FC2ブログ
RSS

新型コロナの感染者数は水増しされている?

20201008_Blog_Daily039_COVID_Kansensyasu_Pict1.gif

新型コロナウイルスの感染者数は本当に正確なのでしょうか?

いま世界中では、新型コロナの検査法としてPCRが実施されています。しかし、このPCR検査には大きな欠点があり、それはサイクル数によって、検査の信頼性が著しく低下してしまうことです。PCRとは、遺伝子と合成酵素を混ぜて、94℃→60℃→72℃と温度変化させることで遺伝子を二倍に増幅させる手法であり、新型コロナの遺伝子1本が、1サイクルで2本に、2サイクルで4本に、3サイクルでは8本というふうに増加していきます。これを続けると、10サイクルで約千本、20サイクルで約百万本、30サイクルで約十億本、40サイクルで約一兆本と対数的に増えてしまいます。つまり、実施するサイクル数が多すぎると、感染を起こさないような微量のウイルスでも陽性が出てしまうことになります。

徳島大学の大橋教授によると、新型コロナの場合、感染して発熱などの症状が出るには、少なくとも十万個程度のウイルスが必要であるため、20~25サイクルで検査するのが適切なのだそうです。しかし、日本の国立感染症研究所のマニュアルが示すPCRは45サイクルであり、国内メーカーのキットでも40~45サイクルとなっています。つまり、国内でPCR陽性とされている人の殆どは、ノドに十個程度のウイルスが付着していただけであり、新型コロナ感染とは呼べません。そして、もしPCRを20サイクルで検査すれば、陽性者は現在の100分の一になると言われています。

海外でも同様のことが指摘されています。マサチューセッツ州の検査施設の専門家によると、米国のPCR検査も40サイクル程度で実施されていますが、このような検査で陽性となった人の約九割は、30サイクルの検査では陰性になるのだそうです。このため、米国のCDCは、PCR検査のサイクル数について基準を作ることを検討中であると述べています。また、英国のオックスフォード大学の研究でも、PCR検査に関わる多数のデータを解析した結果、パンデミックの規模が過大に評価されている可能性が示唆されました。このため、同大学のカール・ヘネガン教授は、ごく少量のウイルスで陽性判定が出ないように、サイクル数の基準を設けるべきだと指摘しています。

20201008_Blog_Daily039_COVID_Kansensyasu_Pict3.jpg

実は私自身も、研究でPCRを行っていますが、40サイクル以上で認められた陽性反応は殆ど無意味である、というのは実験者の常識です。実際のところ、遺伝子やプライマーの種類に関わらず、40サイクルにもなれば、たとえ水道水を使っても陽性になることがあります。だからこそ、検査の陰性対照となる「テンプレート無しコントロール(NTC)」には超純水を使いますし、海外における新型コロナのPCRでも、パパイヤの果汁で陽性が出たという笑い話も耳にします。もちろん、この話の真偽は分かりませんが、サイクル数が多すぎると感染拡大を正しく評価できないという事実を鑑みれば、日本でも、早急にPCR検査におけるサイクル数の基準を設けて、新型コロナの感染者数を正確に把握できるよう努めていくのが重要だと考えます。

もうひとつの問題として、PCR検査はウイルスの死骸でも陽性になってしまうことが挙げられています。たとえば、ある方がウイルスに接触したものの、自然免疫力によって粘膜表面でウイルスを撃退して、発症に至らなかった場合には、本来それは感染とは呼べないのですが、新型コロナにおいては、そのようなウイルス撃退者(=PCR検査では陽性)も感染者と呼ばれてしまっています。理論的に考えれば、仮にPCRで陽性反応が出たケースでも、二週間経って症状が出なければ(潜伏期であった場合を考慮して)、それは感染者ではなくウイルス撃退者であると定義して、累積の感染者数に含めないようにすべきだと思います。そうしないと、感染者数が無意味に水増しされてしまい、ひいては、ウイルスの感染力の強さを正しく評価できない結果につながってしまいます。

さらに、新型コロナでは、「無症状感染」という言葉まで出ていますが、そもそも無症状感染者(いわゆる不顕性キャリア)というのは、臨床症状は無いが体内でウイルスが増殖して体外に排出されている状態を指します。ですので、新型コロナにおけるPCR陽性者のように、単にノドの粘膜にウイルスの死骸が付着していただけの人を無症状感染者と呼ぶのは、医学的にはナンセンスですし、不必要な恐怖を煽ることになりかねません。インフルエンザ等の他のウイルス疾患においても、発熱などの症状が出ていて、なおかつ検査で陽性のときのみ感染者(患者)として扱われていますので、新型コロナの感染者も同様の定義にすべきなのかもしれません。

20201008_Blog_Daily039_COVID_Kansensyasu_Pict2.jpg

以上をまとめると、日本でも諸外国でも、新型コロナの感染者数が大幅に水増しされている可能性は否定できないと思われます。また、自然免疫力でウイルスを退けた健常者でも、PCRでウイルスの死骸が検出されたというだけで、「無症状感染者」という名前の病人にされてしまっているのかもしれません。PCR検査の限界点を踏まえれば、早急にサイクル数の基準を世界的に定めて、新型コロナの感染拡大を正確に評価することで、社会的距離政策やワクチン接種の必要性を正しく判断するべき段階にきているのかもしれません。

新型コロナを正しく恐れるためには、感染状況を正しく把握することが必須ですので、そのためには、PCR検査の基準を改善して、正しい情報を得られるように取り組んでいくべきではないでしょうか。

Copyright (C) nairegift.com/freephoto/, freedigitalphotos.net/, pakutaso.com/, picjumbo.com/, pexels.com/ja-jp/ All Rights Reserved.
Copyright (C) Akikazu Ishihara All Rights Reserved.

関連サイト:
新型コロナ感染者数「大幅水増し」疑惑報道は本当か
新型コロナウイルス検査、「死んだウイルスを検知」か=英研究
Your Coronavirus Test Is Positive. Maybe It Shouldn’t Be.


プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: 40代
住所: 神奈川県
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

ブログメニュー

推薦書籍

FC2カウンター

リンク

関連サイト

検索エンジン

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
139位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
17位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

関連サイト

QRコード

QR