fc2ブログ
RSS

馬の浸潤性腸疾患での鑑別診断

20220802_Blog_Topic10_DDxIBD_Pict1.jpg

浸潤性腸疾患(Infiltrative bowel disease)の鑑別診断について。

浸潤性腸疾患は、腸管粘膜および粘膜下組織における細胞浸潤(Cell infiltration)を起こす疾患を指し、肉芽腫性腸炎(Granulomatous enteritis: GE)、リンパ性形質細胞性腸炎(Lymphocytic-plasmacytic enterocolitis: LPE)、全身多発性上皮系組織親和性好酸球症(Multisystemic eosinophilic epitheliotropic disease: MEED)、特発性限局性好酸球性腸炎(Idiopathic focal eosinophilic enteritis: IFEE)などの病態に分類されます。下表は、各病態における臨床症状&検査所見の頻度をあらわしています。

このうちIFEEは体重減少(Weight loss)の症状をあまり示さず、回帰性疝痛(Recurrent colic)を主な病歴とする点で他の浸潤性腸疾患とは一線を画し、血液検査における、低蛋白血症(Hypoproteinemia)、低アルブミン血症(Hypoalbuminemia)、GGTの濃度上昇、貧血(Anemia)などの所見も殆ど見られません。一般的な疝痛馬と同様に、大結腸便秘(Colon impaction)の外科的整復のため開腹手術が行われた際に、特徴的所見(Pathognomic finding)である壁在性周回帯(Circumferential mural band)を確認することで推定診断が下されることが一般的です。

20220802_Blog_Topic10_DDxIBD_Pict2.jpg

体重減少および食欲不振(Arorexia)を主症状とするGE、LPE、MEEDの三つの浸潤性腸疾患のうち、下痢(Diarrhea)や滲出性皮膚炎(Exudative dermatitis)の臨床症状が認められた場合にはMEEDが疑われ、血液検査によって顕著な貧血やGGT値上昇が見られた場合にはGEが疑われます。GEとLPEにおいては、ブドウ糖やキシロースの吸収試験(Glucose/Xylose absorption test)による血糖値上昇の遅延が確認され、また、GEとMEEDにおいては、直腸生検(Rectal biopsy)による診断も有効であることが示されています。

浸潤性腸疾患の治療においては、IFEEでは羅患部腸管の切除&吻合術(Resection and anastomosis of affected intestines)によって、比較的良好な予後が期待できることが報告されています。しかし、GE、LPE、MEEDでは病態が広範囲に及ぶことが一般的であるため、病変の外科的切除は困難であり、コルチコステロイド、抗生物質(Antibiotics)、駆虫剤(Anthelmintics)などの投与による内科的療法が試みられますが、予後不良を呈する症例が多いことが示唆されています。

Copyright (C) nairegift.com/freephoto/, freedigitalphotos.net/, pakutaso.com/, picjumbo.com/, pexels.com/ja-jp/ All Rights Reserved.
Copyright (C) Akikazu Ishihara All Rights Reserved.




関連記事

プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: 40代
住所: 茨城県
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

取り上げて欲しいトピックがあれば下記まで
E-mail: rowdyponies@gmail.com

ブログメニュー

推薦書籍

FC2カウンター

リンク

関連サイト

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
65位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
9位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

関連サイト

QRコード

QR