FC2ブログ
RSS

馬の文献:喉頭片麻痺(Raffetto et al. 2015)

「78頭のサラブレッド競走馬における反回神経病の治療のためのポリウレタン人工喉頭形成術とレーザー声嚢声帯切除術の術後における競走能力」
Raffetto JA, Wearn JG, Fischer AT Jr. Racing performance following prosthetic laryngoplasty using a polyurethane prosthesis combined with a laser-assisted ventriculocordectomy for treatment of recurrent laryngeal neuropathy in 78 Thoroughbred racehorses. Equine Vet J. 2015; 47(1): 60-64.

この研究論文では、馬の喉頭片麻痺(Laryngeal hemiplegia)に対する有用な外科的療法を検討するため、2000~2011年にかけて、反回神経病(Recurrent laryngeal neuropathy)の診断が下され、ポリウレタン人工喉頭形成術(Prosthetic laryngoplasty using a polyurethane prosthesis)とレーザー声嚢声帯切除術(Laser-assisted ventriculocordectomy)が実施された78頭のサラブレッド競走馬における、術後の医療記録(Medical records)および競走成績(Racing performance)の回顧的解析(Retrospective analysis)が行われました。

結果としては、術後に少なくとも一回はレース出走できた馬の割合は、術前に既に出走していた馬では82%(46/56頭)、術前に未出走の馬では75%(15/20頭)であったことが示されました。また、競走能力の指標である、ベイヤー・スピード・ フィギュアズ(Beyer Speed Figures: BSF)および競走能力指数(Performance index: PI)を見ると、術後の3レースにおけるこれらの数値が、術前の3レースにおける数値まで回復していた馬の割合は、BSF値およびPI値でそれぞれ73%と78%であったことが報告されています。このため、馬の喉頭片麻痺に対する外科的治療では、ポリウレタン人工喉頭形成術およびレーザー声嚢声帯切除術によって、良好な上部気道の機能回復(Adequate restoration of upper airway function)が期待され、治療前と同程度の競走能力まで回復できることが示唆されました。

この研究で評価された治療法(ポリウレタン人工喉頭形成術とレーザー声嚢声帯切除術の併用)では、75%および82%の競走復帰率が達成されており、他の文献と比較しても、同レベルの治療効果が期待できるという結論付けがなされています。一般的に、馬の喉頭片麻痺に対する外科的療法では、レース復帰を果たす馬の割合は、報告によって様々であるものの、おおむね70~94%に上ることが示されています(Strand et al. JAVMA. 2000;217:1689, Davenport et al. Vet Surg. 2001;30:417, Witte et al. EVJ. 2009;41:70)。

この研究では、二歳以下の症例と、三歳以上の症例で、術後の治療成績には有意差は認められませんでした。他の文献では、二歳以下の若齢馬のほうが、術後に優れた予後を示したという報告がある反面(Kidd et al. Vet Rec. 2002;150:481, Carpenter et al. J Eq Vet Sci. 2009;29:584)、患馬の年齢は予後とは相関しないという知見も示されています(Hawkins et al. Vet Surg. 1997;26:484)。

この研究では、競走能力の指標として、BSF値が応用されており、これは能力の客観的測定値(Objective measure)として信頼できると考察されています。BSF値は、競走クラスおよびその馬場の固有速度(Inherent speed of the track)に指標付けされた競走タイムに基づいて算出されることから、着順に関係なく、毎レースの成績を反映する指標として、極めて有用であると考えられています。

Copyright (C) nairegift.com/freephoto/, freedigitalphotos.net/, pakutaso.com/, picjumbo.com/, pexels.com/ja-jp/ All Rights Reserved.
Copyright (C) Akikazu Ishihara All Rights Reserved.

関連記事:
馬の病気:喉頭片麻痺




プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: 40代
住所: 神奈川県
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

ブログメニュー

推薦書籍

FC2カウンター

リンク

関連サイト

検索エンジン

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
198位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
25位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

関連サイト

QRコード

QR