fc2ブログ
RSS

馬の開放骨折における抗生物質治療

20220802_Blog_Topic15_OpenFxAB_Pict1.jpg

開放骨折の治療法について

馬の遠位肢は周囲を囲む筋肉が限られている領域が多いため、重篤な骨折症例では皮膚穿孔(Skin penetration)から開放骨折(Open fracture)を起こし、骨折病巣の細菌感染(Bacterial infection)を引きこす事も多いため、内固定法(Internal fixation)などの外科的療法に併行して、感染部位へ高濃度の抗生物質を作用させる治療法が実施されています。



抗生物質を含有させたポリメタクリル酸メチル(Antimicrobial-impregnated polymethylmethacrylate)を感染部に充填する治療は、開放骨折の治療において最も頻繁に用いられる手法で、抗生物質含有PMMAの溶解(Elution)によって、経静脈投与(Intravenous administration)に比べて200倍以上の高濃度の抗生物質を感染組織に作用させる事が可能であることが知られています。抗生物質含有PMMAは、棒状またはビーズ状に固めて使用されますが(下記写真)、抗生物質の溶解度合いは充填物の表面積(Surface area)に比例するため、出来るだけサイズの小さいビーズを作ることが推奨されています。この際には、ビーズを縫合糸などに数珠状に連結させることで、小さなビーズが周囲組織へ迷入(Beads migration)することを予防し、ビーズ除去を容易にすることが出来ます。

20220802_Blog_Topic15_OpenFxAB_Pict2.jpg

含有させる抗生物質は、PMMAの重量の5%とすることが提唱されていますが(10gのPMMAに対して500mgの抗生物質)、術創感染の重篤度によってはそれよりも高濃度の抗生物質を含有させる場合もあります。手術時間の短縮のため、術前に作成したPMMAビーズをガス滅菌して使用することも可能です。使用薬剤としてはAmikacinとGentamicinが最も一般的で、Ceftiofur、Tetracycline、Chloramphenicolなどの抗生物質はPMMAからの溶出度合いが悪いことが報告されています。骨折部感染が治癒した後、充填したPMMAを除去するか否かについては論議があります。周囲軟組織の損傷の危険を考慮して、抗生物質含有PMMAの除去を推奨する文献もありますが、下記写真のように術後数年にわたってPMMAを残存させていても、顕著な副作用は認められなかったという報告もあります(写真左:手術直後のレントゲン像、写真右:術後二年目のレントゲン像)。

20220802_Blog_Topic15_OpenFxAB_Pict3.jpg



また開放骨折に対して、プレート固定法が試みられる症例においては、抗生物質含有PMMAを皮質骨面(Cortical surface)とプレートの隙間に充填させることによる、プレート接着法(Plate luting)が実施される場合もあり、PMMAから溶出した抗生物質によって骨螺子のゆるみ(Screw loosening)を防ぐだけでなく、プレートと骨面を堅固に接触させることで、外科整復の強度を高める効果も期待できます(下記写真は実験室内での体外試験例)。しかし、この場合には、PMMA重量の10%以上の抗生物質を含有させてしまうと、PMMA強度の低下を招くことが報告されています。

20220802_Blog_Topic15_OpenFxAB_Pict4.jpg



開放骨折の感染部位に対する他の治療法としては、抗生物質の骨髄内局所灌流法(Intraosseous regional perfusion)が挙げられます。この手法は、治療部位より近位側に止血帯(Tourniquet)を巻いて、末梢血液循環の孤立化(Isolated peripheral blood circulation)を行った後、内部に管の通った骨螺子(Cannulated bone screw)を皮質骨面から骨髄腔へと挿入して(下記写真)、生理食塩水で希釈した抗生物質の注入を行います(最下記写真)。使用される抗生物質の濃度に関しては論議がありますが、一回当たりの全身投与量(Systemic single dosage)を計算し、同量の抗生物質を30~60mLの生理食塩水に混ぜて使用する方針が一般的です。止血帯は抗生物質の注入後、最低30分は維持することが推奨されているため、局所灌流の実施は全身麻酔下(子馬の症例)または充分な鎮静剤(Sedative)と局所神経麻酔(Local nerve block)を用いての起立位(成馬の症例)で行われる事が一般的です。

20220802_Blog_Topic15_OpenFxAB_Pict5.jpg

20220802_Blog_Topic15_OpenFxAB_Pict6.jpg

Photo courtesy of Goodrish LR. Osteomyelitis in horses. Vet Clin Equine 2006; 22: 389-417.

関連記事:
・英国の馬における抗生物質投与の推移
・麻酔中の馬での抗生物質の動態
・馬に対するセフチオフルの使い方
・抗生物質による馬の下痢症
関連記事
このエントリーのタグ: 治療 跛行 薬物療法 事件/事故 骨折 手術

プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: アラフィフ
住所: 北関東
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

質問、御意見、記事の要望等は下記まで
E-mail: rowdyponies@gmail.com

最新記事

ブログメニュー

馬の話題カテゴリー

馬の病気の話題
・蹄葉炎, 切腱術
・ナビキュラー症候群
・蹄病一般, 装蹄
・腱靭帯疾患
・背部/腰部/仙腸部疾患
・プアパフォーマンス
・消化器疾患一般
・胃潰瘍
・虚血再灌流障害
・呼吸器の医療
・神経疾患, 神経学検査
・クッシング病
・繁殖疾患と繁殖学
・皮膚病の医療
・眼科疾患, 眼科治療
・歯科疾患, 歯科治療
・寄生虫病
・高齢馬の医療
・子馬の病気や管理法
・子馬/若齢馬の長期的影響
・突然死
・症例シリーズ

馬の医療の話題
・疝痛の検査
・経鼻チューブ
・腹水検査
・疝痛の予防
・疝痛の手術判断と予後予測
・開腹術の手技や合併症
・疝痛の外科的処置
・疝痛の獣医療での地域差
・跛行検査, 画像診断
・関節鏡
・去勢, 泌尿生殖器
・抗生物質
・局所肢灌流
・COX-2限定阻害薬
・破骨細胞抑制剤
・ショックウェーブ
・パーグ治療
・馬のハンドリング, 投薬
・バイオマーカー
・麻酔
・整形外科
・キャスト, ピンキャスト
・再生医療
・先端医療
・良い死(Euthanasia)
・馬の獣医療一般

馬の一般的話題
・馬の飼養管理一般
・飼養管理での病気/怪我の予防
・馬学一般
・ウマ社会の話題
・獣医学一般, 日常
・馬の飼料
・跛行と運動
・調馬索
・サク癖
・馬の行動学や悪癖
・ハミや馬具
・輸送
・怪我や事故の予防,対処法
・ホースマンの怪我と事故
・競馬での事故死や骨折
・馬とヒト, 伝染病, 馬動物学

馬の診療シリーズ

サイト内タグ一覧

FC2カウンター

リンク

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

推薦図書

月別アーカイブ

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

カテゴリ

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
2位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR