis)が行われました。

結果としては、92頭の患馬のうち、声嚢声帯切除術の後、93%の症例が完全な使役に復帰(Returned to full work)しており、86%の馬主が手術する価値があったと見なしていた(Considered the surgery worthwhile)ことが報告されています。また、競走馬症例を取ってみると、術前と術後で競走能力指数(Racing performance index)が有意に改善していたことが示されました。この研究では、術前の内視鏡検査(Pre-operative endoscopy)における病態グレードの中央値は、軽度の非対称性(Mild asymmetry:Havemeyer grade III.1)であった事から、重篤度の軽い馬の反回喉頭神経障害に対しては、声嚢声帯切除術の単独治療によって、良好な競走能力の回復(Restoration of racing performance)が期待でき、治療の選択肢として検討されるべきである、という考察がなされています。

一般的に、馬の反回喉頭神経障害に対する声嚢声帯切除術では、喉頭形成術(Laryngoplasty)に比べて、上部気道機能(Upper airway function)の回復効果は及ばないものの、呼吸器雑音(Respiratory noise)の改善が主目的である場合(=最大強度以下の運動をする馬)には、声嚢声帯切除術によって充分な治療効果が期待できる事が示唆されています(Brown et al. EVJ. 2003;35:570)。また、低グレードの反回喉頭神経障害において、声帯が腹側声門裂(Ventral rima glottidis)の気流障害(Airflow obstruction)の原因になっている場合には、声嚢声帯切除術によって良好な上部気道機能の回復が誘導できると考えられています。一方、反回喉頭神経障害の症例では、その15%において病態の進行(Progression)が認められる事から(Dixon et al. EVJ. 2002;34:29)、初診時のグレードが低いという事だけで、喉頭形成術を避ける治療方針に関しては賛否両論(Controversy)があります。

この研究では、術後に咳嗽(Coughing)を示した症例は二割程度で、喉頭形成術の後に四割以上の馬が咳嗽を示したという知見に比べて(Dixon et al. EVJ. 2003;35:389)、その発現率が顕著に低い傾向にありました。これは、声嚢声帯切除術では、術後にも披裂軟骨の内転(Adduction of arytenoid cartilage)が妨げられない事に起因すると考えられており、これによって、誤嚥性肺炎(Aspiration pneumonia)や嚥下障害(Dysphagia)などの、重篤な術後合併症(Severe post-operative complications)の危険性が少なくなると考察されています。また、声嚢声帯切除術では、喉頭形成術のように高価なインプラントを用いないため、手術費が比較的に安価に抑えられる、という利点も指摘されています。

Copyright (C) nairegift.com/freephoto/, freedigitalphotos.net/, pakutaso.com/, picjumbo.com/, pexels.com/ja-jp/ All Rights Reserved.
Copyright (C) Akikazu Ishihara All Rights Reserved.

関連記事:
馬の病気:喉頭片麻痺




関連記事

プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: アラフィフ
住所: 北関東
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

質問、御意見、記事の要望等は下記まで
E-mail: rowdyponies@gmail.com

最新記事

ブログメニュー

馬の話題

馬の病気の話題
・蹄葉炎, 切腱術
・ナビキュラー症候群
・蹄病一般, 装蹄
・腱靭帯疾患
・背部/腰部/仙腸部疾患
・プアパフォーマンス
・消化器疾患一般
・胃潰瘍
・虚血再灌流障害
・呼吸器の医療
・神経疾患, 神経学検査
・クッシング病
・繁殖疾患と繁殖学
・皮膚病の医療
・眼科疾患, 眼科治療
・歯科疾患, 歯科治療
・寄生虫病
・高齢馬の医療
・子馬の病気や管理法
・子馬/若齢馬の長期的影響
・突然死
・症例シリーズ

馬の医療の話題
・疝痛の検査
・経鼻チューブ
・腹水検査
・疝痛の予防
・疝痛の手術判断と予後予測
・開腹術の手技や合併症
・疝痛の外科的処置
・疝痛の獣医療での地域差
・跛行検査, 画像診断
・関節鏡
・去勢, 泌尿生殖器
・抗生物質
・COX-2限定阻害薬
・破骨細胞抑制剤
・ショックウェーブ
・パーグ治療
・馬のハンドリング, 投薬
・バイオマーカー
・麻酔
・整形外科
・キャスト, ピンキャスト
・再生医療
・先端医療
・良い死(Euthanasia)
・馬の獣医療一般

馬の一般的話題
・馬の飼養管理一般
・飼養管理での病気/怪我の予防
・馬学一般
・ウマ社会の話題
・獣医学一般, 日常
・馬の飼料
・跛行と運動
・調馬索
・サク癖
・馬の行動学や悪癖
・ハミや馬具
・輸送
・怪我や事故の予防,対処法
・ホースマンの怪我と事故
・競馬での事故死や骨折
・馬とヒト, 伝染病, 馬動物学

馬の診療シリーズ

サイト内タグ一覧

FC2カウンター

リンク

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

月別アーカイブ

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

カテゴリ

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
1位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR