FC2ブログ
RSS

馬の文献:喉嚢真菌症(Freeman et al. 1980b)

「バルーンカテーテルによる内頚動脈遮閉法:喉嚢真菌症による鼻出血の予防手技の臨床応用」
Freeman DE, Donawick WJ. Occlusion of internal carotid artery in the horse by means of a balloon-tipped catheter: clinical use of a method to prevent epistaxis caused by guttural pouch mycosis. J Am Vet Med Assoc. 1980; 176(3): 236-240.

この研究論文では、喉嚢真菌症(Guttural pouch mycosis)に起因する鼻出血(Epistaxis)の有用な予防法を検討するため、内視鏡検査(Endoscopy)によって喉嚢真菌症の診断が下され、バルーンカテーテル(Balloon-tipped catheter)による内頚動脈遮閉法(Occlusion of internal carotid artery)が応用された、二頭の馬の症例が報告されています。

この研究における二頭の患馬は、いずれも二歳齢のサラブレッドで、まず内頚動脈(Internal carotid artery)の起始部(Origin)を結紮(Ligation)した後、バルーンカテーテルを罹患箇所よりも上流まで推し進めてから膨らませることで、内頚動脈の遠位部(Distal region)への遮閉(Occlusion)が施されました。カテーテルは、術後の14日目および50日目に取り除かれましたが、処置箇所の動脈は血栓形成(Thrombus formation)によって血流遮断されて、二頭とも出血症状の再発(Recurrence)を呈することなく、調教および競走に復帰(Returned to training and racing)できた事が報告されています。このため、喉嚢真菌症の罹患馬に対しては、バルーンカテーテルを用いた内頚動脈遮閉法によって、致死的出血(Fatal hemorrhage)の充分な予防効果が期待され、良好な予後を呈する馬の割合が高いことが示唆されました。

この研究では、バルーンカテーテルを膨らませた際に、二つの処置箇所のあいだで圧力勾配(Pressure gradient)が生じたことが報告されており、バルーンが十分に膨満されなければ、血圧で押し戻されてしまう可能性がある、という警鐘が鳴らされています。また、真菌感染(Fungal infection)によって虚弱化した動脈壁(Weakened arterial wall)は、この上昇した内圧によって侵食(Erode)されて、カテーテルの逸脱(Catheter prolapse)に至る可能性もあると考察されています。しかし、動脈の結紮および遮閉が堅固であれば、この逸脱箇所からの致死的出血は生じないと推測されています。

この研究では、バルーンを膨らませる箇所としては、内頚動脈のS字状走行部における第一湾曲と第二湾曲のあいだ(Between the first and second flexures of the sigmoid)が選択されており、この理由としては、(1)この箇所は、一般的に見られる真菌病巣の発生部(Typical location of fungal lesion)から、かなり離れているため、(2)この箇所でバルーンを膨らませる事で、バルーン先端よりも上流に、充分な長さの円柱状血管腔(Long column of blood beyond the catheter tip)が存在することになり、液体動的に血栓が起こりやすい(Hydrodynamically favorable for thrombosis)と推測されるため、等が上げられています。

Copyright (C) nairegift.com/freephoto/, freedigitalphotos.net/, pakutaso.com/, picjumbo.com/, pexels.com/ja-jp/ All Rights Reserved.
Copyright (C) Akikazu Ishihara All Rights Reserved.

関連記事:
馬の病気:喉嚢真菌症







プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: 40代
住所: 神奈川県
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

ブログメニュー

推薦書籍

FC2カウンター

リンク

関連サイト

検索エンジン

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
139位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
17位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

関連サイト

QRコード

QR